毎月の返済額が変わることはあるの?…元利定額リボルビング方式を利用すれば変わりません

変化

ローンを組むと毎月返済を行っていくことになりますが、この返済額が変わっていく事はあるんでしょうか?

実はこれは選んだローンの返済方式によって変わることもあるというのが結論となります。

カードローンに限って言えば返済方法は残高スライドリボルビング方式と元利定額リボルビング方式が主に採用されていますが、どちらが返済額が変更されることがあるのかなどについて紹介していきます。

返済方式の詳しい情報はこちらの記事を参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

残高スライドリボルビング方式の場合

多くのカードローンで採用されている返済方式が「残高スライド元利定額リボルビング方式」で残高スライドリボルビング方式や残高スライド方式などと略される事もあります。

残高スライドリボルビング方式の特長としては借りているお金の残高(元金)に対して返済額がきまり、返済を進めて元金を減らしていくと毎月の返済額も少なくなるという特徴を持っています。

この返済方式の場合は紹介したように返済が進んで元金が減ると返済額が少ない方向に変わっていくこともありますが、新たにお金を追加で借りた場合には今までよりも返済額が多くなるといった変化も起こる返済方式となっています。

基本的に残高スライドリボルビング方式が採用されているカードローンの毎月の返済額は少なめに設定されている事が多いですが、だからといって多く借りるとそれ相応の返済額を毎月支払わなければいけなります。

なので残高スライドリボルビング方式を利用する際にはどれだけの返済額になるのかを把握してからお金をかりることで、自分の生活に無理のない範囲での金額で利用することができます。

元利定額リボルビング方式の場合

残高スライドリボルビング方式よりは少ないですが、元利定額リボルビング方式が採用されているカードローンも存在します。

元利定額リボルビング方式の特長は審査の際に決定される利用限度額の上限によって返済額が決定し、その後新たにお金を借りた場合でも毎月の返済額は変わらず一定という特徴を持っています。

なので残高スライドリボルビング方式のように元金の状態によって返済額が上下することなく一定なので返済が分かりやすかったり、返済もより素早く終わらせることが出来るといったメリットも持っています。

ただしその分毎月の返済額は高くなっていますが、残高スライドリボルビング方式とトータルで考えた場合は元利定額リボルビング方式の方が支払い総額は安く済みます。

スポンサードリンク

フリーローンの場合

カードローンと一緒に検討される事もあるフリーローンの返済についても紹介しておきます。

フリーローンはご存知のように、カードローンのように利用限度額内であれば何度でも借りる事が出来る訳ではなく、必要な金額を一括で借りたらその後は返済のみを行っていくローンとなっています。

なので1度借りた後は追加の借り入れはできず、毎月の返済額は一切変わらずに完済するまで同じ金額を支払っていく返済方式の元利均等返済を採用されているの事がほとんどです。

元利定額リボルビング方式と返済方式は似ていますが、新たに借入れが出来る「元利定額リボルビング方式」か1度きりの「元利均等返済」という違いがあります。

まとめ

以上が毎月の返済額は変わることがあるのかについての紹介でした。

毎月の返済額も低めで、利用限度額内であれば何度も借りる事が出来る残高スライドリボルビング方式が最も利便性の高い返済方法かもしれませんが、返済額が細めに上下したり、支払期間が長くなったりと注意しておく点も存在します。

利息の支払いを抑えたかったり、毎月の返済が変化しない分かりやすいカードローンを利用したいという場合は、元利定額リボルビング方式を採用しているカードローンや、もしくはフリーローンを利用すると良いでしょう。