東邦銀行「TOHOスマートネクスト」「メインサービスカードローン」「あんしんプラス」特徴まとめ

銀行

東邦銀行は福島県福島市に本店を置く地方銀行で、カードローンは「TOHOスマートネクスト」「メインサービスカードローン」「あんしんプラス」の3種類のカードローンを展開しています。

3つもカードローンがあるとどれを選んでいいかわからなくなりそうですが、3つそれぞれ特徴的なカードローンになっているので、これから紹介する特徴を見てもらえばそれほど悩む必要もなく自分に合ったカードローンを選ぶことが出来ると思います。

そんな東邦銀行のカードローンを1種類ずつ紹介していきます。

スポンサードリンク
合わせて読みたい
     
親和銀行「親和銀行カードローン」特徴まとめ…利用限度額が高く利便性も高い          
     
第三銀行「PRECIOS ONE(プレシャスワン)」の特徴や商品詳細などについて紹介…上限金利がお得なカードローン          
     
京都銀行「京銀カードローンW(ワイド)」特徴まとめ…パート・アルバイトの方も利用可能な低金利カードローン          
     
常陽銀行カードローン「キャッシュピット」の特徴まとめ…地域限定だが利用しやすいサービス          
     
中国銀行「コ・レ・カ」「i-コ・レ・カ」「カードローンミニ」「ATMカードローン」特徴まとめ          
     
静岡中央銀行「CSカードローン」特徴まとめ…利用限度額と利便性を兼ね備えた商品          
     
筑邦銀行「筑邦銀行カードローン」「住まいるカードローン」「ミニカードローン」特徴まとめ          
     
三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行・みずほ銀行メガバンク3社の比較まとめ…自分に合ったカードローンを利用しよう          
     
東京都民銀行「パーソナルカードローン」「WEBカードローン」特徴まとめ…金利が低くお得なサービス          
     
大分銀行「ハッピーカードローン」特徴まとめ…返済方法を選べます          

TOHOスマートネクストの商品概要

TOHOスマートネクストの詳しい商品内容について紹介していきます。

利用条件・契約時満20歳以上満65歳未満の方
・安定した収入がある方
・保証会社の保証を受けることが出来る方
・東邦銀行の営業区域に在住、又は勤務されている方
使用用途自由(事業資金を除く)
利用限度額30万円~500万円

30万円・50万円・100万円・150万円・200万円・250万円・300万円・350万円・400万円・450万円・500万円の12種類のいずれか
契約期間3年(自動更新)
返済方法・口座引落し
・ATM振込(繰上げ返済)
返済方式残高スライド元利定額リボルビング方式

借入残高返済額
10,000円未満残高+利息
10,000円~50万円以下10,000円
50万円~100万円以下20,000円
100万円~200万円以下30,000円
200万円~300万円以下40,000円
300万円~400万円以下50,000円
400万円~500万円以下60,000円
金利年4.8%~14.6%

利用限度額金利
100万円未満年14.6%
100万円~200万円以下年12.8%
200万円~300万円以下年9.8%
300万円~400万円以下年7.8%
400万円~500万円以下年4.8%
担保・保証人不要
保証会社エム・ユー信用保証株式会社

以上「TOHOスマートネクスト」の利用条件や金利、利用限度額などの詳しい商品内容の紹介でした。

TOHOスマートネクストの特徴とメリット

商品の詳しい内容について紹介した後は、TOHOスマートネクストの特徴とメリットについて紹介していきます。

金利・利用限度額は平均的

TOHOスマートネクストの利用限度額は500万円まで、金利は4.8%~14.6%に接射されています。

この数字は利用限度額、金利ともに他の銀行カードローンと比べて見ると平均的な数字になっているので、特筆するほどの低い金利や高い利用限度額というわけではありませんが、デメリットも存在しない為選びやすいカードローンになっていると言えます。

利用限度額も500万円程の大きな金額をかりるつもりはないという場合には十分過ぎる金額になっているので、800万円や1,000万円程の利用限度額がないと困るという人以外は気にする必要は無いでしょう。

