自動契約機(無人契約機)とは?誰にも会わずに即日契約が出来てお金の引き出しまで可能な便利なもの

atm

カードローンを契約する際には、出来れば誰とも顔を合わせずに契約することが出来ると嬉しいですよね。

実は自動契約機を利用すると誰とも顔を合わせること無くカードローンの契約を行うことが出来ます。

インターネットから契約する場合と違って、自動契約機がある場所へ出向かなければいけないので若干の手間はありますが誰とも合わずに契約出来ることは大きいですし、わからない時はサポートを受けることも可能になっています。

今回はそんな自動契約機について紹介していきます。

スポンサードリンク

自動契約機とは

自動契約機とは誰とも会うこと無くカードローンの契約を行うことが出来る契約機です。

以前は無人契約機という名称でも呼ばれていましたが、その名称では機械が審査を行っているという誤解を招いたりするなどの理由で現在では自動契約機という呼び方が一般的です。

通常であればカードローンを契約する際には、インターネットでの申し込みや、窓口での契約が必要になりますが、インターネットではやり方がイマイチわからなくて不安であったり、窓口では人と顔を合わせるのに抵抗があるという場合には自動契約機を利用すると良いでしょう。

誰とも顔を合わせる事なく契約を行いたい場合は、今ではほとんどの金融会社でインターネットでの契約が行えるようになっていますが、インターネットでの契約ではわからない所を直接聞く事が難しいです。

一部の金融会社ではホームページからリアルタイムチャットで質問することができますが、やはり話しながらの方が分かりやすい面もあります。

その点では自動契約機に行けば誰とも会う必要がない上に、中には電話が置いてあるのでわからない場合にはオペレーターの方に聞きながら契約を行うことも可能となっています。

なので自動契約機とは窓口とインターネットの中間という位置付けになる契約方法と言っていいかもしれません。

自動契約機では即日ローンカードを受け取れるメリットもある

インターネットでカードローンの契約を行った場合にはATMなどでお金を借りる時に必要なローンカードはどうしても契約完了後に郵送という形になってしまうので、受け取るまでに数日の間が空いてしまう事になります。

ですが自動契約機では審査も30分程度で終了し、契約完了したら自動契約機からローンカードを受け取ることができるので、即日受け取ることが可能となっています。

さらに自動契約機にはATMが併設されている事が多いので、ローンカードを受け取ったその場で現金を引き出すことも出来るようになっています。

自動契約機の場合は大体の場合が9:00~22:00までが営業時間となっていますが、審査可能な時間帯は20時~21時程度までとなっているので、それまでの時間内であれば即日でローンカードを受け取ることが可能です。

各社の自動契約機

自動契約機の元祖はアコムの「むじんくん」だったので自動契約機といえば消費者金融というイメージがありますが、現在では一部の銀行でも自動契約機を設置しているところもあります。

  • アコム「むじんくん」
    営業時間:8:00~22:00
  • アイフル「てまいらず」
    営業時間:8:00~22:00
  • プロミス「自動契約機」
    営業時間:9:00~22:00
  • 新生銀行「自動契約機」
    平日・土曜営業時間:8:00~24:00
    日曜・祝日:8:00~22:00
    毎月第三日曜:8:00~19:00
  • 三菱東京UFJ銀行「テレビ窓口」
    平日営業時間:9:00~20:00
    土曜・祝日:10:00~18:00
    日曜:10:00~17:00
  • 三井住友銀行「ローン契約機」
    営業時間:9:00~21:00

各会社毎に愛称があったりなかったりとしていますが、このような金融会社が自動契約機を設置していて、営業時間も以上のようになっています。

営業時間に関しては、やはり消費者金融の「アコム」「アイフル」「プロミス」は元日などを除いた場合には週末や祝日など関係なく営業時間が変わらず夜遅くまで営業しているので、急な場合でも対応することができます。

銀行の中では新生銀行が週末や祝日の営業時間は短くなってしまいますが、平日の営業時間が最も長くなっているので、平日と土曜日なら余裕を持って利用することができます。

また三井住友銀行のローン契約機は営業時間は新生銀行ほど長くありませんが、銀行で唯一毎日変わらない営業時間で営業してるので、曜日によって利用する時間などを考えなくてもいいので分かりやすくなっています。

