東京都民銀行「パーソナルカードローン」「WEBカードローン」特徴まとめ…金利が低くお得なサービス

銀行

東京都民銀行とは東京都港区に本店を置く地方銀行で、カードローンは「パーソナルカードローン」「Webカードローン」の2つのカードローンを展開しています。

どちらのカードローンも金利が低い設定がされていて、金利を重視している人にとっては魅力的な内容のカードローンになっていると思います。

そのような2つのカードローンの特徴などについて紹介していくので、カードローン選びの参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

パーソナルカードローンの商品概要

都民銀行のカードローン「パーソナルカードローン」の詳しい商品内容について紹介していきます。

利用条件・申込時満20歳以上60歳以下の方
・日本国籍または永住権のある方
・安定した収入がある方で、租税公課の滞納が無い方
・年収が150万円以上(個人事業主の場合は100万円以上)で勤続(営業)1年以上の方
・個人信用情報センターの事故情報の登録がない方
・保証会社の保証を受けられる方
使用用途自由(事業資金を除く)
契約期間1年(自動更新)
利用限度額30万円~100万円

30万円・50万円・100万円
金利年9.8%

以下の項目1つ当てはまる毎に金利が年0.5%引き下げ
・公共料金(電気、ガス、水道、電話、NHK受信料)のうち3種類以上の自動支払
・給料自動受取または年金自動受取
・積立定期預金または財形預金
・クレジットカード
借入方法ATM引き出し
返済方法毎月7日口座引落し
返済方式残高スライド元利定額リボルビング方式

借入残高返済残高
50万円以下1,000円
30万円~100万円以下20,000円
収入証明書必須
担保・保証人不要
保証会社都民信用保証株式会社

以上が東京都民銀行のカードローン「パーソナルカードローン」の詳しい商品内容の紹介でした。

パーソナルカードローンの特徴

パーソナルカードローンの詳しい商品内容を紹介した後は特徴などについて紹介していきます。

利用限度額は低いが金利はお得

パーソナルカードローンの利用限度額は30万円~100万円となっていて、金利は9.8%のみとなっています。

利用限度額は100万円までと銀行カードローンのなかでもかなり低めの設定になっているので、100万円以上の金額を借りたいと考えている方にとっては物足りない金額に感じてしまうかもしれません。

金利については他のカードローンの○%~○%というように利用限度額に応じて金利の変わる方式ではなく、パーソナルカードローンではいくら借りたとしても金利は年9.8%に固定されています。

他のカードローンでは100万円以下の金額を借りた場合には14.5%程度の金利になっている事が多く低いカードローンでも13%台なので、それと比べると年9.8%という金利の低さがわかると思います。

なのでパーソナルカードローンは利用限度額が低くてもいいので低金利で利用したいという方におすすめできるカードローンとなっています。

金利の引き下げを行うことも可能

紹介したようにパーソナルカードローンの金利は100万円で9.8%というかなりの低金利に設定されていてこれだけでもかなりお得なカードローンとなっていますが、条件次第で金利を引き下げることが可能となっています。

条件とは以下のようなものになっています。

  • 公共料金(電気、ガス、水道、電話、NHK受信料)のうち3種類以上の自動支払
  • 給料自動受取または年金自動受取
  • 積立定期預金または財形預金
  • クレジットカード

このようなものが条件となっていて、パーソナルカードローンを契約した時点で、この中の1つの項目に当てはまる毎に金利が0.5%づつ引き下げられていき、最大年2%の金利を引き下げることが可能となっています。

元々9.8%と低い金利が全ての項目に当てはまると最大7.8%まで引き下げることが可能となっていてよりお得に利用することが出来るようになります。

条件と言っても積立定期預金以外は東京都民銀行をメイン銀行として使っていた場合には知らない間に満たしている事もあるので、それほど条件の難易度も高くありません。

注意する点としては、パーソナルカードローンを契約した後ではなく、契約した時点で条件を満たしている必要があるので、金利を引き下げたい場合は契約前に条件を満たしておくようにしましょう。

東京都民銀行の営業区域内のみ申込可能

地方銀行は大手銀行や大手消費者金融のように全国展開を行っていないので、地方銀行の支店や本店がある地域でしかカードローンの申し込みが出来ないという場合が多いです。

パーソナルカードローンも同様に東京都民銀行の営業区域内に在住しているか、勤務している方のみが申し込めるカードローンとなっています。

東京都民銀行の支店があるのは以下の地域です。

東京都民銀行の営業区域

東京都
千葉県
埼玉県
神奈川県

以上の関東圏の地域に支店があるので、この地域以外に在住している人はパーソナルカードローンに申し込むことが出来ないので、金利が低くて魅力的なカードローンなので申し込みたい方も多いと思いますが、諦めるしかありません。

