ネット銀行とは?特徴とカードローンの解説まとめ…スマホだけで可能な便利なサービス

ネット銀行

最近CMなどでも聞くようになってきたネット銀行ですが、言葉は聞いたことがあっても実際にどんな特徴があるかはよくわからないという方もいると思います。

ネット銀行を理解することで、カードローンだけではなく、いつものショッピングなどでもお得に使うこともできるので、覚えておいて損はありません。

なので、ネット銀行はどんな銀行なのか、カードローンにはどんな特徴があるのかなどを解説していきます。

スポンサードリンク

ネット銀行とは

ネット銀行とは実際に土地を借りてそこで営業する普通の銀行とは違い、実店舗を持たずにインターネット上で運営されている銀行の事を言います。

代表的なネット銀行としては

  • 住信SBIネット銀行
  • ジャパンネット銀行
  • 楽天銀行
  • イオン銀行
  • セブン銀行
  • オリックス銀行

などのネット銀行があり、イオンやセブン・イレブンや楽天など日頃よく目にする会社や、住信SBIネット銀行は三井住友信託銀行、ジャパンネット銀行は三井住友銀行などが携わっており、大企業もネット銀行を持っています。

ネット銀行の特徴

ネット銀行の特徴としてはやはり実際の店舗を構えていないので、ほとんど全てのことをインターネット上で行うことが出来る手軽さと、同じように店舗がないことで抑えることが出来るコストを使ったサービスなどがあります。

ネット銀行でできること

ネット銀行は基本的に店舗がないので、ほとんどのことをインターネット上で手軽に行うことが出来る大きな特徴があります。

  • 残高照会・明細照会
  • 振込や料金支払
  • 金融商品の利用
  • 口座開設

以上のような事などをインターネット上で行うことができます。

振込や残高照会などは普通の銀行でもアプリをダウンロードすると行えるようになってきていますが、銀行口座を開設する為には平日の昼に銀行窓口まで行って開設する必要があります。

ネット銀行なら口座開設の申込みは24時間いつでも行うことができ、必要書類もアプリなどを使えば郵送などの必要がないので楽に口座を開設することが出来るのでとても便利です。

これらのほとんどをインターネット上でできるので、家から一歩も出なくても出来ますし、スマートフォンがあれば、出先の空いた時間などにも銀行を利用することが出来るということなので、常に銀行が自分の側にあるという時代になってきました。

流石に現金を引き出すにはATMなどを利用する必要がありますが、ネット銀行にはセブン・イレブンのセブン銀行やイオンのイオン銀行など、身の回りに多い企業があるので、身近なATMを利用できる可能性が高いです。

そのほかにも提携の銀行ATMも多くありますし、郵便局と提携している会社もあるので、近くに引き出す場所がないという事はそうそうないと思います。

手数料や預金金利が優れている

先程紹介した通り、ネット銀行は基本的に店舗を持たない銀行なので、通常の銀行に必要な人件費や、店舗の土地代、電気代や維持費などを必要としないので、その浮いたお金をサービスに回すことができます。

なので、お金を預けておいた際に発生する預金金利が他の銀行よりも若干高く設定されていたり、お金を振り込んだりする際に必要になる手数料を無料にしている所が多くなっています。

具体的に紹介すると、同じ銀行の口座に振り込む場合は無料というのは、銀行でも多くありますが、別銀行の口座へお金を振り込もうとした場合には、3万円以下でも約400円、3万円以上になると約600円以上の手数料が必要になることもあります。

ネット銀行の場合は他の銀行への振込でも一番高いところでも270円程なので、銀行の約半分ほどに抑えることができるのでとてもお得です。

デビットカードを扱っている所が多い

ネット銀行の多くはカードローン商品も扱っていますが、デビットカードも扱っている銀行が多いです。

デビットカードとはクレジットカードと同じようにショッピングなどに使用することが出来るカードですが、クレジットカードのように月末にまとめて請求が来るのではなく、デビットカードを使用してショッピングをする毎に登録しておいた口座から現金が引き落とされます。