WEB完結可能

東邦銀行の口座を持っているという前提になりますが、パソコンやスマートフォンから申し込むと店舗へ一切行く事無く契約することが可能なWEB完結を行うことができます。

WEB完結は店舗へ行く必要がないというメリットの他にも、時間を気にせずに申込から契約まで行うことができるという面も大きなメリットとなっています。

店舗の窓口で契約を行わないといけない場合は、平日の夕方前までに窓口に行かないといけないので、忙しい人にとってはなかなか時間をとることができないという人も多いと思います。

インターネットからの申込は24時間365日可能なので、忙しい人であっても自分に合った時間に申し込むことが出来るのでとても便利なサービスです。

口座を持っていない時の申込方法

カードローンの申込時に口座を持っていないとWEB完結は行うことはできませんが、申し込みは行うことができ、以下のような方法で申し込むことが出来るようになっています。

  • インターネット
  • 電話
  • FAX
  • 郵送
  • 窓口

以上のような方法が用意されていて、FAX、郵送、窓口で申し込みをする場合にはTOHOスマートネクストのホームページにある申込用紙(PDF)をダウンロードして必要事項を記入する必要があります。

申し込みを行った後に審査結果の連絡があるので、審査を通っていたら正式契約のために郵送又は店頭で申し込んで契約完了ということになるので、WEB完結より若干手間が必要になります。

WEB完結を利用したい場合はカードローンを申し込む前に東邦銀行で口座を作っておくのもいいかもしれません。

契約期間は長め

実はカードローンにも契約期間が存在し、決められた期間が経過する度に審査が行われていて問題なければ自動更新となるので利用者は知らない間に契約更新されている事がほとんどです。

ですが審査でもっと詳しく調べる必要があると判断された場合には改めて収入証明書などを提出する必要がある場合があります。

銀行の多くは契約期間が1年となっているので毎年審査が行われることになり、収入証明書などの提出を求められる可能性が高くなるので、収入証明書を用意する手間がかかってしまう場合もあります。

ですがTOHOスマートネクストの契約期間は3年と長めなので毎年収入証明書を求められるかもと思っておく必要がなく、あったとしても3年に1度程度なのである程度気軽に利用することが出来ます。

パート・アルバイトでも利用可能

銀行カードローンは消費者金融の審査に比べて厳しいというイメージが有ると思います。

実際消費者金融よりは審査に通りにくいという面はあるかもしれませんが、それほど大きな差はなく、パート・アルバイトの方でも利用できる銀行カードローンも多く存在します。

TOHOスマートネクストもその1つで、パート・アルバイトの方でもある程度の安定した収入があれば利用することが可能となっています。

消費者金融と比べると銀行カードローンは数十万円程度のお金を借りる際に重要になる上限金利が3%~4%程安くなっているので、少額の金額を借りたいという人ほど銀行カードローンを利用するべきです。

なのでパート・アルバイトだから消費者金融と考えず、銀行カードローンも選択肢に入れてみましょう。

毎月の返済額が高め

TOHOスマートネクストの毎月の最低返済額は10,000円となっていて、他の銀行カードローンでは最低返済額が2,000円などのカードローンもあるので、それと比べるとかなり高く設定されています。

これはTOHOスマートネクストは最低返済額の設定が借入残高が1万円~50万円とかなり幅を広く取ってあるので最低返済額が高く見えますが、他の銀行カードローンでも借入残高が50万円の場合は返済額は10,000円程度なので特別高いというわけではありません。

ですが他の銀行カードローンは1万円~10万円、10万円~30万円などと細かく区切ってあるので最低返済額が低く設定されています。

たしかに最低返済額は低いほうが毎月の家計への負担は減りますが、その分返済期間は長くなるので支払う利息はどんどんと増えていくことになります。

なので最低返済額が高いというのは毎月の負担は大きくなりますが、その分素早く返済することができるので利息の支払いを抑えることができ、トータルの支払額は少なくなるというメリットがあります。

