金融事故とは?引き起こすと多大なデメリットを背負う事になるので最初に覚えておこう

奈落の底

カードローンを利用する時にまず気を付けないといけないのが金融事故を起さないという事です。

毎月返済をしっかり行っていれば金融事故に関しては気にする必要はありませんが、数ヶ月返済が遅れるなどした場合はカードローンだけでなく様々な物に大きな影響を与えることになります。

そんな金融事故とはどんなものなのか、どのようなものに影響を与えるのかなどについて紹介してきます。

カードローンを利用する前には絶対に知っておいて欲しい事ばかりです。ただ逆を言えば金融事故を引き起こさなければカードローンを利用しても悪い事ばかりではないとも言えます。

スポンサードリンク

金融事故とは

金融事故とは毎月しっかりと決められた日までに返済を行っていれば無縁のものですが、返済が遅れたり、出来なくなった状態のことを金融事故と言い詳しく分けるといくつかの状態が存在します。

以下で紹介するいずれかの金融事故を起こしてしまうと信用情報に記録されてしまうことになります。

3ヶ月以上の延滞

まず最も多くの人が陥りやすい金融事故となるのが、3ヶ月以上の長期延滞を行ってしまう事です。

3ヶ月というのはおおよその目安で具体的には支払期限から61日で金融事故扱いになる場合もあるので、3ヶ月まで大丈夫というわけではありません。

長期延滞が続くと金融事故になるだけでなく、利用限度額を引き下げられるだけでなくこの後紹介する「代位弁済」にまで発展する可能性があります。

なので長期延滞は金融事故の入り口と言ってもいいかもしれません。

代位弁済

銀行カードローンには必ず保証会社がついていて、銀行の代わりに審査を行ったり、カードローン利用者が先ほど紹介したように長期延滞を行った場合に残っている残高全てを銀行に支払う(代位弁済)という役目を持っています。

この代位弁済が行われると金融事故扱いになり記録されてしまいます。

もちろん代位弁済が行われたからといって利用者が返済をしないでも良くなるわけではなく、返済相手が銀行から保証会社に変わるだけです。

さらに銀行のように毎月の返済ではなく返済残高の一括返済を求められる事になるので状況はより悪くなります。

債務整理

債務整理とは現状のままでは返済が不可能という状況になった時に弁護士などにお願いして返済条件を緩くしてもらったり、返済が出来ないと返済義務を無くしてもらう事をいいます。

債務整理には複数の種類があります。どの債務整理を行っても返済は楽になりますが、簡単に行えるものでもありませんし大きなデメリットもついてきます。

また先ほど紹介した代位弁済が行われて一括返済を求められた場合には多くの方がこの債務整理を行うことになります。

ではどのような債務整理があるのか、紹介していきます。

任意整理

任意整理とは債務整理の中では軽めの手続きで、比較的財政状況が安定している方が行うことができます。

裁判所を通さずに弁護士などにお願いして、利息を除いた借りた金額のみを分割で返済してくなどの措置をとることになります。

カードローン会社からすると貸したお金は返ってくることになるので、住宅ローンなども利用しながら返済していけるなどデメリットも少なめになっています。

個人再生

個人再生は借りている金額を大幅に減らしてもらうことになりますが、それでも返済を行っていくというものです。

任意整理よりも思い債務整理となるので、弁護士だけでなく裁判所での許可が必要になり認められない限りは行うことは出来ません。

ですが返済は行っていくので家や車などの財産を守りながら返済していくことができるメリットがあります。

自己破産

債務整理の中で最も重いのが自己破産で、大きな効果とデメリットがある最後の手段となっています。

自己破産は裁判所で返済は不可能と判断された方だけが行うことができ、借金について全ての支払いを行わなくてもよくなります。

しかしその代りに生活していくのに必要なものを除いて価値のあるものは差し押さえられてしまうことになります。

ですが差し押さえられるものは20万円以上の価値のあるものや99万円以上の現金などなので、生活が出来なくなるほど厳しいというわけではありません。

クレジットカード、携帯電話料金の滞納

金融事故はカードローンだけでなく、携帯電話料金の返済が行えない場合でも発生することになります。

携帯電話料金で金融事故が発生するのは利用料金ではなく、今では一般的になっている携帯の端末の分割払い(割賦代金)に対して発生することになります。

クレジットカードと同様に会社が立て替えているものに対して支払いの遅れが出ることでも金融事故となってしまいます。

クレジットカードと比べると軽く見てしまいがちな携帯電話料金ですが、端末を分割で購入している場合は返済に遅れがないようにしましょう。

信用情報とは

信用情報とはカードローンなどから誰がいつどれだけ借りているかや、返済状況などまでも記載されているもので、これを銀行や消費者金融で共有されている情報の事を言います。

