筑波銀行「つくばカードローンIMA☆(いまほし)」の特徴まとめ…突出した所がない代わりに使いやすいのが特長

銀行

筑波銀行は茨城県土浦市に本店を置く地方銀行で、カードローンは「つくばカードローンIMA☆」を展開しています。

IMA☆はパート・アルバイトや年金受給者の方まで利用可能で、WEB完結にも対応しているという利便性の高さを持っていて、幅広い人が利用できるカードローンとなっています。

そんなIMA☆について詳しく紹介していくので、カードローン選びの参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

つくばカードローンIMA☆の商品概要

つくばカードローンIMA☆の詳しい商品内容は以下のようになっています。

・保証会社の保証を受けられる方

利用条件・筑波銀行の営業区域に在住又は勤務している方
・契約時20歳以上満65歳未満の方
・パート・アルバイト、主婦、年金受給者、学生の方も利用可能
使用用途自由(事業資金を除く)
契約期間1年(自動更新)
利用限度額10万円~500万円(10万円単位)
※パート・アルバイト、主婦の方は50万円以下、年金受給者の方は20万円以下、学生は10万円以下
金利年4.8%~14.6%
借入方法・ATM引き出し
・インターネットバンキング
返済方法口座引落し
返済方式残高スライド元利定額リボルビング方式

借入残高返済残高
2,000円未満残高+利息
2,000円~10万円以下2,000円
10万円~20万円以下4,000円
20万円~30万円以下6,000円
30万円~40万円以下8,000円
40万円~50万円以下10,000円
50万円~500万円以下10万円増す毎に+2,000円
収入証明書が必要な金額50万円以上
担保・保証人不要
保証会社新生フィナンシャル株式会社

以上が筑波銀行「つくばカードローンIMA☆」の利用条件や金利、利用限度額などの詳しい商品内容についての紹介でした。

つくばカードローンIMA☆の特徴

IMA☆の詳しい商品内容を紹介した後は特徴などについて紹介していきます。

利用限度額、金利共に平均的

IMA☆の利用限度額は10万円~500万円で、金利は4.8%~14.6%となっています。

利用限度額の500万円は他の銀行カードローンでは800万円や1,000万円という利用限度額に設定しているところもあるので、決して高いというわけではありませんが何百万円もかりる予定がないという方にとっては十分過ぎる程の金額になっています。

金利については数十万円の比較的少ない金額を借りる際に重要になる上限金利は14.6%でこれは他の銀行を見ても平均的な数字になっています。

下限金利は利用限度額の500万円に対して4.8%となっていてこれも上限金利同様に他の銀行カードローンと比べても平均的な数字となっているので、IMA☆は上限金利、下限金利共に平均的な金利になっているカードローンという事になります。

WEB完結に対応

地方銀行のカードローンには申し込みはインターネットで行うことが出来ても、最終的な契約には店舗窓口で行う必要があるものがありますが、IMA☆では申し込みから契約まで店頭へ行く必要のないWEB簡潔に対応しています。

店頭での契約となると銀行窓口の営業している平日の夕方前までに、店舗へ向かわないといけませんが、インターネットからの申し込みであれば24時間申し込むことができるので自分の都合のいい時間に申し込みから契約を行うことが出来ます。

なのであまり平日に自由な時間を作るのが難しいという方でも手軽に申し込むことが出来るので、とても便利な申込方法となっています。

自動融資に対応

自動融資とは筑波銀行の口座でクレジットカードや公共料金などの支払いを引落しで行っている場合に万が一口座残高が引き落とし額よりも少なくて引落しができなかった場合に、自動でカードローンからお金を借りて不足分を補って引落しが出来るようになるというサービスの事を言います。

この自動融資にIMA☆は対応しているので、万が一口座残高が足りない場合でも延滞などをすることが無く支払いを行うことができるので便利なサービスです。

ですが自動融資を行った金額はカードローンから借りている金額に上乗せされて返済するべき金額が増えるので気を付けましょう。

パート・アルバイトも利用可能

銀行カードローンというのは消費者金融のカードローンよりも審査が厳しいといろいろな所で書かれているので、そのような印象があると思いますが銀行カードローンでもパート・アルバイトの方も利用することができます。

