2018年1月から銀行カードローン即日融資が不可能になった理由まとめ…今後の審査が厳しくなる可能性も?

ストップ

カードローンには大まかに分けると銀行が提供する銀行カードローンとアコムやアイフルといった消費者金融が提供する消費者金融カードローンがあります。

銀行カードローンは金利が安い事が多く、消費者金融の場合は利便性が高いという特徴を持っていますが、最近では銀行カードローンでも消費者金融のようなサービスを行う銀行カードローンもあり、銀行カードローンの利便性も高くなっています。

2018年1月からその利便性の高いカードローンに多く採用されている即日融資のサービスが銀行カードローンでは出来なくなります。

原因としては銀行カードローンを反社会勢力に貸さない為の変更のようなので、そのあたりも含めて紹介してきます。

スポンサードリンク

即日融資とは

そもそも即日融資とは何かというと、カードローンに申し込んだその日の内に審査から契約までを行ってお金を借りることが出来るサービスの事です。

この即日融資は本来は消費者金融が審査の早さを活かして導入したサービスでしたが、総量規制の導入から消費者金融が銀行カードローンの保証会社として銀行の代わりに審査を行うようになったので、銀行カードローンでも即日融資が可能になりました。

なので銀行カードローンの低金利と消費者金融の即日融資の便利さが合わさったことでいいとこ取りのような形になり、銀行カードローンを利用する人も増えていくようになります。

審査は消費者金融

紹介したように銀行が提供しているカードローンですが、審査を行っているのはアコムやSMBCコンシューマファイナンス(モビット)などの大手消費者金融という事が多いので、審査基準は消費者金融とさほど変わらないという事になります。

もちろん保証会社というのは、保証を出した利用者が銀行カードローンを支払不能になった場合、未払いの金額を全て銀行に支払わないといけないというリスクもあるので、消費者金融の審査よりも厳しくなっていますがそれほど大きな差はありません。

銀行カードローンと言うと審査が厳しいという印象を持っている方も多いと思いますが実際はそうでもなく、パート・アルバイトや専業主婦・年金受給者の方でも利用できるカードローンは数多く存在します。

消費者金融の審査は早さを重視していて、申込者の属性と言われる年齢や年収、職種などを点数に変えて、一定の点数以上なら審査に通るといったスコアリングシステムを導入しています。

そのお陰で素早い審査が可能になっていますが、逆に言うと銀行カードローンでもそこまで厳しく審査を行っていないという事にもなり、今回の即日融資停止にも関わってくる部分でもあります。

なぜ即日融資が不可能になったのか

上でも紹介したように銀行カードローンは保証会社に消費者金融が入ったことで、低金利と素早い審査の両方を実現させることで便利になり、テレビCMなども増やしかなり好調だったようです。

そこにきて便利に使えるサービスの目玉とも言える即日融資が不可能となるとかなりの痛手になりますが、なぜ即日融資不可能にしたかというと反社会勢力(暴力団)などに融資を行わない為です。

なぜ反社会勢力と即日融資が関係してくるかと言うと、消費者金融が入ったことで素早く出来るようになった審査に原因があり、先程も紹介したように消費者金融の行うスコアリングシステムでは、申込者の返済能力などは分かりやすくなりますが、申込者がどんな自分物なのかまでは分かりません。

カードローンは反社会勢力などには利用させないという立場ではありますが、スコアリングシステムだけではそれを判断することができない仕組みになっています。

なので反社会勢力の人であっても属性がしっかりていて信用情報にも問題ない場合であれば銀行カードローンを利用することができ、それを犯罪に使われている可能性も否定できません。

そのような事から即日融資を不可能にして反社会勢力にカードローンを利用させないという措置を取ったようです。

スポンサードリンク

即日融資ができなくなったらどうなる?

紹介したように反社会勢力にカードローンを使わせないようにするには、警察に登録されている反社会勢力のデータベースとくらべてそこに載っていないかを確認してから初めて審査に通ることが出来るので、今まで以上に審査に時間が掛かってしまう事になります。

最短では翌営業日も可能のようですが、同姓同名であったり怪しいところなどがあるとより詳しい情報を参照する必要があるので、2~3日場合によっては1週間程度かかる可能性もあるようです。

なのでいくら職業も年収もしっかりしている場合であっても、万が一反社会勢力に同姓同名の方がいた場合には審査に時間がかかってしまう事になるので、一概にいつまでに審査回できますなどとは言えなくなってしまいます。

銀行カードローンの金利が安くて魅力的なのは変わりませんが、利便性の高い即日融資が行えなくなることで便利さやお金を借りるまでの早さを重視する人は消費者金融を選ぶようになるはずなので、銀行カードローンは今までのような好調とはいかなくなるかもしれません。

銀行カードローンの審査が厳しくなる可能性も

今までは即日融資を行っていた銀行カードローンの保証会社はとにかく素早さを重視して審査を行っていましたが、警察のデータベースを参照しなければいけないので時間が必要になる分今まで以上に余裕を持って審査を行うことが出来るので、より細かいところまで審査を行うことが可能となります。

なのでより申込者の返済能力を見極めることが出来るので、今まででは見逃されていた部分も審査対象となり、利用限度額に影響を与える可能性もあります。

ですが逆に言えば借り過ぎを防ぐことができるのでメリットとして見ることも出来るかもしれません。

消費者金融は変わらず即日融資可能

紹介してきたような理由で銀行カードローンは即日融資を行えなくなりますが、カードローン全てで即日融資が出来なくなるのではなく、消費者金融のカードローンは今まで通り即日融資を行うことはできます。

なぜ銀行カードローンは警察のデータベースを参照するために即日融資が不可能になるのに、消費者金融はそのまま即日融資が可能なのかと思ってしまうと思います。

もちろん銀行カードローンと消費者金融のカードローンは同じようにカードローンを提供していますが、所属しているグループが違うので銀行がそうしたから消費者金融も同じようにしないといけないという訳でもありません。

さらに消費者金融の場合は銀行のように800万円や1,000万円といった大きな利用限度額は設定されていないので、最大で借りられる金額が小さいからという理由もあるかもしれません。

また銀行と消費者金融をどちらとも締め付けてしまうと、本当にお金が必要な人が借りることができなくなり、ヤミ金に手を出してしまう人があるという恐れもあるからだと思います。

反社会勢力に融資しないために厳しくしたら、反社会勢力の資金源になるヤミ金からお金を借りる人が増えたという自体になったら元も子もありませんからね。

スポンサードリンク

まとめ

このように銀行カードローンでは即日融資が不可能になり、好調の要因であった利便性の高さがなくなってしまうので、これからのカードローンは消費者金融は「手軽さ」銀行は「金利の低さ」という以前の形に戻っていく形になると思います。

ただ銀行は過剰融資の問題もあり、借りることが出来る金額が消費者金融の総量規制と同等の年収の1/3までにしている銀行もあり、徐々に銀行の優位性が少なくなっているので銀行カードローンとしては厳しくなっていく可能性もあります。