但馬銀行「但馬銀行カードローン 口座開設型・口座開設不要型」特徴まとめ…自分に合った返済方法を選択できます

銀行

但馬銀行は兵庫県豊岡市に本店を置く地方銀行で、カードローンは「但馬銀行カードローン」を展開しています。

但馬銀行で扱っているカードローンは「但馬銀行カードローン」の1つのみですが、「口座開設型」と「口座開設不要型」の2パターンがあり、基本的には同じですが、返済面などでは違いがある珍しいカードローンとなっています。

口座開設型と口座開設不要型にはそれぞれ特徴があるので、その特徴を見極めて自分に合った方を選ぶ事ができます。

その特徴などについて紹介してくのでカードローン選びの参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

但馬銀行カードローンの商品概要

但馬銀行のカードローン「但馬銀行カードローン」の詳しい商品内容は以下のようになっています。

利用条件
  • 年齢が満20歳以上69歳以下の方
  • 本人(専業主婦の方は配偶者)に安定した収入のある方
  • 但馬銀行営業エリアに居住又は勤務されている方
  • 【口座開設型】
    但馬銀行の他のカードローンを利用していない方
使用用途自由(事業資金を除く)
契約期間1年(自動更新)
利用限度額10万円~1,000万円(10万円単位)
※パート・アルバイト・専業主婦の方は上限100万円まで
金利年1.9%~14.5%(変動金利型)
借入方法ATM借入れ
返済方法【口座開設型】口座引落し
【口座開設不要型】ATM振込
返済方式残高スライド元利定額リボルビング方式

借入残高返済額
10万円以下2,000円
10万円~30万円以下5,000円
30万円~50万円以下10,000円
50万円~100万円以下20,000円
100万円~200万円以下30,000円
200万円~900万円以下100万円増す毎に+10,000円
900万円以上110,000円
担保・保証人不要
保証会社【口座開設型】
株式会社オリエントコーポレーション
SMBCコンシューマファイナンス
【口座開設不要型】
SMBCコンシューマファイナンス

以上が但馬銀行カードローンの利用条件や金利、利用限度額などの詳しい商品内容の紹介でした。

但馬銀行カードローンの特徴

詳しい商品内容を紹介した後は但馬銀行カードローンの特徴などについて紹介していきます。

口座開設型と開設不要型の2種類がある

通常の1つの銀行カードローンでは口座が必要が不必要かのどちらかですが、但馬銀行カードローンでは口座を開設するかしないかを選ぶことができます。

口座を開設するかしないかでは若干の違いは出ますがカードローンとしての主な内容は一緒で、大きく違うのは返済方法です。

口座開設型は但馬銀行で口座を開設してその口座から毎月自動で返済額が引き落とされる「口座引落し」で、口座不要型は但馬銀行の口座を開設する必要はありませんが毎月の返済はATMからの振込で行うことになります。

商品内容は大きくは変わらないので自分の行いたい返済方法を採用している方を選んで選択すると良いでしょう。

利用限度額は1000万円まで

但馬銀行カードローンの利用限度額は10万円~1,000万円までで、金利は年1.9%~14.5%となっています。

但馬銀行カードローンから借りることが出来る利用限度額の上限は1000万円に設定されていて、この金額ははカードローンの中でもトップクラスの利用限度額となっていて、ネット銀行ではこれ以上の金額はありますが店舗型の銀行の中では最も高い金額です。

日本の最大手の銀行のメガバンク「東京三菱UFJ銀行」「みずほ銀行」「三井住友銀行」の3社でも最高でも800万円までとなっているので、1,000万円という金額の大きさが分かると思います。

金利については100万円以下の比較的少ない金額を借りる際に重要になる上限金利は年14.5%となっていて、他の銀行カードローンでも同じ金利になっていることが多いので平均的な数字となっています。

利用限度額の上限に近い金額を借りる際に重要になる下限金利は年1.9%に設定されていて、利用限度額の上限1,000万円と合わせて同額の銀行カードローンと比べると、1%後半から3%程度に設定されている事が多いですので、1000万円借りることが出来るカードローン中では低金利に設定されています。

