学生でもカードローンでお金を借りることは出来る?成人していれば契約は可能

飲み会

大学生でも、親元を離れて一人暮らしをしていると何かとお金が必要になる場面が増えます。

親の仕送りやアルバイト代では足りずに、カードローンに頼りたく事もあるでしょう。

今回はその「学生がカードローンの契約をすることが出来るのか?」と言う話をしておきたいと思います。

もちろん出来ればカードローンに安易に手を出さない方が良い気に待っていますが、いざという時に使えるのかどうか、知っておいて損はないでしょう。

スポンサードリンク

学生でもカードローンは利用可能

結果から書いてしまうと学生でもカードローンを利用できます。

もちろん学生だからといって無条件に借りることができる訳ではなく、ある一定の審査を通ることが必要なのは通常のカードローンと変わりはありません。

むしろ学生であることはそれほど有利になるという事は少なく、審査項目は増える事になります。

ですが学生であっても一定の条件をクリアすることができれば、消費者金融はもちろんの事、金利の低い銀行でもお金を借りることはできるので、学生だからといって借りれる金融機関が極端に狭められるという事はありません。

学生がカードローンを利用するための条件

学生がカードローンを利用するためにはいくつかの条件をクリアする必要があるのでその条件を紹介します。

20歳以上で成人している事

大学生と言っても高校を卒業した18歳や19歳の方も大学生になりますが、基本的に銀行や消費者金融では20歳以下の未成年には融資をしていない事がほとんどです。

日本では民法に基づき未成年が単独で契約をするという行為が認められていないので、もし、親の同意なしに契約をした場合は、親が契約を取り消すことが出来ます。

そのような事態になると金融会社としては多くの手間がかかってしまうためほとんどの場合、未成年への融資はしない方針になっています。(一部金融会社は親の同意があれば融資可能)

ですが絶対に未成年がお金を借りることができないかというとそうではなく、一定の条件をクリアすることで未成年でもお金を借りることは可能です。

未成年でも結婚していれば「みなし成人」とされ成人として扱われることになりますが、多くの金融会社はそれだけではお金を貸してくれない所がほとんどなので、結婚した上で安定した収入がある場合はお金を借りることが出来るようになります。

安定した収入がある事

通常のカードローンと同様に、お金を借りる条件にあるのが「安定した収入がある」事で、それは学生でも変わりません。

学生といっても成人している場合は通常のカードローンと同様の審査を受けることになるので、ある程度の収入がないとお金を借りることは難しくなります。

一定の収入というのは約5万円~8万円程の月収があると良いとされているので、ある程度アルバイトをしているならば、そこまで厳しい数字ではないと思います。

また仕送りを貰っているという方も多いと思いますが、仕送りはほとんどの場合安定した収入の内に入らないので注意しましょう。

アルバイトをしていない場合でも融資をしてくれる金融会社もありますが、その場合は親の同意書が必須になるので余計な手間などがかかってしまうことになります。

スポンサードリンク

学生がお金を借りる際に注意すること

学生であってもカードローン会社から求められることはあまり変わらないですが、学生の場合はアルバイトの場合が多く、比較的簡単に職場を変えたり、支払いにルーズになってしまう事もあると思います。

ですがカードローンには学生だからという理由は通用せず、しっかりお金の管理をしていないと信用情報に傷がつくことになります。

アルバイト先を短期間で変えない

学生の時は多くのアルバイトを経験する事もありますが、人生経験としては良いことだと思いますが、カードローン会社にとってはあまり心象はよくありません。

カードローン会社はなにより安定した収入から安定した返済を求めているので、アルバイトといっても勤め先を頻繁に変えられると安定した収入がこの先もあるのか信用が出来なくなってしまいます。

そうなると審査落ちる可能性が高くなってしまうので、アルバイトであってもできるだけ働く場所を変えるのは最低限に控え、カードローンを申請するなら3ヶ月~6ヶ月程度は同じ場所で働いてからにするといいでしょう。

