当座貸越とはどんな意味?…カードローンでも採用されている融資方法

銀行

カードローンの商品概要や商品内容を見ている際や、銀行口座を開設する際などに当座や当座貸越という単語を見かけることがあると思いますが、あまり聞き慣れた単語ではありません。

当座貸越とはカードローンに採用されている融資方法で細かく見ると「一般当座貸越」と「専用当座貸越」の2種類の当座貸越が存在します。

今回は「当座貸越」についてと、この2つの意味の違いを紹介していきます。

スポンサードリンク

当座とは

当座貸越について紹介する前に、そもそも当座貸越の「当座」という意味はどのような意味があるのでしょうか?

ここで言う当座とは「当座預金」の略で、当座預金とは企業などが小切手や手形の支払いを行うための口座の事を言います。

企業向けの当座がなぜ個人向けローンのカードローンでも使われるかと言うと、カードローンも当座貸越の一種とされているからです。

当座貸越とは

当座貸越は設定された金額の中で自由にお金を借りる事が出来る融資方法でカードローンにとても良く似た特長を持っています。

それも当然で当座貸越はカードローンと兄弟のような関係にある融資方法なのです。ただ似ている部分もありますが、当然異なる部分も存在します。

その当座貸越とカードローンの違いこそが「一般当座貸越」と「専用当座貸越」の違いにもなってくるので、次はそちらについてまとめて紹介してきます。

一般当座貸越

一般当座貸越とは当座預金で小切手や手形の支払いを行っている際に口座残高が不足して支払いが出来なくなった時に、限度額内で自動的に融資して支払いが可能にすることができるようになる融資方法です。

これは企業が利用する時だけでなくカードローンでも採用されていて、自分の使っている口座から公共料金や税金などが引き落とされる際に口座残高が足りなかった場合に自動で不足分の融資をしてくれます。

お気付きの方もいると思いますが、カードローンで言うところの自動融資が一般当座貸越という事になります。

ただし自動融資といっても1種類ではなく「カードローン貸付」と「定期預金担保貸付」の2種類が存在するので利用する時には見極めが必要です。

カードローン貸付
自動融資を行った場合に補填した金額はカードローンの借入額に上乗せされる事になるので、カードローンの利用限度額に空きがあれば誰でも利用可能。
定期預金担保貸付
総合口座の定期預金などを担保にして融資を行うので定期預金などを行っていない場合は利用できない。

最近ではほとんどがカードローン貸付になってきていますが、定期預金担保貸付を採用している場合は利用条件に総合口座を持っていなければいけないなどの条件があるので、そこをチェックして見極めるようにしましょう。

この自動融資は基本的にカードローンを提供している銀行の口座が必要になるので、口座を持っていない消費者金融はこのサービスを行うことができないので、銀行特有のサービスとなっています。

専用当座貸越

専用当座貸越とは審査を行って融資先に対して利用することが出来る金額を設定し、その金額の中で借入れと返済を繰り返していくことが出来る融資方法です。

これはまさにカードローンに採用されている融資方法で、詳しい方にとってはお馴染みとも言えるカードローンの特長と言えます。

メリットとしてはやはり、限度額内であれば何度でも審査無しで借りることが可能で、大きな状況が変化しない限り長く使っていくことが出来るという点が上げられます。

専用当座貸越と言われると堅苦しくて分かり難いですが、カードローンの特長と同じと覚えておくと忘れにくいでしょう。

スポンサードリンク

まとめ

以上が当座貸越についての紹介でした。

当座貸越と言われると馴染みがありませんが、カードローンや自動融資と言われると意味を理解しやすいと思います。

言葉は難しいですが、カードローンとして利用する場合には内容的はそれほど難しいものではないので、当座貸越という単語が出てきたら大体が自動融資に関する項目だと考えて問題ないでしょう。

その時に専用当座貸越というのもあってこんな意味だったなと分かっておくだけでもカードローンに対しての理解度がより深くなると思います。