店頭へ行く必要なく契約可能

但馬銀行カードローンはインターネットからの申し込みが可能となっていて、店頭へ行くこと無く契約を行うことが出来るようになっています。

ですが全ての手続をインターネットで行うことが出来るWEB完結には対応していないので、インターネットからの申込後に契約書類を郵送でやり取りする必要があり、WEB完結よりも時間がかかってしまいます。

地方銀行カードローンの中には店頭で契約を行わないといけないものもあるので、その場合は銀行窓口の営業している平日の15時までに店頭へ行く必要があり、忙しい人にとっては時間をとるのが難しいという方も少なくないと思います。

なのでWEB完結ではありませんが、店頭へ行く必要が無いので便利な申込方法となっています。

ですが店頭へ行かずに契約できるのは但馬銀行の普通預金口座を申込時に持っている方で、口座を持っていない場合は契約時に一緒に口座開設も行わないといけないので、店頭へ行く必要があるので注意しましょう。

即日融資には非対応

申し込んだその日の内にお金を借りることができる即日融資を行うには、申し込んだ日の内に審査結果を知ることが出来、さらにその後にインターネットなどで必要書類をアップロードができるという条件が揃って即日融資を行うことが出来ます。

但馬銀行では審査を通過した後に送る必要のある必要書類はインターネット経由ではなく郵送で送る必要があるので、この時点で申し込んだ日にお金を借りる「即日融資」は不可能となっています。

なのでどうしても即日融資を受けたいという方にとっては向いていないカードローンかもしれません。

振込融資には対応

即日融資には対応していな事は紹介しましたが、但馬銀行では振込融資には対応しています。

振込融資というのは、ローンカードが手元に届いていない状態であっても振込融資に対応しているカードローンであれば、契約時に銀行にお願いすることで直接口座に金額を振り込んでくれるので、ローンカードが手元に届く前にお金を借りることが出来るサービスの事です。

なのでローンカードが届いてからでないとお金を借りる事ができないカードローンの場合は契約から約1週間程度待つ必要がありますが、振込融資に対応している但馬銀行であれば契約してすぐに口座にお金を振り込んでもらえるので、即日融資ほどではありませんが素早く利用することが可能となっています。

また但馬銀行カードローンの振込融資は但馬銀行以外の口座であっても振込融資を行ってもらうことが出来るので、但馬銀行の口座を持っていない方であっても便利に利用することができます。

口座開設不要型の返済は35日返済

但馬銀行カードローン(口座開設不要型)の返済方法はATM振込ですが、多くのカードローンで採用されている決められた指定日までに返済する「指定日返済」ではなく、「35日返済」が採用されています。

35日返済とは、毎月の返済日を指定せず前回の返済の翌日から35日以内ならいつでも返済することが出来るという返済方法です。

指定日返済と比べてのメリットとしては、指定日返済だと指定日の15日前からしか毎月の返済ができないので、それ以前の返済は繰上げ返済として処理されてしまうので、返済日にも毎月の返済額を返済する必要があります。

ですが35日返済ではいつでも返済することが出来るので、極端に言えば返済した次の日にも返済することができ、返済を1ヶ月に1回以上行うことも可能なので、指定日返済よりも素早く返済を終わらすことができます。

返済を早く終わらせるとその分支払う利息も少なくて済むので、トータルの返済額を減らすことが可能です。

デメリットとしては前回の返済日の翌日から35日後が期限なので、返済期限がいつなのかわからなくなりやすいので、その点では指定日返済の方が決まった日になっているので分かりやすいです。

なので素早く返済を終わらせて支払う利息も抑えたいという方にはおすすめできる返済方法となっています。

返済額は2,000円から

但馬銀行カードローンの返済額は借りているお金の残高が10万円以下の場合は毎月2,000円からとなっているので、毎月の返済額が少なく家計の負担になりにくく気軽に利用することが出来るようになっています。

気軽に利用することは利点ではありますが、逆を言うと毎月の返済額が少ないという事は完済するまでの期間が長くなるという事で、期間が長くなるとその分利息を多く支払う必要があります。