クレジットカードの支払いや携帯電話代を延滞しない

学生時であれば、「携帯電話の料金払い忘れて止められた」などという話を聞くのも珍しくはありませんし、カードローンなどを利用しない場合なら支払って後に笑い話にすることが出来ます。

ですが近いうちにカードローンなどでお金を借りるかもしれないという時にそれをしてしまうと審査に通りにくくなります。

クレジットカードも携帯電話の料金の支払いも信用情報という個人の信用を表す為の情報に記載されていて、金融会社はそれを見ることでも審査を行っています。

携帯電話の料金の中には端末代金の分割払い分が含まれている事が多いですが、携帯端末の支払い状況などは信用情報にも記載されます。

なので携帯電話料金の延滞であっても信用情報に傷がつき審査に落ちてしまう事になるので、クレジットカードや携帯電話料金は常に延滞などしないように毎月返済していくようにしましょう。

他のカードローンを借りない

学生は他の正社員やフリーターの人たちよりも学業がある分お金を稼ぐ機会が少なく、安定した返済を期待しにくいので信用は低くなってしまいます。

実際にほとんどの学生の場合は収入は低い傾向になるので、他のカードローンでお金を借りていると複数の会社に返済できる返済能力があるとは判断されにくいので、審査にはほぼ通る事はないでしょう。

また、これは通常のカードローンと同様ですが、同時に幾つものカードローンに申請するとその情報も信用情報に記載されているので、1回申込んだ場合は最低でも1ヶ月以上はあけてから申し込みを行うようにしましょう。

利用上限は低くなる

先程も紹介したように、学生の場合は信用が低くなってしまうので、お金を借りることができる上限金額は低めに設定されることがほとんどす。

消費者金融でお金を借りる場合は総量規制が関わってくるので、年収の1/3までしか借りることが出来ないですし、実際はそれよりも低くなるのが一般的です。

なので、毎月5万円のアルバイト代を稼いでいる場合は

50000(円) × 12ヶ月 ÷ 3 = 200000円

となりますが、限度額いっぱいということはあまりないので、だいたい10万円~15万円程度の限度額になる事が多く、これは総量規制に関係ない銀行であっても似たような金額になるようです。

これ以上増えてしまうと、返済が難しくなっていきますし、旅行や飲み会などで必要な金額であれば10万円程あれば恐らく十分な金額だと思います。

学生は不可なカードローンもある

カードローンからお金を借りる場合には安定した収入があることが第一の条件ですが、カードローンの中にはアルバイトをしてい場合でも学生は不可という条件のものも少なからずあります。

特に銀行カードローンの場合はパート・アルバイトの方でも利用可能な場合でも注釈で「学生の場合は不可」と書いてあることも珍しくはありません。

これは学生の場合は学業とアルバイトを両立出来ない場合もあり安定した収入は得られない可能性があると判断されているようです。

もちろん全ての銀行カードローンで不可能という事ではないので、学生でも利用できる銀行カードローンを利用するか比較的学生でも審査に通りやすい消費者金融カードローンを選択するようにしましょう。

申し込みの際に必要なもの

申し込みの際に必要なものは通常のカードローンとそれほど変わらず、本人を確認できる書類が必要になります。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • マイナンバーカード
  • パスポート

