カードローン契約条件にある保証会社とは?…利用者の返済能力を審査する重要な役目を持つ

保証会社

銀行のカードローンを利用する為の条件にはいくつかの条件があり、そのほとんどがどの銀行でも共通したような内容になっています。

その中を見てみると見てみると「保証会社の保証を受けられる事」という条件もほとんどの銀行の条件の中でみることができます。

今までの記事の中でも何度か話の中にでてきた保証会社ですが、一体どういうものなのかご存知でしょうか?この保証会社を通してローン関係は審査を通している事になるんですよ。

今回はそんな保証会社について紹介していきます。

スポンサードリンク

保証会社とは?

銀行のカードローンを契約する際の条件の項目などに、必ずと言ってもいいほどの割合で書いてあるのが「保証会社の保証を受けられる方」という項目があります。

この保険会社がどんな会社かと言うと、カードローンに申込者の返済能力を見極めて契約しても大丈夫か審査を行う会社のことです。

御存知の通りカードローンには審査がありますが、銀行は元々個人にお金を貸すという業務をあまりやってこなかったので申込者を審査するのは実は得意ではありません。

しかし審査をしっかりと行わないと必ず返済が出来ない利用者が出てき、貸したお金を回収することができない「貸倒れ」という状況になってしまいます。

貸倒れを防ぐために銀行から委託を受けて審査の代行を行っているのが保証会社です。

保証会社は銀行の代わりに審査を行うだけでなく、お金を貸しても大丈夫と保証した利用者が銀行から借りたお金を返せない状況になった場合に、利用者返済できなくなった金額を銀行に一括で支払って(代位弁済)お金を回収する権利(債権)を銀行から買い取るという役割もあります。

銀行と保証会社は持ちつ持たれつの関係

これでは銀行は全く損をする事はなく、保証会社が一方的に損をしているように見えますが、実は保証会社は審査を請け負う際に銀行から多くの手数料を貰っています。

銀行にはカードローンだけでなく、住宅ローンや自動車ローンなどの多くのローン商品がありそれぞれから手数料を貰っています。

消費者金融はスコアリングシステムなど採用して素早い審査を得意としているので、多くの案件に対応することができます。

銀行の案件に対しても素早く審査を行うことが出来るので、得意な審査を行うだけで多くの手数料を貰うことが出来るので、多少の代位弁済をした所でトータルでみると大した額ではなくなります。

このように、銀行は貸倒れのリスクはなくなりますし、保証会社は得意の審査を行うことで多くの手数料を入手できるので、お互いにWIN-WINの関係と言えます。

代位弁済が行われたらどうなる?

銀行への返済が長期で滞納した場合は保証会社が銀行へ利用者が返済できない全額を一括で銀行へ支払ってくれるので銀行への支払い義務はなくなります。

ですがそれで利用者はもうお金を返済しなくてもいいかと言うと、もちろんそんな事はなく返済先が銀行から代位弁済を行った保証会社へ変わります。

というのも先程も少し触れたように、代位弁済とは返済を受ける権利(債権)が銀行から保証会社へ移っただけなので、利用者の返済義務が無くなるわけではありません。

さらに保証会社への返済方法は今までの銀行への分割払いではなく原則的に一括払いで請求されてきます。

それでも支払うことがなかった場合は裁判所から請求が送られてき、強制執行が行われる可能性もあります。

返済するのが到底無理な場合は債務整理などを早めに行って返済額を減額してもらうようにしましょう。

保証会社はどんな会社が行っている?