なので、現金に近い使い方ができるのがデビットカードです。

デビットカードはたくさんの種類がありますが、ネット銀行のデビットカードを使うと様々な特典があります。

ネット銀行は会社と提携している事が多く、デビットカードを使用するとその会社のポイントなどを獲得することが出来ます。

ジャパンネット銀行
ヤフオクでジャパンネット銀行の発行するデビットカードを使用するとTポイントを獲得できる
楽天銀行
楽天デビットカードを使用すると楽天スーパーポイントが加算される
イオン銀行
イオングループの対象店舗で利用するとときめきポイントが2倍になる
セブン銀行
利用する店舗に応じて利用額の0.5%~1.5%のnanacoポイントが加算される

このような特典があるので、自分のよく利用する店などがある場合はそのネット銀行のデビットカードを利用するとお得に利用することができます。

スポンサードリンク

ネット銀行(ネットバンク)とネットバンキングの違い

ネット銀行特徴などを紹介してきましたが、ネット銀行と似た言葉としてネットバンクやネットバンキングという言葉を聞いたことは無いでしょうか?

カードローンに関する用語の中には似たような言葉が多くあるので混乱しやすいですが、この言葉もとてもややこしいですね。

似たような言葉の中には単語が違っても意味は同じというものもありますが、今回の単語には違いがあるので把握しておきましょう。

ネット銀行(ネットバンク)
ネット銀行とネットバンクに関してはどちらも同じ意味で、店舗がないインターネット上にある銀行の事をネット銀行またはネットバンクと言います。
ネットバンキング
ネットバンキングとは、みずほ銀行や三菱東京UFJ銀行などのいわゆる普通の銀行が提供しているインターネットサービスの事です。

利用している銀行のホームページからや、アプリをダウンロードするなどするとネット銀行のように振込などを行うことが出来るようになります。

このような違いがあるので、ネット銀行(ネットバンク)は銀行の種類、ネットバンキングは銀行のサービスという事になるので覚えておきましょう。

ネット銀行の注意点

手軽に使えてあまり悪い所が少ないネット銀行ですが、PCの使い方やスマートフォンを使うのが得意ではない方は、分からなくなった時に電話などで確認することは出来ますが、人と面と向かって話すよりは説明することが難しく分かりにくくなってしまうの事があります。

なのでわからないことは窓口などで面と向かって説明を聞きたいという方にとっては注意した方がいい点となっています。

またスマホやPCの場合はウィルスに感染することがあり、そのウイルスから銀行の暗証番号などを抜き取られて不正利用などをされてしまう事もあるので、しっかりとウィルス対策のソフトを入れるなどしてウィルスに感染しない対策が必要となります。

スポンサードリンク

ネット銀行カードローンの特徴

ネット銀行にもお金を借りることの出来るカードローン商品があるので、ネット銀行のカードローンの特徴について紹介していきます。

以前の記事で銀行系のカードローンと消費者金融系のカードローンの違いについて紹介しましたが、ネット銀行のカードローンはどちらにも似ていて両方のいいとこ取りをしたようなカードローンの特徴になっています。

銀行系と消費者金融系のカードローンの違いについてはこちらを参考にして下さい。

ネット銀行カードローンは総量規対象外

ネット銀行はインターネット上だけの銀行ですが、ほとんどは大企業のグループ会社であったり、共同出資をして設立された銀行なので、しっかりと国からの認可を貰っての銀行業務を行っているのでネット銀行は銀行法が適用されます。

なので、総量規制とは関係なく年収1/3を超えたお金を借りる事もできます。

※2017年9月現在では銀行は過剰融資防止を理由に総量規制同等の規制などを自主的に行っており、ネット銀行にも影響がある可能性もあるので、今後も銀行のカードローンには変化がある可能性があります。

利用限度額が高い

銀行カードローンは消費者金融のカードローンと比べても比較的利用限度額が高めに設定されている事が多いですが、都市銀行や地方銀行の中でも高かったりそうでもなかったりとバラつきがあります。