もちろん銀行カードローンの全てという訳ではなく、パート・アルバイトの方は可能であっても主婦の方や学生の方は利用できないという銀行カードローンも多く存在します。

IMA☆であればパート・アルバイト、主婦、年金受給者の方でも利用することが可能となっています。

ですが上記のような人達がIMA☆を利用する場合は通常の利用よりも利用限度額が低くっ設定されてしまいます。

  • パート・アルバイト・主婦…利用限度額50万円以下(専業主婦の方は配偶者に安定した収入が必要)
  • 年金受給者…利用限度額20万円以下
  • 学生…10万円以下

以上のような利用条件になっていて、学生の10万円が限度というのは若干低いような印象もありますが、その他は十分な金額になっていると思うのでパート・アルバイトの方たちでも問題なく利用することが可能だと思います。

スポンサードリンク

つくばカードローンIMA☆のイマイチな点

IMA☆の特徴について紹介した後はイマイチな点について紹介していきます。

筑波銀行の営業区域のみで申込可能

地方銀行はメガバンクのように全国展開をしていないので珍しいことではありませんが、カードローンを申し込める地域に制限があり、その地域に住んでいるか勤務しているという条件がある地方銀行カードローンが多く存在します。

IMA☆も同様に筑波銀行の営業区域内に住んでいるか勤務している方のみしか申し込みを行うことが出来ない利用条件になっています。

筑波銀行の営業区域は以下のようになっています。

  • 茨城県
  • 栃木県
  • 千葉県
  • 東京都

以上のような地域から申し込みを行うことが可能となっていて、筑波銀行の本店がある茨城県以外では3県のみという地域がかなり限定されてしまっているのは残念な点です。

筑波銀行の口座が必須

銀行カードローンは消費者金融とは違い、自社で口座を持っているので銀行カードローンの場合はカードローンを提供する銀行の口座を持っていることが条件となっている場合が多いです。

IMA☆も同様に筑波銀行の口座を持っていないと利用することが出来ない条件になっていて、申込時に口座を持っていなくても大丈夫ですが契約を結ぶまでには口座を開設しておく必要があります。

特徴の項でWEB完結に対応していると紹介しましたが、口座を持っていない場合はインターネットからの申し込みはできますが、正式な契約の際に口座も一緒に作らないといけないので、店頭へ出向いての契約になるので注意が必要です。

筑波銀行の口座があるからこそ自動融資のサービスを受けることが可能になっていますが、口座不要で利用することも出来るカードローンもあるので、それを比べると若干不便に感じる所もあります。

即日融資は不可

大手銀行や大手消費者金融が即日融資を行う際には、自動契約機を利用することでATMからお金を引き出す際に必要なローンカードを受け渡しすることが出来ますが、地方銀行では自動契約機を持っていないのでその方法ではローンカードを受け渡すことができません。

地方銀行の場合はローンカードを郵送で受け渡しを行いますが、ローンカードが手元に届くまでの間はATMからお金を引き出すことが出来ません。

その場合は振込融資という契約と同時に銀行にお願いすれば直接お金を口座に振り込んでもらえるサービスがあり、それに対応している場合は即日融資が可能となっています。

ですがIMA☆では振込融資に対応していないので、契約後に送られてくるローンカードが手元に届くまではお金を借りることが出来ません。

なので急いでお金を借りたいという場合にはIMA☆は向いていないかもしれません。

まとめ

以上が筑波銀行のカードローン「つくばカードローンIMA☆」の特徴やイマイチな点などについての紹介でした。

IMA☆は上限金利と下限金利のどちらかが凄い低金利というわけでも、利用限度額がもの凄く高いというわけではありませんが、逆に金利が高いわけでもありません。

特徴がないとも言えますが、金利がお得なカードローンでは審査が厳しくなっているという場合もあるので、そのようなカードローンと比べると利用しやすいカードローンとも言えます。

即日融資には対応していませんが、自動融資やWEB完結には対応していて、パート・アルバイト、年金受給者の方まで幅広く利用することが可能な利便性も高めのカードローンとなってます。

地域限定でしか申し込むことが出来ないので、筑波銀行の営業区域の方は検討してみてはいかがでしょうか。