この保証会社はアコムやプロミスのような消費者金融や、オリックスなど信販会社が行っています。

消費者金融は以前からカードローンを取り扱っていますし、信販会社はクレジットカードでの審査を行ってきているので、どちらも審査を得意にしているので、そのノウハウを銀行にも提供しています。

なぜこのような形になったかというと、消費者金融は以前までは保証会社などの業務はしていませんでしたが、2010年に施行された改正貸金業法でグレーゾーン金利の廃止や総量規制の導入に加え、過払い金請求などの出来事が発生しました。

これは消費者金融にとっては致命的なダメージとなり自力経営が厳しくなり、新たな収入源を求めていた銀行が個人向けカードローンを行うために消費者金融を続々と傘下に入れたり子会社化していきました。

このように消費者金融は銀行の傘下に入ることで自社で貸金業を行いながら、銀行の保証会社としても機能しており、銀行としても審査を任せることの出来る保証会社を手に入れることができたので銀行カードローン商品を展開していくことになります。

スポンサードリンク

保証会社の審査について

銀行のカードローンで行われる保証会社の審査は消費者金融系である保証会社が行うのに、銀行の審査は厳しいと言われるのはなでしょうか?

保証会社は自社の消費者金融のカードローンと審査方法は基本的に同じですが、保証会社として行う場合は利用者が返済を滞納などをした場合、銀行に代位弁済を行わないといけないリスクがあるからです。

代位弁済は利用者の返済できなかった金額全てを立て替えて支払うことになり、もちろん保証会社としても利用者からの回収を行いますが100%全額回収できるわけではありません。

なので銀行から手数料を貰っているとは言え、そのようなリスクに備えて銀行カードローンの審査を行う場合は、自社のカードローンよりもより基準の厳しい審査をおこなっています。

ですが自社の消費者金融カードローンよりも飛び抜けて厳しいという訳ではなく、審査の当落線上にある場合は審査に通らない場合があるかもしれませんが、消費者金融が行っている審査と基本的には変わりません。

なので銀行の審査に通ることができなかった後に消費者金融のカードローンを作ろうとした場合に、銀行の保証会社とこれから申し込む予定の消費者金融が同じ場合は、同じ結果になる可能性があるので別の消費者金融を選んだほうが無難かもしれません。

同じような理由で以前に金融事故を起こした事のある消費者金融の場合は、信用情報から記録が消えていたとしても、事故を起こした会社内には記録は残り続けるので保証会社になっている銀行でも審査に通ることが出来ないので覚えておきましょう。

保証会社が2つある場合もある

ほとんどの場合保証会社は銀行につき1社ですが、中にはオリックス銀行カードローンのように保証会社が2社ある銀行もあります。

その場合は保証会社2社全てで審査を通過しないといけないように感じてしまいますがそうではなく、2社の内のどちらかの審査を通ればいいので保証会社1社のカードローンよりも審査に通りやすいと言えるかもしれません。

銀行も消費者金融からいくら借りているか把握できる

銀行は所属している信用情報機関がJBAのみであることが多く、消費者金融や信販会社が所属するCICやJICCとは違うので、銀行だけでは申込者が消費者金融からいくら借りているか把握することはできません。

ですがCICやJICCに所属する保証会社が審査を行うことで、申込者が消費者金融からいくら借りているかも把握することが可能となっています。

なぜ銀行が消費者金融からいくら借りているかを気にする必要があるかと言うと、最近では銀行の自主規制として総量規制と同等の「年収の1/3までしか融資しない」という規制を行っているので消費者金融からいくら借りているかというのを把握するのも重要となっています。

なので銀行にとって保証会社は審査を行ってもらうだけでなく、そのような情報を得るためにも重要な存在となっています。

スポンサードリンク

まとめ

以上が保証会社についてのまとめでした。

普通にカードローンを利用する際にはそれほど保証会社の事まで気にする必要はありませんが、審査に必ず通りたい場合は紹介してきたようなことに注意しながら利用する消費者金融や銀行を決めるとより確率が上がっていきます。

アコムやプロミスは保証会社になっているので、金融事故などを起こすとアコムやプロミスだけでなく、保証会社として入っている銀行でのカードローンの契約も出来なくなるので、利用している場合は延滞などは起こさないように細心の注意を払って利用していきましょう。