ですがネット銀行のカードローンでは利用限度額が800万円以上の物が多く安定して高い利用限度額に設定されているものがほとんどです。

またカードローンの中で最も高い利用限度額は1200万円ですが、それを提供しているカードローンもネット銀行であるMr.カードローンとなっています。

このように利用限度額の高いカードローンが揃っているので、利用限度額の高いカードローンを探している方はネット銀行を検討してみるのもあいいかもしれません。

無金利などのサービスがある

上記したようにネット銀行は銀行法が適用されるので、銀行と同じように無金利などのサービスは無いかと思ってしまいますが、ネット銀行には消費者金融系のカードローンのような30日間無利息などのサービスを行っているネット銀行もあります。

金利が銀行並に低い

無金利期間などのサービスを行っているのなら、消費者金融系のカードローンのように金利は約4%~18%程度の高めに設定されていそうなものですが、ネット銀行の中には銀行並みの金利で貸してくれる所も多いです。

例えば

  • 楽天スーパーローン 1.9%~14.5%
  • イオン銀行カードローン 3.8%~13.8%
  • オリックス銀行 1.7%~17.8%
  • 住信SBIネット銀行 0.99%~14.79%

このように銀行並みの低さですし、下限金利が低かったり、上限金利が低かったりと様々なタイプのカードローンがあるのもネット銀行カードローンの特徴です。

また、ネット銀行では同じ銀行の口座を開設しているとさらに金利が下がることもあるので、より低い金利で利用することも可能かもしれません。

ですが全てのネット銀行が金利が低いという訳ではなく、中には上限金利が年18%程度の消費者金融カードローンに近い金利になっているネット銀行カードローンもあるので注意が必要です。

通帳を発行しないネット銀行もある

通常の店舗型の銀行では口座を開設すると必ず通帳とキャッシュカードが発行されますが、ネット銀行ではキャッシュカードのみで通帳を発行しない銀行もあります。

今までは通帳に記帳することで取引履歴などを確認していましたが、ネット銀行では全てインターネット上に記録されているのでわざわざ店頭で記帳を行う事なく、家にいながらインターネットを利用して取引履歴などを確認することができるようになっています

通帳を発行しないメリットとしてはいつでもインターネットを使って確認できる事や、通帳を無くしたりしてしまうこともないですし、記帳するスペースがなくなって再発行してもらうという手間もかかりません。

さらにできるだけ誰にも知られずに利用していきたいという方がほとんどのカードローンですが、通帳があると口座引落しで返済を行っていると記帳などを行った場合に記録が残ってしまうので、通帳を見られてしまうと履歴からカードローンの利用がバレてしまうことがあります。

ネット銀行で通帳が発行されない場合はそのようなリスクもないので、誰にも知られずに利用したい方にもおすすめできるものとなっています。

ただしネット銀行の場合記録を確認できる期間が決まっている場合がありますし、紙として残しておいた方が安心という方は、少し手間はかかってしまいますが取引履歴を印刷して保管しておくと良いでしょう。

即日借入れは不可能に

銀行系のカードローンでは審査が厳しく時間がかかるケースがありますが、ネット銀行のカードローンでは比較的早く借入れをすることができるので、2018年1月以前であれば即日融資も可能でした。

ですが現在では銀行の審査がより厳しくなり以下で紹介するような理由でネット銀行を含めた銀行カードローンの即日融資が不可能となっています。

即日融資は不可能に

銀行カードローンでは一部の規模の大きめな銀行でWEB完結を可能にしている銀行があり、その中には申し込んだその日の内にお金を借りることが出来る即日融資に対応していたカードローンも少なくありませんでした。

即日融資に対応していたカードローンの多くがWEB完結に対応していて、申し込みがインターネットからなので素早く申し込みから契約までを行うことができるので即日でお金を借りる事が出来るカードローンもありましたが、現在では都市銀行や地方銀行やだけでなくネット銀行を含めた銀行カードローンの即日融資は不可能となっています。