なので出来るだけ支払う利息を抑えたいという場合は毎月の返済額に加えて繰上げ返済を行うことが重要になります。

繰上げ返済とは随時返済とも呼ばれ、毎月の返済額に加えてお金を振り込むことで、より早く借りている金額を減らすことができる返済方法です。

毎月の返済額はその中から利息分を引いた金額が返済金額となるので、毎月支払っている金額が全て借りている金額の返済に充てられているわけではありません。

ですが繰上げ返済を行うと繰上げ返済で支払った金額はそのまま全て借りているお金の返済に充てられるのでより素早く借りている金額を減らすことができます。

なので支払う利息を減らしたいという場合は毎月の返済だけでなく、無理のない程度に繰上げ返済を行うようにしましょう。

金利は変動金利型

カードローンの多くは固定金利型といって基本的には金利は一定となっている金利方式を採用していますが、金利が低めのカードローンで採用されていることが多い方式が変動金利型です。

この変動金利型は固定金利型のように金利が一定ではなく、年に2回程金利の見直しが行われるので金利が変わっていく金利方式となっています。

住宅ローンや自動車ローンでは契約時の金利が適応されて金利が変動しても金利は変わらないというプランもありますが、カードローンでは金利が変更されると契約後であっても、カードローンの金利に反映されることになります。

ですが一気に数%の金利が上昇するといった金利が極端に上がり下がりすることは基本的にないので、それほど気にする必要はないかもしれません。

パート・アルバイト・専業主婦の方も利用可能

カードローンを選ぶ際に消費者金融は審査に通りやすくて、銀行は審査に通りにくいというイメージがあると思いますが、銀行のカードローンであってもパート・アルバイト・年金生活者の方であっても利用できるカードローンが存在します。

但馬銀行カードローンでもパート・アルバイト・専業主婦の方も利用可能となっていますが、専業主婦の方が利用する場合には配偶者に安定した収入がある必要があります。

パート・アルバイト・専業主婦の方も利用することは出来ますが、利用できる金額の上限は100万円までになってしまいます。

ですが他の銀行カードローンでは上限は30万円や50万円になっている事が多いので、100万円までというのはかなりの高額な設定と言えます。

パート・アルバイトの方たちはそれほど収入が多いわけではないので、借りる事ができる金額は低くなりがちですが、その際に重要になってくるのは上限金利です。

その上限金利は消費者金融のカードローンと銀行カードローンの平均を比べると4%近く差があり、数百万円借りる際に重要になる下限金利よりも大きな差があります。

なので少額のお金を借りる時こそ銀行カードローンを利用するのがお得になるので、パート・アルバイトなどの方も消費者金融カードローンだけでなく銀行カードローンも選択肢に入れてみましょう。

口座開設型は保証会社が2社

カードローンは契約する前に審査を行いますが、この審査を行うのはほとんどの場合銀行自身が行うのではなく外部の保証会社に審査を委託して行ってもらいます。

通常のカードローンでは保証会社は1社の所が多く、口座開設不要型でも保証会社は1社ですが、口座開設型では保証会社が2社入っています。

保証会社が2社も入っていると両方から保証を受けられないと契約することが出来ないと思ってしまいがちですが、実はそうではなく2社の内どちらかの保証を受けることができれば契約を行うことが出来るようになっています。

どういう事かというと、保証会社は申込者を審査してこの人にお金を貸してもいいというお墨付きをつけるだけではなく、お墨付きをつけた人が返済できなくなって締まった際にその返済できなくなった金額を肩代わりして銀行に支払うという役割もあります。

なので銀行からしてみれば2社の内どちらかが申込者の責任をもってくれればいいということになるので保証会社1社のみから保証を受けるだけでいいという訳です。

なので保証会社が多いと審査が厳しくなるわけではなく、むしろ保証会社が多いほうがチャンスが多くなるので審査に通りやすくなります。

そのような事から保証会社が2社入っている但馬銀行カードローン(口座開設型)は2回のチャンスがあるので他の銀行カードローンよりもより審査に通るチャンスが多いことになります。