申し込みには年収条件がある

カードローンの利用条件の中には必ず「安定した収入がある方」という条件が記載されていますが、明確に年収がいくら無いといけないという明記はないので審査を受けて見るまでどのくらいの年収が必要かは分かりません。

パーソナルカードローンはかなりの低金利の設定となっているので、条件も普通のカードローンよりも若干厳しくなっていて、利用条件に「年収150万円以上」「個人事業主の方は100万円以上」という明確な年収が記載されています。

このように年収がはっきりと明記されている場合は要求される年収が高い事が多いですが、パーソナルカードローンではそんなこともなく、年収150万円であればそれほど難易度が高くない金額となっています。

なので年収の指定はありますがそれほど厳しい金額ではないので、幅広い人に利用してもることが可能になっています。

インターネットからの申し込みは出来ない

最近のカードローンのほとんどはインターネットでの申し込みが可能になっていて、インターネットだけで店頭へ行くことなく契約をすることができるWEB完結も珍しくありませんが、パーソナルカードローンではインターネットからの申し込みを行うことは出来ません。

パーソナルカードローンの申込方法は基本的にはFAXからの申し込みとなっていて、ホームページの申込書をプリントして送るという方法を推奨してます。

ですがFAXを持っていないという方も多いともうので、その場合はプリントした申込書を郵送、または店頭へ持っていくことでも申し込みを行うことが可能となっています。

やはり最も簡単で手軽な申込方法はインターネットからの申し込みだと思うので、その方法に対応していないという事はWEB完結にも即日融資にも対応していないという事になるので、不便に感じてしまう方も多いと思うので残念な点です。

イオン銀行・セブン銀行などATM手数料無料

パーソナルカードローンでお金を借りるにはATMからお金を引き出すことになりますが、東京都民銀行ATMの他にもコンビニのATMなどと提携を行っているので、近くのコンビニにあるATMからもお金を借りることが出来るようになっています。

地方銀行のカードローンのほとんどはコンビニATMでお金を借りることができますが、手数料無料で利用することができるカードローンは多くありません。

なのでコンビニATMを利用できても手数料がかかるので、地方銀行のATMや提携銀行ATMで利用することになってしまいがちです。

ですがパーソナルカードローンは「セブン銀行」や「イオン銀行」のATMを利用する際は時間帯にしていはありますが、手数料が必要ありません。

全てのコンビニATMで手数料がかからないのが理想ですが、東京都民銀行の営業区域内の東京や関東にはセブンイレブンやイオンは身近にあることが多いので、東京都民銀行ATMや提携銀行ATMと合わせるとATMがないという事態は少ないと思います。

パーソナルカードローンで利用できるATMは以下のようになっています。

手数料無料ATM
東京都民銀行
イオン銀行
セブン銀行
常陽銀行
筑波銀行
武蔵野銀行
千葉銀行
千葉興業銀行
横浜銀行
山梨中央銀行
東日本銀行
八千代銀行
手数料有料ATM
イーネット
ローソンATM
ビューアルッテ
ゆうちょ銀行

以上のようなATMを利用することができ、関東圏の銀行と提携を結んでいるので、多くのATMで手数料なしで利用することが出来るので、とても便利に利用することが可能となっています。

東京都民銀行の口座が必要

パーソナルカードローンの毎月の返済(約定返済)は口座引落しのみで行うことしか行うことが出来ないので、東京都民銀行の口座を持っている又は契約の際に開設する必要があります。

口座を持っていなければ利用することは出来ませんが、パーソナルカードローンを利用するならば東京都民銀行の口座をメインにする事で最もお得に利用することが出来ます。

なのでむしろカードローンを契約する前に給料の振込先の変更や公共料金の引き落とし口座の変更などを行って、金利の値引きをしてもらえる準備をしてからパーソナルカードローンに申し込むようにしましょう。

スポンサードリンク

Webカードローンの商品概要

東京都民銀行のもう1つのカードローン「Webカードローン」の詳しい商品内容は以下のようになっています。

利用条件・契約時満20歳以上満65歳以下の方
・日本国籍を保有又は永住権がある方
・東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県に在住している方
・安定した収入がある方
・インターネット支店以外に東京都民銀行との融資取引が無い方
使用用途自由(事業資金を除く)
契約期間1年(自動更新)
利用限度額50万円~500万円
金利年4.0%~14.0%(変動金利)

利用限度額金利
50万円14.0%
100万円12.0%
200万円8.0%
300万円6.0%
500万円4.0%
借入方法・ATM引き出し
・インターネットバンキング
返済方法毎月7日口座引落し
返済方式

