カードローンの種類は?銀行・消費者金融・信託系の特徴と違いまとめ

種類

カードローンと一言で言っても実は種類があり、それぞれに特徴があることをご存知でしょうか?

お金を借りることには代わりはありませんが、借りる会社によって借りることができる金額の上限や、返す際に発生する金利にも違いがあります。

また会社によって審査の通りやすさなども違いがあるので、自分にあったカードローン会社で借りることが重要になってきます。

今回はカードローンの種類の違いについて紹介していきます。

スポンサードリンク

カードローンの種類

カードローンは提供してくれる会社の種類によって、特徴や金利に違いが出てきます。これらの違いについてまずは説明します。

大雑把にいうとカードローンを提供してくれる会社にはこの3種類が存在します。

  • 銀行系
  • 消費者金融系
  • 信託系

当然それぞれにメリットデメリットがあるので、お金を借りる際にはその違いを把握しておくことでより自分に合ったカードローンを組むことが出来るようになります。

特に銀行系とその他の会社では同じカードローンと言っても適応される法律まで変わってくるので、色々な種類があってややこしいとは思いますが、しっかりと覚えておきましょう。

銀行系のカードローンの特徴

銀行系のカードローンは文字通り銀行が行っているカードローンの事で、三井住友銀行や三菱東京UFJ、みずほ銀行のいわゆる三大メガバンクと言われる銀行の他にも、地方銀行もカードローンサービスを展開しています。

以下のような銀行が代表的なカードローンサービスを展開している銀行の一部です。

  • 三井住友銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • オリックス銀行
  • 新生銀行
  • りそな銀行
  • その他地方銀行

上記のような銀行のカードローンは何と言っても一度は名前の聞いた事のある大きな銀行が展開するサービスなので、安心感と信頼感が大きいと言うのはお金を借りるにあたって大きな要素だと思います。

法律上では総量規制を受けない

まず銀行系のカードローンの最も大きな特徴の一つが法律上総量規制を受けないという点です。

総量規制とは何かというと、貸金業法という法律の中にお金を借りれる量は年収の1/3までという決まりがあるんです。

例えば、年収300万の人がカードローンで100万円のお金を借りていた場合、また新たにお金を借りようとしても、年収の1/3を超えてしまうので新たに借りることはできないという法律です。

ですが、銀行は貸金業法という法律ではなく、銀行法という法律に基づいてお金を貸すことになるので、総量規制にとらわれることなくお金を貸すことができるんです。

総量規制について詳しくはコチラを。

なので、審査などの細かいことを除いて数字だけでみると年収300万円の人が100万円以上のお金を借りる事が可能になります。

このように法律的には総量規制とは関係がなく、利用できる金額の上限は特に設定されていませんが、年収の1/2までとしている銀行が多いようです。

ですが近年では銀行のお金の貸しすぎ(過剰融資)でお金を借りすぎて返済できない人(多重債務者)が増えていることが問題視され、銀行カードローンにも総量規制を適応すべきという声も上がっています。

そんな中銀行カードローンはその問題を解決するために自主規制として総量規制と同等の年収の1/3までしか融資を行わないという規制を始めています。

なので法律的には総量規制とは関係ありませんが、今までのように「年収の1/3を越えて借りる事が出来る」という銀行の特長はなくなっています。

低金利で借りる事ができる

銀行系の大きな特徴の一つが消費者金融系のカードローンよりも低金利でお金をより多く借りることが出来るという点です。

銀行は会社の規模としても大きく、資金を潤沢に保有していますし、銀行に貯金されているお金を使って運営されているので低金利で利用することが可能になっています。

平均的な数字ですが、

  • 銀行系カードローン 2%~14.5%
  • 消費者金融系カードローン 4%~18%

この程度の金利でお金を借りれるようになっています。

また、銀行系の場合は借りる銀行の口座を持っていたり、同じ銀行で住宅ローンなどを利用している場合にさらに金利が低くなるという銀行もあるので、既に住宅ローンなどを利用している人やこれから住宅ローンの利用を考えている場合はその銀行のカードローンもチェックしてみましょう。

