カードローンの下限・上限年齢は?若くても利用する方法や年金受給者向けのシニアプランなども存在します

老人と子供

カードローンは借金であることには代わりありませんが、自分の収支などを見極め賢く使うことでとても便利に暮らしをより良くしていく事ができます。

ところでカードローンはいつから利用することができて、いつまで利用できるものなんでしょうか。そもそも、利用年齢に上限などはあるんでしょうか?

下限については子供はカードローンが使えないというのは分かりますが、18歳からなのか、20歳からなのか、この辺りも疑問に思いますよね。

実はカードローンには利用できる上限年齢があるので、カードローンがいつからいつまで利用することが出来るのかを知っておきましょう。

スポンサードリンク

カードローンに申し込める年齢

カードローンを利用していくには下限上限どちらにも年齢の制限があり、最低限それをクリアした後に安定した収入があるか、信用情報に不備はないかなどの審査が行われることになるので、最初に審査される項目と言えるかもしれません。

なので何歳から何歳までカードローンを利用する事ができるのかを紹介していきます。

成人していると申込可能

カードローンを利用できるようになる条件は基本的に「20歳以上で成人している事」が大前提となります。

というのも民法で未成年が親の承諾なしに締結した契約は無条件に解約をすることが出来るので未成年と契約すると、そのような場合にリスクや手間、時間がかかってしまう為契約をしないようにしています。

学生である大学生でも成人している場合は親の許可なしにカードローンを利用することができますが、もちろんアルバイトでもいいので安定した収入があるなどの条件をクリアする必要があるのは通常のカードローンと変わりはありません。

未成年でもカードローンを利用できる条件や、大学生がカードローンを利用した際にどのくらいの年収が必要なのか、カードローンを利用した際の利用限度額はどのくらいになるかなどの情報はこちらの記事で紹介しているので、気になる方は参考にしてみて下さい。

カードローンを申し込める上限年齢

カードローンを利用し始める事ができる年齢が20歳からとはっきりしているのに対して、カードローンを申し込める上限年齢はある程度決まってはいますが、銀行や消費者金融などでも違い、銀行の中でも各社で差があります。

消費者金融系の大手の数社を例に上げると

  • アイフル 69歳以下
  • プロミス 69歳以下
  • モビット 69歳以下
  • アコム 69歳以下

このようになっていて、上記した会社以外の消費者金融でも多くの場合69歳以下が新規で申し込める上限年齢と定めています。

消費者金融系の会社ではこのようにほとんど一緒の年齢ですが、銀行は少し様子が違い、各社でバラバラの年齢設定がされています。

  • みずほ銀行 65歳以下
  • 三菱東京UFJ銀行 64歳以下
  • 三井住友銀行 69歳以下
  • りそな銀行 65歳以下
  • 楽天銀行 59歳以下
  • イオン銀行 64歳まで

※ホームページなどでは未満や以下の表現の違いがありますが、「以下」で統一させてもらいました。

このように、一様にバラバラで一定の決まりはなく各社の判断で利用上限年齢を決めていることが分かりますが、審査などに慎重な銀行らしく消費者金融系よりも上限年齢が低めに設定されている所がほとんどになっています。

この年齢設定は、定年に近づいたり、迎えたことで安定した収入を得にくくなり返済能力が乏しくなるという判断からこのような上限が設けられています。

指定した年齢まで新規で契約をする事が出来る

上記した年齢は新規でカードローンを組むことが出来る年齢なので、審査に通ることができればカードローンを組む事ができます。

ですが今までのカードローンと同様に安定した収入が必要になるので、定年退職したあとの場合はアルバイトや自営業などでの収入がある事が前提となります。

さらに消費者金融や一部の銀行では総量規制の年収の1/3までしか借り入れることが出来ないので、収入減や年齢が高いという点もあり利用限度額は低めに設定される事がある点は覚えておきましょう。

契約更新上限年齢を過ぎたら返済はどうなる?