なので借金は素早く返したいという方にとっては返済額は高いほうが合っているという事になります。

スポンサードリンク

TOHOスマートネクストのイマイチな点

TOHOスマートネクストの特徴などを紹介した後は、イマイチな点などについて紹介していきます。

東邦銀行の営業区域のみ申込可能

地方銀行の多くは銀行の本店がある県と、支店がある地域のみでカードローンを利用出来るよ言うになっていますが、TOHOスマートネクストも同じように東邦銀行の本店と支店がある地域のみでしか利用することは出来ません。

東邦銀行営業区域

・福島県
・東京都
・茨城県
・栃木県
・新潟県
・宮城県
・山形県

このような福島県近隣の地域で利用することが出来るようになっていて、これ以外の地域に済んでいる方はTOHOスマートネクストには申し込むことはできないので注意しましょう。

口座開設必須

TOHOスマートネクストを利用するには東邦銀行の口座の開設が必須となっています。

カードローンを申し込む際に持っていない場合でも申し込むことは出来ますが、その場合は正式契約の際に店頭で口座を作らないといけません。

既に他の銀行をメインバンクとして利用している場合は、もう1つ口座を作らないといけないので、通帳や印鑑、暗証番号など保管しておかないといけないものが増えることになるので手間が増えてしまうことになってしまいます。

口座不要の銀行カードローンも存在するので、それと比べると若干不便といえるかもしれません。

即日融資不可

TOHOスマートネクストはWEB完結に対応しているので早い時間に申し込むことで即日回答はもうらう事は出来ますが、即日融資には対応していません。

というのも即日回答をしてもそこからローンカードを郵送で受け取るまでの時間が1週間程度かかる事もあるので、ローンカードが手元にないとATMからお金を引き出すことが出来ません。

正式な契約を結んだ後にローンカードが届くまでの間に銀行にお願いすることで直接口座に振り込んでくれる振込融資というサービスを行っている銀行であれば、ローンカードが手元にない状態でも即日融資を可能としていますが、TOHOスマートネクストでは振込融資には対応していません。

なので少しでも早くお金を借りたいという方には向いていないカードローンかもしれません。

コンビニATMには手数料が必要

TOHOスマートネクストではATMを利用してお金を引き出したり、繰上げ返済を行うことが出来ますが、コンビニATMでは手数料が必要になります。

東邦銀行ATMや提携銀行のATMは手数料無料で利用することができますが、もっとも身近になるであろうコンビニATMを無料で利用することが出来ないのは不便と感じるかもしれません。

1回の手数料は100円から200円程度ですが、積み重なると大きな金額になっていくのでなるべく手数料のかからない東邦銀行ATMや提携銀行ATMを身近な所で見つけておいてそこをメインに使うようにしましょう。

手数料無料ATM
東邦銀行
北海道銀行
秋田銀行
群馬銀行
常陽銀行
千葉銀行
東京都民銀行
横浜銀行
第四銀行
八十二銀行
七十七銀行
山形銀行
武蔵野銀行
手数料有料ATM
ゆうちょ銀行
イオン銀行
セブン銀行
イーネット
ローソンATM

返済方法は口座引落しのみ

TOHOスマートネクストの返済方法は繰上げ返済にATMを利用して返済することはできますが、毎月の返済は口座引落しのみとなっています。

口座引落しは口座にお金を入れておけば返済期日に自動で引き落とされるので、わざわざ振込に行く必要がなくなり、払い忘れを防ぐことができるのでとても便利な返済方法ではあります。

ですが口座引落しは記録が残るので記帳した際に家族などにバレてしまう可能性があるのでバレずにカードローンを利用したい人にとってはあまり利用したくない返済方法となっています。

そのような事を気にしないという方なら便利な返済方法ですが、可能なら口座引落しとATM振込両方に対応してくれればより便利だったと思います。

メインサービスカードローン

東邦銀行のもう1つのカードローン「メインサービスカードローン」の詳しい商品内容について紹介していきいます。

利用条件・契約時満20歳以上満70歳未満の方
・勤続(営業)年数1年以上(新卒入社の方を除く)の方
・安定した収入が120万円以上ある方
・保証会社の保証を受けることが出来る方
利用限度額10万円~200万円
・50万円コース(10万円・30万円・50万円)
・100万円コース
・200万円コース
契約期間1年(自動更新)
返済方法口座引落し
返済方式元利定額リボルビング方式
・50万円コース…毎月1万円
・100万円コース…毎月2万円
・200万円コース…毎月3万円
金利12.1%(変動金利)
担保・保証人不要
保証会社株式会社東邦カード