以前は銀行でも消費者金融同様に自動契約機を利用することでその場で審査結果が分かり、ローンカードも受け取ることが出来るので即日融資が可能となっていましたが、2018年1月から銀行カードローンの即日融資は不可能となっています。

というのも銀行の過剰融資なども問題になっていますし、反社会的勢力(暴力団)などにお金を借す事のないようにより一層のチェックを行うために審査に時間がかかるようになり審査結果が分かるのが最短でも申し込みの翌日以降となりました。

銀行の自動契約機で申し込めば今まで通り即日でローンカードを受け取ることは出来ますが、審査結果が分かる翌営業日以降までは利用することができないので注意が必要です。

審査時間は長くなりましたが基本的には暴力団に資金を流さないための措置なので、反社会的勢力に関わっていない人にとっては審査が厳しくなったという訳ではないので安心してください。

自動契約機を基準にカードローンを選ぶ人も少ないと思いますが、自分の利用しているカードローン会社が自動契約機を持っている場合は営業時間は把握していると急なときにでも対応することができます。

自動契約機ならば年末年始にも利用できる

年末年始になると銀行が休みなるので、口座に借りたお金を振り込んでおくことなどが出来なくなるために、お金を借りる場合には現金で受け取る必要がありますが、銀行では混んでいたりコンビニでは手数料がかかたったりする場合があります。

そんな時でも自動契約機は一部の自動契約機は元日(1月1日)のみ休みの場合はありますが、基本的に休まずに営業していることが多いので、利用する事で現金を借りることが可能となっています。

スポンサードリンク

自動契約機での契約方法

自動契約機で契約するにはいくつかの方法があり、いずれかの方法を選択する必要がありますが、最終的には自動契約機のある場所まで行って契約完了となります。

ホームページから申し込んでおく

おそらくこの方法が最も素早く契約を行うことが出来る方法で、まずホームページからカードローンの申し込みを行い、契約方法を自動契約機にしておきます。

申し込み後に審査の結果のメールか電話があるので、審査を通過していたら必要書類を持って自動契約機へ向かい個人情報などを登録やカードローンの説明などを受けてローンカードを受け取るという流れになります。

電話で申し込む

電話で申し込む事も可能で、この場合は記入する代わりにオペレーターの方からいろいろな質問をされるのでそれに答えていく事になり、この時にローンカードの受取方法も聞かれると思うので、自動契約機で受け取ると伝えておきましょう。

その後審査結果の通知がメールか電話で行われるので、審査を通過していたらあとはホームページから申し込んだ場合と同様に、必要書類を持って自動契約機のある場所に向かいローンカードを受け取ります。

自動契約機で全てを済ます

今までの方法は事前にインターネットや電話で申し込んでおく方法でした。いきなり自動契約機に行って契約をする事も可能ですが、必要書類は持っていく必要があります。

この場合自動契約機に入力する項目が他の2つよりも多くなるので手間が若干増える事になります。

必要情報を入力したら審査結果を待ち、審査を通過していたら後は示された手順で必要情報の入力や説明を受けた後にローンカードが発行されます。

契約に必要なもの

自動契約機では書類をスキャナーのような機械で読み取らせる事で、郵送する手間を省いて素早く審査をしてもらうことが出来るようになっているので、絶対に必要書類は忘れないようにしましょう。

その必要書類と言うのは通常のカードローンと違いはありません。

本人確認書類
運転免許証
パスポート
健康保険+住民票
マイナンバーカード(顔写真入り)
収入証明書
源泉徴収票
確定申告

などの書類が必要となり、収入証明書は50万円以上のお金を借りる場合か他の金融会社も含めて借りている金額が100万円を超える場合に必要となるので、その条件に当てはまらない場合は収入証明書は必要ありません。

基本的には全て最新のものを用意するようにし、認められなかった場合はもう一度書類を用意して自動契約機へ改めて行かないといけなくなり、手間がかかるので確実なものを用意するようにしましょう。

まとめ

以上が自動契約機についての紹介でした。

自動契約機と言うのは街中などで見かけることもあると思いますが、あまり馴染みのないものなので近寄りがたい所もあると思いますが、営業時間も比較的長めで便利に利用することができる施設になっているので、すぐにお金を借りたいという場合でも対応することができます。

なので自動契約機がどういうものかを知っておき、誰にも会わずに契約しったり今日中に現金を受け取りたいという場合などに役立てて利用していきましょう。