借入残高返済残高
50万円以下10,000円
100万円以下20,000円
200万円以下30,000円
300万円以下40,000円
500万円以下60,000円
担保・保証人不要
保証会社株式会社ジェーシービー

以上がWwbカードローンの利用条件や金利、利用限度額などの詳しい商品内容の紹介でした。

Webカードローンの特徴

Webカードローンの詳しい商品内容を紹介した後は特徴などについて紹介していきます。

下限金利が低く設定されている

Webカードローンの利用限度額は50万円~500万円までとなっていて、金利は4.0%~14.0%となっています。

利用限度額の500万円というのは他のカードローンとくらべてみても平均的な数字で、800万円や1000万円程の金額を望んでいない場合には十分な金額となっています。

金利については、100万円以下の比較的少ない金額を借りる際に重要になってくる上限金利は14.0%となっていて、他の銀行カードローンでは14.5%程度になっていることが多いので、それと比べると若干低い金利となっています。

一方で利用限度額に近い金額の数百万円単位で借りる際に重要になってくる下限金利は4.0%となっています。

利用限度額の500万円と合わせて考えてみると、他の銀行カードローンの利用限度額が500万円の場合は5%台の金利になっていることが多いので、Webカードローンの年4.0%という金利はかなりの低い数字になっています。

なのでWebカードローンは上限金利、下限金利ともに他の銀行カードローンと比べても低めの設定になっているので、金利を重視する方にはおすすめできるカードローンとなっています。

パーソナルカードローンの利用限度額では物足りないという方はこちらのWebカードローンの検討を考えてみてはいかがでしょうか。

インターネットからの申し込みが可能

パーソナルカードローンではインターネットからの申し込みが出来ませんでしたが、Webカードローンは名前の通りインターネットからの申し込みが可能となっています。

さらにWebカードローンは店頭へ行く必要なく契約することが出来るので、銀行窓口が営業している平日の15時までに店頭へ行くことが難しい人であっても空いた時間を利用して契約を行うことができるので便利です。

インターネットから申し込みが出来て店頭へ行くこと無く契約することは可能ですが、全てをインターネットで行えるWEB完結ではないので、郵送などのは行う必要はあります。

即日融資には非対応

Webカードローンはインターネットから申し込むことができますが、即日融資には対応していません。

というのもインターネットから申し込みを行った後には審査が行われ、審査に通ることができると契約関係の書類が郵送されてくるので、この時点で申し込んだその日にお金を借りることはできなくなっています。

お金を借りることが出来るようになるのは、契約書類を返送して受理された後にATMからお金を引き出す際に必要になるローンカードが郵送されてくるので、それを受け取って初めて利用する事が出来るようになります。

なので申し込みからカードローンの利用開始まではそれなりの日数が必要になります。

インターネットバンキングが利用可能

Webカードローンではインターネットバンキングに対応しているので、手軽に借入れや返済を行うことができるようになっています。

インターネットバンキングを利用するには別途手続きが必要ですが、口座をすでに持っている場合は簡単に行うことができます。

カードローンの多くはお金を借りるには銀行ATMやコンビニATMへ行ってお金を引き出さないといけませんが、インターネットバンキングを利用した場合はスマートフォンやパソコンからいつでもどこからでもお金を借りることが可能となっています。

口座に振り込むことになるので、現金を引き出す場合はどちらにしてもATMから引き出す必要がありますが、インターネットショッピングなどで利用する場合ではそのまま利用することができます。

なによりコンビニATMなどではお金を引き出すには手数料が発生することがありますが、インターネットバンキングでは手数料が必要ないので気軽に借入れをすることができます。

ただインターネットバンキングで行える返済は毎月の返済ではなく、繰上げ返済のみとなっているので、インターネットバンキングで毎月の返済額と同じ金額を振り込んでも、毎月の返済額は口座から引き落とされるので注意してください。

スポンサードリンク

まとめ

以上が東京都民銀行のカードローン「パーソナルカードローン」「Webカードローン」の特徴などについての紹介でした。

東京都民銀行のカードローンのどちらも金利が低く設定されているのが特徴となっています。

とくにパーソナルカードローンは利用限度額は100万円とかなり低めではありますが、かなりの低金利設定になっているので、東京都民銀行の営業区域内で100万円以下の金額を借りたいと考えている場合はまず検討して欲しいカードローンとなっています。

ただこれも両方のカードローンに言えることですが、WEB完結や即日融資などの利便性の高いサービスは行っていないのは他の利便性の高いカードローンと比べると劣ってしまいます。

とくにパーソナルカードローンはインターネットからの申し込みも行うことが出来ないの点は不便に感じてしまうと思います。

ですがそれ以上に金利はお得になっているので、利便性を重視しない方に取ってはおすすめできるカードローンとなっています。