などが、本人として確認できる書類となっていますが、学生証では本人確認書類としては使えないので、上記のどれかひとつでいいので用意しておきましょう。

あまり多くないケースですが、50万円以上のお金を借りることになる場合は「収入証明書」が必要になるので

  • 源泉徴収票
  • 給与明細

などの書類が必要になることがありますが、学生で50万円以上の金額を借りられるケースはそんなにないので、知識として覚えておく程度でも大丈夫です。

必要書類ではないですが、申込書の中には自分が勤めているアルバイト先の

  • 会社名
  • 住所
  • 電話番号

などを記入する必要があるので、間違えずに記入するようにしましょう。

これは、在籍確認という申込者が本当にそこで働いているか確認するために電話をすることで、審査の一環として行われます。

審査なので、在籍確認の電話を行った時にすでにバイト先を辞めていたり、記述間違いなどをしていると審査に落ちてしまうので十分注意しましょう。

スポンサードリンク

親にバレずに借りたい場合は

学生に限らずお金を借りるというのはできるだけ誰にも知られたくは無いと思いますし、学生の場合は特に親御さんに知られるのは避けたいという方も多いと思います。

基本的に学生であっても成人している場合は銀行、消費者金融共に親の同意なしでも契約することができます。

ただし三菱東京UFJ銀行のバンクイックの場合は親の同意が必要になるので、利用を考えている場合は覚えておきましょう。

親の同意は必要ありませんが、引っ越しなどで連絡が取れなくなった利する場合や、万が一滞納や延滞があった場合に備えて親の連絡先は伝えておく必要がありますが、問題なく返済していくことができれば連絡が行くことはありません。

また保証人も通常のカードローンと同様に不必要な事がほとんどなので、しっかり返済を行っていけばバレることはまずないと考えて問題ありません。

ただし契約書やローンカードを郵送で受け取る形などにしてしまうと、実家ぐらしの場合は家に届いてしまいバレてしまう事も考えられるので、その場合は店頭や無人契約機などで直接受け取るとその危険性もなくなります。

消費者金融か銀行どちらから借りるのがおすすめ?

消費者金融と銀行のカードローンでは銀行の方が金利が低く、あまり高額な借り入れができない学生にとっては上限金利に近い金利で払うことになるので、金利の安い銀行で借りたくなるでしょう。

銀行は消費者金融よりも審査が厳しく設定されているので、学生可能と言ってはいるものの審査に通るのはなかなか厳しいという側面もあるようです。

一方消費者金融は銀行よりは金利が高くなってしまいますが、審査の敷居は銀行よりも低く、審査を通過する可能性は銀行よりも高くなっています。

上記もしましたが、消費者金融には総量規制や50万円以上の借入れには収入証明書が必要などという規制もありますが、基本的には学生が借りることができる範囲内では関係ないことが多いです。

それよりもWEB完結や即日融資などの手軽さは銀行よりも消費者金融の方が勝っているので、すぐに手軽に借りたいという場合は消費者金融で借りるといいかもしれません。

手軽さや早さよりも審査が厳しくても金利が安いほうがいいという方は銀行を利用するといいでしょう。

消費者金融の会社であれば大手の

  • アコム 審査が最短30分で即日融資も可能
  • プロミス 30日間無料利息サービスあり
  • モビット WEB完結可能で来店不要

    アイフル 最短1時間融資も可能

などが有名なので安心して借りることが出来ますし、実績も高い会社となっています。

銀行系であれば楽天銀行の「楽天スーパーローン」は金利が低く、銀行系であっても消費者金融系のようなサービスも有り月々の返済額も少なくていいので使いやすいカードローンになっています。

借り癖をつけないようにしよう

カードローンは基本的には学生も利用できる仕組みになっているので、必要な場合はしっかりと活用していくべきだとは思いますが、便利過ぎる点がデメリットでもあります。

カードローンは1度審査を通過してしまえば、上限10万円ならば10万円まで自由に借りる事ができ、返済すればまた利用できる枠が復活し、枠内ならば簡単に引き出して利用できる仕組みになっています。

返済方式にもよりますが、多くのカードローンで採用されている残高スライドリボルビング方式などは毎月の支払い額が数千円程度だったりもするので、負担もかなり少なくお金を借りることが出来ます。

そのような便利な仕組みになっているので、また借りればいいやと第二の財布が出来たような間隔に陥りやすくなります。

残高スライドリボルビング方式は毎月の支払いは少なくて楽ですが、借りたお金の元金がなかなか減らないという特徴もあるので、ついつい借りすぎてしまうと大きな借金になってしまう事もあります。

学生なので、あまり大きな額は借りられないとは言え、カードローンは借金だという事を忘れずにほんとうに必要なときにだけ利用し、計画的な借入れと返済を行っていくようにしましょう。