以上がメインサービスカードローンの利用条件や金利、利用限度額についての詳しい商品内容紹介でした。

スポンサードリンク

メインサービスカードローンの特徴

商品の詳細な内容を紹介した後はメインサービスカードローンの特徴について紹介していきます。

上限は200万円まで、金利は変動制

カードローンの金利のほとんどは年4.5%~14.8%などと金利に幅がありますが、メインサービスカードローンでは利用限度額の200万円の間でいくらお金を借りたとしても金利は年12.1%だけとなっています。

しかしこの金利は毎年3月と9月の半年ごとに見直される事になるので、現在の12.1%よりも高くなる可能性も安くなる可能性もあります。

利用限度額の200万円と金利の年12.1%を一緒に考えてみると、200万円借りた場合に金利が12%というのは実際そこまで特別安いという金利ではありません。

しかし借りる金額を100万円以下にした場合に12%という金利はかなり低い金利になるので、メインサービスカードローンをお得に利用したい場合は利用限度額一杯の200万円借りるよりも100万円以下の金額を借りることをおすすめします。

100万円や50万円を借りた場合は14%程度になるのが普通なので、そこを12%で借りることが出来るというのはとてもお得です。

返済方式が他のカードローンと違う

カードローンの多くの返済方式は「残高スライド元利定額リボルビング方式」を採用していて、借りている金額が減ってくるに連れて毎月の返済額が減っていくというしくみになっています。

ですがメインサービスカードローンは借りている金額が減っても毎月の返済額が減らない「元利定額リボルビング方式」を採用しています。

これは毎月の返済額が高くなるので、毎月の負担が大きくなりますが、残高スライドよりもかなり返済が終わるスピードが早くなるので、支払う利息を抑えることが出来るのでトータルで考えるとお得になっています。

返済を早く終わらせたいという方に向いている返済方式ですね。

利用条件が厳し目

カードローンの利用条件のほとんどに「安定した収入がある方」という言葉が明記されていますが、メインサービスカードローンではもっと明確に「勤続1年以上で年収120万円以上」という条件が記載されています。

安定した収入という曖昧な表現よりは分かりやすくはありますが、おそらく他のカードローンよりも要求されている条件は厳しくなっています。

正社員の方であればそれほど難しい条件ではないかもしれませんが、就職したばかりの方や転職した方、パート・アルバイトの方にとっては利用しにくい条件となっているので、あまり気軽に申し込むことはできません。

利用できる地域が限られている

TOHOスマートネクストとどうようメインサービスカードローンも地域限定でしか利用することが出来ないようになっていますが、メインサービスカードローンはさらに地域が限定されいて福島県内と宮城県仙台地区のみの方のみが利用することが出来ます。

なので東邦銀行の支店があるその他の地域でも利用することが出来ないので注意しましょう。

契約は店頭で行う必要がある

メインサービスカードローンを申し込むには「インターネット」「電話」「FAX・郵送」で仮審査として申し込むことができます。

郵送以外の方法で申込んだ場合には最短で即日回答をしてもらうことが可能となっていますが、最終的な契約は店舗の窓口で行う必要があります。

仮審査を通過したら有効期限は3ヶ月以内なので必要書類を持って窓口で正式な申し込みと契約を行う必要があります。

なので即日融資には対応していないのでTOHOスマートネクストと同様に急いで融資してもらいたいという方には向いていないかもしれません。

返済は口座引落しのみ

TOHOスマートネクストと同様にメインサービスカードローンも繰上げ返済を行うにはATM振込に対応していますが、毎月の返済は口座引落しのみとなっています。

なのでやはり家族にバレたくないという方にとっては不安が残る返済方法と言えるでしょう。

ATM手数料が必要な場合がある

これもTOHOスマートネクストと同様にコンビニATMを利用してお金を引き出したり、繰上げ返済を行った場合には手数料が必要になるので、できるだけ東邦銀行と提携銀行のATMを利用することで支払う手数料を最小限に抑えるようにしましょう。