但馬銀行の営業区域内から申込可能

地方銀行は大手消費者金融や大手銀行などのように全国展開を行っていないので、地方銀行の本店や支店がある地域のみでしかカードローンに申し込めないというケースも珍しくありません。

但馬銀行カードローンも同様に但馬銀行の営業エリアに住んでいるか、勤務している人のみが利用することが出来るカードローンとなっていて、但馬銀行の営業エリアは以下のようになっています。

但馬銀行営業区域

兵庫県
大阪府
京都府

以上の地域のみから申し込みができ、それ以外の地域からは申し込みが行えないので利用できる方はかなり限定されることになるので、上記した地域以外に住んでいる方は利用したいカードローンであっても諦めるしかありません。

返済するとTポイントが貯まる

但馬銀行カードローンでは珍しくツタヤのTポイントカードと提携を行っていて、毎月の返済を行う度に返済額に応じてTポイントが貯まっていく仕組みになっています。

ポイントも返済額100円に付き1ポイントなので、毎月10,000円を返済している場合は1200ポイント貯まり、Tポイントカードは様々な場所で利用可能なので、そのポイントを利用して買い物などを行う事が出来るので、ポイント分だけお得に返済することができるお得なサービスとなっています。

ただしTポイントとして付与してもらえるのは毎月1回分の最も多い返済分のみなので、1ヶ月に何度も返済した場合でも一番金額が多かった返済分しかTポイントにならないので注意しましょう。

コンビニATMを利用するには手数料が必要

但馬銀行カードローンからお金を借りる方法はATMからの引き出しになるので、頻繁にATMを利用することになりますが、恐らく最も身近にあるATMはコンビニATMであるという人が多いと思います。

なのでコンビニATMでお金を引き出すのが最も手軽ではありますが、但馬銀行カードローンは借入れでコンビニATMを利用する際には利用する時間関係なく手数料が発生してしまいますが、コンビニATMから返済を行う際には手数料無料で行うことが出来ます。

これは但馬銀行ATMであっても同様で、返済を行う場合は手数料は必要ありませんがお金を借りる場合には手数料が発生してしまいます。

ほとんどのカードローンは自社ATMであれば借入れ返済共に手数料は必要ないことがほとんどですが、但馬銀行では借入れの際には手数料が必要となっています。

但馬銀行カードローンではATM振込の返済方法を選ぶことも出来るので、返済を行う際には便利でありがたいですが、借入れの際に必ず手数料が必要になってしまうというのは、最終的には大きな金額になってしまうので大きなデメリットになってしまいます。

但馬銀行で利用できるATMは以下のようになっています。

  • 但馬銀行
  • イオン銀行
  • ゆうちょ銀行
  • セブン銀行
  • イーネット
  • ローソンATM

申し込み可能な上限年齢が高い

カードローンには新規で申し込める年齢には上限があり、銀行カードローンでは60歳~65歳程度までとなっている場合が多いです。

但馬銀行カードローンではカードローンを申し込むことが出来る年齢が69歳までと高い年齢に設定されていて、平均から見ると5年~10年程度長くカードローンを利用することが出来ることになります。

年を重ねても冠婚葬祭などの急な出費がある事は変わらないので、長く使えるということはそれだけで大きなメリットになります。

スポンサードリンク

但馬銀行カードローン評価まとめ

以上が但馬銀行のカードローン「但馬銀行カードローン」の特徴や詳しい商品内容についての紹介でした。

但馬銀行カードローンの最大の特徴は1つのカードローンで口座が必要か不必要かを選ぶことが可能となっている点です。

金利や利用限度額などに違いはありませんが、返済方法や保証会社の数などには違いがあるので、自分が重要敷いている項目に当てはまる方を選ぶことが可能となっています。

毎月の支払いを自動で行いたい方や、保証会社が多く審査に通る確率を高くしたいという方は口座開設型を選びましょう。

毎月の返済は自分で振り込む必要がありますが、新しい口座を作るのには抵抗がある方や、返済期間を短くして早く返済を行いたいという方は口座不要型を選ぶようにすると良いでしょう。

このように1つのカードローンではありますが、自分に合った型を選ぶことが可能となっているので、特徴をしっかりと把握して選ぶようにしましょう。