利用限度額と極度額の違いとは…今現在使える額と年収によって試算された額と少し意味が違う

違い

カードローン用語の中には似ている単語がいくつかありますが、その1つに「限度額」と「極度額」の違いがあります。

似ている単語でもありますし、銀行や消費者金融のホームページなどでも同じ意味として書かれている事がありますが、実はちゃんとした意味の違いはあります。

2つの単語の意味を覚えておけばどちらの意味で使われていた場合でも理解することができるので、意味を紹介していきます。

スポンサードリンク

利用限度額とは

カードローンは申込の際に希望金額を記入することになりますが、希望金額がそのままの金額を借りる事が出来る訳ではありません。

希望金額までの金額を貸せるかどうか審査を行われ、信用情報から今までのカードローンの使用履歴や返済履歴などを確認し、収入や職業などの様々な要素から決定される金額を利用限度額といいます。

つまり利用限度額とは今現在カードローン会社から借りることが出来る最大の金額です。

今現在の金額なので、カードローンを継続的に遅延などなく返済を行っていくと返済能力が高いという事を証明することができ、カードローン会社からの信頼を得ることが出来ます。

カードローン会社から信頼を得ることができ、返済能力が高いと判断されれば増額申請を行った場合に審査に通りやすくなり、審査に通れば利用限度額を上げることが可能となります。

逆に頻繁に支払いが遅れるなどカードローン会社の信頼を失うと利用限度額は引き下げられる事もあります。

なので利用限度額は一定ではなく、上下する可能性がある金額となっています。

極度額

一方で極度額とは利用限度額のように様々な項目を審査によって見極められて金額が決められるものではなく、一定のルールに基いて導き出される金額です。

そのルールにとは「年収の1/3まで」で、総量規制で貸すことが出来る上限の金額となっています。

消費者金融の場合は貸金業法の総量規制を守る必要はありますが、銀行は貸金業法ではなく銀行法に従って運営していくので実際の所は総量規制は関係ありません。

なので年収の1/3という基準を守る必要はなく、実際に以前は年収の1/2を基準にしている銀行もあったようですが、銀行カードローンは融資の行いすぎが問題になり、銀行でも自主規制として総量規制と同等の年収の1/3を極度額としているようです。

このように極度額とは、自分の年収に対して設定される金額でカードローンから数字上借りられる目一杯の金額の事を言います。

ですがあくまで数字上での事で実際は先ほど紹介したように審査によって利用限度額が設定される事になるので最初から極度額を借りることが出来る事はほぼありません。

利用限度額では申請を行うことで増額を行うことが出来ましたが、極度額の場合は自分の年収が上がった時に初めて極度額が上昇することになるので、極度額を上げたい場合は年収を増やすしか手段はありません。

スポンサードリンク

まとめ

以上が限度額と極度額の違いについての紹介でした。

紹介してきたように利用限度額は今現在利用することが可能な金額の上限の事で、極度額は自分の年収で借りることが出来る上限の金額なので、似ているようで大きく違う単語となっています。

このように意味は違いますが、銀行カードローンのホームページでも「極度額 100万円 14.5%」という記述が稀にしてあることもあり、金利は極度額ではなく利用限度額で決定されるのでこの極度額は「利用限度額」に置き換えて考えるべきです。

このように2つの単語の意味が混同してきてしまっている所もあるので、予め2つの単語の意味を理解しておくことでこの場合はこの意味なんだなと把握することができます。

なので似たような単語と意味ですがしっかりと覚えておくようにしましょう。