利用限度額の上限が高い

また、豊富な資金力や、総量規制にとらわれないこともあってか、銀行系は消費者金融系のカードローンよりも借りれる上限が高く設定されていることが多いです。

消費者金融のカードローンでは最大手のアコムやプロミスでは最大800万円程度借りる事ができますが、ほとんどの消費者金融では数百万円ほどが上限となっている事が多いです。

一方で銀行カードローンの場合はみずほ銀行や三菱UFJ銀行や三井住友銀行のメガバンクでは800万円程度ですが、地方銀行のカードローンでは1000万円まで借りることができるカードローンも存在します。

またネット銀行のMr.カードローン1200万円まで借りることも可能となっているので利用限度額の高さが際立っています。

もちろんそれだけの金額を借りるにはそれに見合った返済能力が必要になりますが、多くの金額が必要という方には銀行のカードローンをおすすめします。

スポンサードリンク

銀行系のデメリット

良いこと尽くしに見える銀行系でもデメリットが存在します。

審査は厳しめ

銀行カードローンのデメリットの1つ目は審査が消費者金融より厳しめという点です。

実は銀行カードローンの審査は銀行自身が行っているのではなく、保証会社として入っている消費者金融や信販会社が代行して行っています。

なので審査基準はそれほど消費者金融と大きく変わるという事はありませんが、保証会社は審査を通した人が返済できなくなった場合に未払い分を肩代わりしないといけないので、そのリスクを考えて自社の消費者金融カードローンよりは厳しい基準で行っています。

なので銀行カードローンは消費者金融よりも審査が厳しいと言われているんです。

即日融資が不可能

以前までは銀行でも消費者金融でも申し込んだその日の内にお金を借りる事が出来る即日融資は可能でしたが、2018年1月から銀行カードローンの即日融資は不可能となっています。

理由としては反社会的勢力(暴力団)にお金を貸さない為に警察のデータベースとの照合を行う為となっています。

反社会的勢力に資金を渡さないために必要なことではありますが、即日融資が出来なくなったという点はとても大きく、どうしても即日融資を行いたいという方は消費者金融のカードローンを選ぶしかありません。

消費者金融系のカードローンの特徴

消費者金融系のカードローンは恐らくカードローンと聞いて思い浮かぶ名前は「アコム」や「プロミス」「アイフル」「モビット」などのCMなどで露出の多い会社だと思います・

CMも多くカジュアルな雰囲気のCMばかりなので、言われてみたらあれはカードローンのCMなんだなと思ってしまうほど馴染みのあるものになっています。

しかし、消費者金融というと怖いイメージも多少なりともあると思いますが、貸金業法という法律もできましたし、殆どの消費者金融系の会社は銀行の傘下に入っているので、安心してお金を借りても大丈夫です。

無利息期間などのサービスがある

消費者金融系のほとんどの会社がカードローンに30日間無利息などの銀行系のカードローンでは少ないサービスを行っているのも消費者金融系カードローンの特徴の1つです。

このようなサービスがあるので、少額の借入れをして素早く返済すると利息を1円も払わずにお金を借りることも可能なので、少額の借入の場合は消費者金融系のカードローンを検討するといいかもしれません。

審査スピードが早く比較的通りやすい

消費者金融系のカードローンは銀行系のカードローンよりも審査のスピードが早く、最短で30分で審査が終了し、時間にもよりますが即日でお金を借りることも可能な会社がほとんどです。

審査も銀行ほど厳しいものではなく、安定した収入がある場合はアルバイトやパートの方でも借り入れることができる事が多いので、給料日前や急にお金が必要になった際などにはとても心強くなっています。