先程も紹介したように上気した年齢は新規にカードローンを組むことが出来る年齢で、利用できる期限はまた別に存在します。

カードローンには定期的に更新があり、「銀行では1年毎」「消費者金融は5年毎」にカードローンの更新を行うパターンが多いです。

カードローンの更新は基本的に自動更新となっていて問題なかった場合は知らない間に更新されている事もあります。

ですが年会費や解約費用がかかるわけではないので、自動更新された場合でも、借入金を完済していれば好きな時に解約できるので問題はありません。

この契約更新にも更新できる年齢がきまっており、満70歳以降の契約更新を行わないというケースが多いようです。

契約が更新されない場合にまだ借入金が残っていた場合は、一括で返済しないといけないのかと言うとそのような事はなく、カードローンを契約していた時と同じように毎月返済していく事ができるので、契約を更新できない場合も焦る必要はありません。

スポンサードリンク

年金だけでも借入可能なカードローンはある?

2017年現在では年金は65歳以上から貰うことができるようになりますが、年金は毎月安定して振り込まれるのでこれを安定した収入とすればカードローンの借入れが出来るのか気になりますよね。

結論から言うと普通のカードローンでは年金収入は安定した収入とみなされない場合が多く、年金以外に収入が無い場合はカードローンを契約できないケースがほとんどです。

消費者金融ではほとんど行ってはいませんが、一部の銀行や地方銀行では年金収入を安定した収入として認め、他の収入がない場合でもカードローンを利用することができるプランが存在します。

みずほ銀行
金利限度額融資期間備考
年率2.0%~14%最大800万
三菱東京UFJ銀行 「バンクイック」
金利限度額融資期間備考
年1.8%~14.6%500万円
新生銀行 「レイク」
金利限度額融資期間備考
4.5%~18.0%500万円まで
福島銀行 「シニアサポート」
金利限度額融資期間備考
4.80%10万円~100万円以内6ヶ月以上10年未満満60歳以上75歳以下完済時80歳以下
福島銀行で年金を受取している
広島銀行 「ファミリーローン(シルバーライフプラン)」
金利限度額融資期間備考
変動金利型年率4.95%
固定金利型年率5.45%
30万円~100万円6ヶ月以上5年以内60歳以上70歳未満で年金収入のある方
広島銀行で年金を受注中の方
原則、団体信用生命保険に加入できる方

上記のような会社では年金を安定した収入と認めているので、どうしても上限額は通常よりは少なくなってしまいますが、審査を通れば利用することが可能になっています。

特に注目したいのは下2つの地方銀行による高齢者向けのプランです。

これはみずほ銀行や三菱東京UFJ銀行のように通常のカードローンではなく、高齢者をターゲットにしているプランで、規模ではメガバンクや都市銀行には対抗しにくい地方銀行が特色を出すためのプラントも言えます。

このプランを見てみると年率が5%前後と低く設定されていますし、更に特徴的なのが融資期間が限定されている点です。

さらに福島銀行のように80歳までには完済して下さいという決まりもあったりとシニア特有の条件などが付いています。

このプランでも担保は必要なしとなっていますが、条件で利用する銀行口座で年金を受け取っているというのが条件となっている事がほとんどです。

これは銀行からすると自社の銀行口座で年金を受け取ってもらうことで、返済が滞った際に口座を差し押さえることで毎月年金は入ってくるので、回収をすることができるとい利点もあります。

つまり担保は不要とは書いてありますが、実質的には年金を担保に融資を行っているというプランになっています。

このようなプランはおそらく様々な地方銀行で行われていると思うのでお近くの地方銀行を探してみるのもいいかもしれません。

まとめ

以上がカードローンの利用できる年齢についての紹介でした。

学生の場合はアルバイトをしてある程度の収入がある場合は、問題なくカードローンを利用することが出来ますが、高齢になってくると年齢制限などで様々な制約が出て来てしまいます。

ですが紹介したようなシニアプランなどを利用することで、年金だけでも融資を受けることができたりと、幅広くカードローンを利用できるようになっているので、自分にあったプランなどを探して利用していくようにしましょう。