というのも2018年1月から審査が厳しくなり反社会的勢力への融資を防ぐ為に申込者が反社会的勢力に属していないか1度警察のデータベースと照らし合わせる必要ができました。

その参照は銀行自体ができる訳ではなく警察に頼んで行ってもらうので時間が掛かり今までのように申し込んだその日の内に審査結果が出るというスピードを出すことが出来なくなったからです。

なので情報が少し古めの記事などでは銀行系のカードローンで即日融資可能となっていることもありますが、今現在では全ての銀行では即日融資は不可能と考えてもらっても問題ありません。

ですが即日融資が不可能なのは銀行のカードローンだけで、消費者金融のカードローンは今まで通りに即日融資が可能となっているます。

なのでどうしても即日融資を行いたいという場合は消費者金融カードローンを選ぶといいでしょう。

ネット銀行のデメリット

紹介してきたようにわざわざ店舗やコンビニまで行かずに銀行の機能を利用することが可能であったりメリットばかりのネット銀行ではありますが、デメリットが存在しないわけではありません。

ネット銀行のデメリットも知っておき、デメリットが発生する場合でも知識として知っていれば焦ることなく対処することが出来るはずです。

障害やメンテナンスで利用できないことも

ネット銀行はインターネット上で処理などを行われるので、利用するにはカードローン会社のインターネットサービスが問題なく動いている事が大前提となります。

基本的には24時間サービスは提供されていますが、サービスが停止される場合もあり、その理由は障害とメンテナンスです。

障害はなんらかの問題がカードローン会社で起き、一時的に復旧するまでネット銀行としての機能を利用できなくなります。

この障害はトラブルなので事前の告知などは不可能なため利用しようとしたら障害が出ていて利用できなかったという可能性も否定できません。

もちろんそのような事がないように日々チェックなどは行われているので頻繁に起こるわけではありませんが、利用したい時に利用できないのはデメリットと言えるでしょう。

またメンテナンスは障害と同様にネット銀行を利用できなくなりますが、この場合は事前に決まっていたシステムのチェックなので、銀行のホームページやダイレクトメール、テレビなどでの事前告知がされています。

なのである程度アンテナを張っていれば事前にメンテナンス期間について知ることが出来るので、メンテナンス期間中に利用する可能性がある場合は事前に用事を済ませておけばメンテナンス中に利用できなくて焦るようなことがなくなるでしょう。

ちなみにATMなどは年末年始など利用できない期間がありますが、ネット銀行の場合は一部機能が制限されてしまいますが、他の銀行への振込など意外であれば通常通りに利用することが出来る場合が多いです。

スマホやPCが苦手な人にとっては難しい

ネット銀行はいつでもどこでも利用できて便利ではありますが、利用にはスマートフォンやパソコンの利用が不可欠となっています。

今ではスマートフォンやパソコンを利用していて当然のようになっていますが、今までそのようなものを利用する機会がなかった方からするとハードルが高くなってしまっている所もあると思います。

そのような方がネット銀行を利用しようとした場合には、スマートフォンかパソコンを用意するところから始めて、操作方法も覚えていく必要もあるので進んで利用したいとは思いにくいでしょう。

なのでスマートフォンやパソコンが苦手な人にとってみればこれは大きなデメリットになり得ます。

まとめ

ネット銀行はスマートフォンやPCでどこでも好きな時に利用できる便利な銀行というだけでなく、カードローンとしての内容もとても優秀です。

ネット銀行のカードローンの特徴をまとめてみると、

  • 総量規制の対象外
  • 無利息などのサービスがある
  • 金利が低め
  • 通帳無しで利用可能
  • 条件が揃えば即日借入れ可能

という特徴があり、銀行系のカードローンと消費者金融系のカードローンの良い所を合わせたような商品になっています。

ネット銀行は普通の銀行とは違うので口座を作ったり本格的に利用するのは少しためらいもあると思いますが、カードローンを利用しないにしても興味がある方は思い切って口座を作ってみてはいかがでしょうか。