申込方法が多彩でWEBだけで完結できる会社も

申し込み方法は無人機での申込みなども出来ますが、家から一歩も出ずにWEBだけで24時間申込み可能で、申込みから審査結果の受取まで行うことが出来る会社が多くなっています。

なので、書類などが送られてきて家族などにバレるのが嫌だという際でも安心して申し込める側面もあります。

スポンサードリンク

消費者金融系のデメリット

消費者金融系は銀行ほどの規模では無いことや、法律の違いによって銀行とはまた違ったデメリットが存在します。

総量規制によって借りられる額が少なくなる

総量規制とは上記した通り、貸金業法によって借入れをする人の年収の1/3を超える額のお金を借りることが出来ないという決まりのことです。

その代わりに審査に比較的通りやすいというメリットもありますが、貸金業法が適用されない銀行よりも借りられる金額は少なくなってしまうので、多くの借入れをしたい場合などにはあまり向いていません。

金利が高め

消費者金融系のカードローンは銀行系のカードローンに比べると金利が高めに設定されている事がほとんどです。

特に少額で借りる際の金利が約18%と銀行よりも約3~4%ほど高くなっています。

少額を借りるのに適している消費者金融系のカードローンなので、その影響を大きく受けてしまいます。

繰り返すようですが、その代わりに審査に比較的柔軟に対応してくれるというメリットとの表裏一体なので使い方を見極める必要があります。

住宅ローンや自動車ローンに影響が出る場合も

消費者金融系からお金を借りたり、返済の状況は信用情報に記録されるので、返済の遅延などがあるとそれも記載され、信用が落ちてしまい様々な審査に通りにくくなってしまいます。

信用情報に傷をつけないためには遅延をしないようにし、早めに返済していくことが重要になります。

信託銀行系ローンの特徴

信託銀行とは信託業務を主に行う銀行の事で銀行と似たような名前の信託銀行が多いです。

  • 三菱UFJ信託銀行
  • 三井住友信託銀行
  • みずほ信託銀行
  • 新生信託銀行
  • 野村信託銀行
  • 日証金信託銀行

このような会社が信託銀行の一例でほとんどが聞いたことのある日本を代表するような会社ばかりになっています。

名前を見ても分かるように、三菱UFJ信託銀行は「三菱東京UFJ銀行」、みずほ信託銀行は「みずほ銀行」というように同じグループ会社になっているケースがほとんどです。

ですが、「三井住友銀行」と「三井住友信託銀行」は同じ三井住友でも別グループのようです。

また、銀行としてではなく証券会社として有名な野村證券のグループ会社である「野村信託銀行」も信託銀行としてあります。

信託銀行とは簡単にいうと証券取り引きなども行う銀行なので、適用される法律も銀行法になるので総量規制の対象にはなりません。

信託銀行系は融資金額が高く100万円~1000万円までフリーローンとして貸してくれることが可能となっているものもあり、金利もかなり低く設定されています。

ですが、信託銀行系の特徴とも言えるのが、担保を必要としている所です。

担保がマンションや土地のように額が大きくなると借り入れることのできる金額の上限が数千万の物があったり、同じ会社の住宅ローンを契約していると利用できる上限500万円程の規模のカードローンもあります。

このように、額が幅の広いローンが存在し、どのローンも担保や条件などが設定されているのが信託銀行の特徴でもあります。

各カードローンの特徴まとめ

以上が各カードローンの特徴のまとめでした。

銀行系と消費者金融系のカードローンは特徴がはっきりしているので紹介してきた特徴を把握することで自分に合ったカードローンの種類を選ぶことが出来ると思います。

ざっくりと分けるとすると

  • 審査に少し時間がかかっても大きな額の借入れをしたい場合→銀行系
  • 少額の借入れでもいいので急ぎでお金が必要になった場合は→消費者金融系

という分け方が出来ると思いますが、銀行系と消費者金融系のメリット・デメリットをしっかり比較して無理のない範囲で利用していくようにしましょう。