手数料無料ATM
東邦銀行
北海道銀行
秋田銀行
群馬銀行
常陽銀行
千葉銀行
東京都民銀行
横浜銀行
第四銀行
八十二銀行
七十七銀行
山形銀行
武蔵野銀行
手数料有料ATM
ゆうちょ銀行
イオン銀行
セブン銀行
イーネット
ローソンATM

あんしんプラス(住宅ローン利用者向け)の商品概要

東邦銀行で住宅ローンを利用している人限定で特別なカードローン「あんしんプラス」を利用することが可能になっています。

かなり利用出来る人が限られますが、お得に利用できる「あんしんプラス」の商品内容について紹介していきます。

利用条件・申込時に東邦銀行住宅ローンの利用があり、返済に見合う安定した収入がある方
・申込時の年齢が満20歳以上満65歳未満の方
・保証会社の保証が受けられる方
・過去に不渡り、延滞事故がない方
利用限度額50万円~500万円

50万円・100万円・200万円・300万円・400万円・500万円の6コースのいずれか
契約期間1年(自動更新)
返済方法口座引落し
返済方式残高スライド元利定額リボルビング方式

借入残高返済額
10,000円未満残高+利息
10,000円~50万円以下10,000円
50万円~100万円以下20,000円
100万円~200万円以下30,000円
200万円~300万円以下40,000円
300万円~400万円以下50,000円
400万円~500万円以下60,000円
金利4.5%
担保・保証人不要
保証会社東邦信用保証株式会社

以上があんしんプラスの利用条件や金利、利用限度額などについての詳しい内容紹介でした。

あんしんプラス(住宅ローン利用者向け)の特徴

詳しい内容紹介をした後は、あんしんプラスの特徴などについて紹介していきます。

金利が4.5%に固定

あんしんプラスは東邦銀行で住宅ローンを利用している人のみが利用できるカードローンなので、金利はかなり低金利に設定されています。

利用限度額は50万円~500万円と普通のカードローンと変わらない利用限度額を金利年4.5%で利用することが出来るようになっています。

4.5%は低金利ではありますが、500万円借りた場合で考えると同じくらいの金利のカードローンはあるのでそれほど飛び抜けて金利が低いというわけではありません。

ですが借りる金額を300万円程度まで下げると他の銀行カードローンの平均は8%程度になるので、あんしんプラスの4.5%と比べるとかなりお得な金利になります。

利用限度額が300万円よりも下がるに連れてお得度も増していくので、あんしんプラスを最もお得に利用する場合は300万円以下の金額を借りるといいでしょう。

まとめ

以上が東邦銀行のカードローン「TOHOスマートネクスト」「メインサービスカードローン」「あんしんプラス」の特徴などについての紹介でした。

TOHOスマートネクストは金利や利用限度額は平均的ではありますが、3つの中で最も申し込みやすく審査もハードルが低くなっているので借りやすいカードローンとなっています。

メインサービスカードローンは利用条件に年収や勤続年数が盛り込まれているので審査は普通のカードローンよりも厳し目になっていますが、多くの人が審査を通れないというほど厳しい条件でもありません。

条件が厳しいだけあって100万円程度のお金を借りた場合には他のカードローンよりも低い金利でお得に利用することが出来るので、利用限度額は低くていいから低金利で利用したいという方にとってはもってこいのカードローンになっています。

あんしんプラスは東邦銀行で住宅ローンを組んでいる人のみのカードローンなので利用できる人はかなり限定されますが、東邦銀行で住宅ローンを組んでいてカードローンを利用しようかと考えている人にとってはお得なカードローンになっています。

3種類のカードローンを紹介しましたが、3つとも特徴の違うカードローンになっているので、自分に合ったカードローンを選んで利用してみて下さい。