この信用情報を管理している国の認可機関「信用情報機関」は3つあり、カードローンを提供している会社はその中のいずれか、又は複数に所属していて所属している情報機関の情報をいつでも見ることが可能となっています。

  • 株式会社シー・アイ・シー(CIC)
  • 株式会社日本情報機構(JICC)
  • 全国銀行個人信用情報センター(JBA)

以上のような信用情報機関があり、消費者金融の場合はCIC、JICCのどちらにも加入している事が多くなっているので、消費者金融でなにか金融事故を起こしてしまった場合はほとんどの消費者金融カードローンを利用できなくなてしまいます。

その場合銀行カードローンはJBAのみの情報しか分からないので銀行カードローンでは借りることが出来ると考えてしまいそうですが、実は金融事故情報は「CRIN(クリン)」という情報機関に情報が集められ、情報機関3社に所属している会社全てで共有されています。

なので消費者金融、銀行どちらで金融事故を起こしてしまったとしても情報は共有され、どこからもカードローンを利用することが出来なくなってしまいます。

スポンサードリンク

信用情報に情報が掲載される期間

紹介してきたように金融事故を起こすと信用情報機関に記録されてしまい、カードローンなどの金融商品を利用することが出来なくなってしまいます。

ですが一度金融事故を起こしたからといってこれからもずっと利用できないかというとそうではなく、一定期間を過ぎると信用情報機関から情報が消されカードローンを利用することが出来るようになります。

延滞

JICC:1年
CIC:5年
JBA:5年

任意整理
JICC:記録されない
CIC:記録されない
JBA:5年
個人再生
JICC:5年
CIC:記録されない
JBS:10年
自己破産
JICC:5年
CIC:5年
JBA:10年
代位弁済
JICC:5年
CIC:記録されない
JBA:5年

CICは記録されない情報が多いですが、だからと言って金融事故を起こしても大丈夫という訳ではなく、同時にJICCに加盟している場合はそちらで情報が残ることになるので、結果的に長期間情報が保存されることになるのは変わりありません。

金融事故を起こすと利用できなくなるもの

紹介してきたようにどこであっても金融事故を起こすとほとんどん場合どこからもカードローンを利用することが出来なくなってしまいます。

最近では信用情報は様々な面でも利用されるようになってきているので、カードローンだけではなく様々なものにまで影響を及ぼすことになります。

クレジットカードを作れなくなる

クレジットカードもカードローンと同様に信用を元にお金を立て替えるので、信用情報機関を確認してお金を返してもらえるかなどの判断を行って審査を行っています。

なので信用情報で金融事故を起こしているとわかった場合は信頼を得ることが難しく審査に通ることは難しくなってしまいます。

携帯電話の分割払いが出来なくなる

最近のスマートフォンは10万円以上するものが珍しくなくなってきましたが、10万円以上の端末を分割で支払う場合には「分割審査(丁寧審査)」が行われることになります。

その際に信用情報を確認されるので金融事故を起こした情報があると分割での購入はできなくなりますが、一括での支払いであれば審査は行われないので購入可能です。

またスマートフォンが10万円しなくても一緒にSDカードなどの付属品も一緒に分割支払いにして10万円を超えてしまうと審査の対象になってしまいます。

なので審査が心配な場合は付属品は別で購入するか、付属品を一緒に買わなくても購入できるお店を探すようにしましょう。

住宅ローンや自動車ローンに通らなくなる

カードローンと同様のローン商品である住宅ローンや自動車ローンは当然利用できなくなります。

というのも住宅や自動車はカードローンよりも大きな金額を利用することになるローンなのでより小さな金額のローンを返済できない人には融資することは出来ないと判断されるでしょう。

賃貸住宅の連帯保証人不要プランを利用できない

部屋を借りる時には連帯保証人が必要になりますが、最近ではその連帯保証人が不要のプランが存在します。

なぜそのような事が出来るかと言うと、信用情報を利用することで返済能力を見極めることが出来るからです。

なので新天地で保証人になってもらえる人がいないという場合には便利ですが、金融事故を起こしている場合はこのプランは利用できないでしょう。

スポンサードリンク

まとめ

以上が金融事故とはどんな事なのかや、金融事故を起こすことで影響のあるものなどについての紹介でした。

金融事故はいきなり自己破産になることはなく、最初は返済の延滞から始まり、代位弁済、債務整理と段階が上がっていく事になります。

なので最初の一歩である延滞を起こさなければ自己破産という最悪のケースまで行くことはありません。

その延滞を起こさないようにするには自分の収入に見合った借入れと毎月の返済を行っていくことがシンプルですが一番重要なポイントになると思います。

最近では信用情報の重要度が増して色々なものに対して利用されているので、カードローンやクレジットカードだけの問題ではなくなってきているので、今まで以上に金融事故を起こさないように注意しながら利用していく必要があります。