ビジネスローンとは?事業用資金を調達する際に使う借金制度…メリットとデメリットまとめ

ビジネスローン

事業資金として資金を借りようと思った場合には、基本的にカードローンやフリーローンを利用することは出来ません。

カードローンやフリーローンは基本的に使途が自由ですが、数少ない利用できない事例の1つとして「事業資金としての使用」があり、事業資金としては資金を借りることは出来なくなっています。

少額程度ならばカードローンから借りたお金を事業資金として使ったとしてもバレる事はまずないでしょうが、バレた場合には強制解約となり借りているお金を一括の返済を求められる事があります。

さらに信用情報に記載されたり、利用されていた金融会社のカードローンなどを二度と利用できなくなるという事態になる事も考えられるので、非常にリスクの大きい行為です。

どうしても急ぎでお金が必要だという中小企業の方に向けたローンが「ビジネスローン」で、ビジネスローンにもカードローンと同じように銀行と消費者金融などのノンバンクが提供する商品の2種類が存在します。

スポンサードリンク

ビジネスローンの特徴

  • 無担保・保証人不要で借りられる
  • 審査スピードが早い
  • 審査に通りやすい
  • 総量規制の対象外

銀行とノンバンクのビジネスローンの共通している特徴としては、無担保、保証人不要で通常のカードローンよりも高めの金利に設定されています。

さらに審査は比較的通りやすいと言われており、審査スピードもかなり迅速に行われ、遅くても2~3日、早ければ即日融資も可能なほどです。

また返済期間が指定されているビジネスローンも多く存在します。

お金を借りる時に心配になるのが総量規制ですが、事業資金として利用する場合は基本的に総量規制の対象外になるので、年収の1/3を超える額であっても利用可能になります。

銀行のビジネスローン

銀行のビジネスローンには以下のような特徴があります。

  • 金利が低い
  • 融資額が数千万円~1億以上の場合も

ビジネスローンをいち早く行っていたのは銀行でしたが、当時はカードローンで言う保証会社などはなく、お金を融資して回収できなかった損害は自社で負っていく「プロパー融資」という融資を企業向けに行っていました。

ですが銀行自身が損害を負うリスクがあるので審査は厳しく、結果的にある程度の経営体力のある大きな企業しか審査を通ることが出来ず、中小企業などは審査に通ることが出来ませんでした。

国の方針もあってか、銀行は中小企業向けのローンである「ビジネスローン」の商品を販売していきます。

これはプロパー融資よりも金利を高くし、ハードルを下げて審査にスコアリングシステムなどを導入することで、今まで融資できなかった中小企業に対しても素早く結果を出すことが出来るローンとなりました。

ただし自治体からなる信用保証協会という機関ができ、保証融資というものを始めたので銀行はそちらを優先し始め現在では積極的にはビジネスローンを行っていません。

この信用保証協会と保証融資というものは、企業育成を育成するために融資をしやすくするための期間で、カードローンで言う保証会社と似たような役割を行います。

銀行としては出来るだけリスクを犯したくはないので、保証融資を優先させてしまっている訳です。

ノンバンク系のビジネスローン

ノンバンクのビジネスローンの特徴は以下のようなものがあります。

  • 返済期間が銀行よりも長め
  • 審査が銀行よりもさらに通りやすい
  • 銀行ATMやコンビニATMで返済できる手軽さ
  • カードローンと同じように一度枠を作ると何度でも利用可能な場合も

上記したような状況で銀行はビジネスローンを積極的に販売していかなくなった中で、積極的にビジネスローンを展開しているのが消費者金融や信販会社などのノンバンク系の業者です。

ノンバンクのビジネスローンは銀行よりも金利は高く設定されていますが、銀行でも審査に通りやすいと言われていますが、それよりもさらに審査に通りやすい特徴を持っています。

さらにビジネスローンには返済期限が設けられていることもありますが、ノンバンクであれば返済期限が銀行よりも長めに設定されている事もあるので、時間を掛けて返していくことができるので、負担になりにくい返済ができます。

一部の大手消費者金融では審査を通ることができれば利用限度額が設定され、枠に余裕がある場合は何度でも借入れが出来るカードローンと似たような使い方が出来るという大きな特徴もあります。

返済方法もカードローンと同様に手軽で、銀行やコンビニなどの提携ATMから簡単に返済を行うことが出来るのでとても利便性が高くなっています。

ビジネスローンの審査はカードローンほど詳しく情報を集めるわけではなく、決算書の数字がよければ通ることができ、悪いと通ることが出来ないという単純なものの場合が多いです。

年会費なども無料なので業績が良い時に大手消費者金融のビジネスローンの枠を作っておけば、業績が良くない時でも自由に資金を借りることが出来るので備えておくといつでも利用可能になるので便利です。

一部消費者金融では通常のカードローンを事業資金としての利用も可能

基本的にはカードローンは事業資金としての利用は出来ない事がほとんどで、特に銀行では全てで事業資金としての利用は禁止されています。

その代わりにビジネスローンがあるのですが、全ての消費者金融という訳ではありませんが、アコムやアイフル、プロミスなどの一部の大手消費者金融ではカードローンでも事業資金として利用することが可能になっています。

個人事業主の場合はカードローンを利用する際には総量規制の例外扱いとなり、事業所得の1/3まで借りることができますが、通常のカードローンを事業資金として借りる場合には、ビジネスローンのように総量規制の対象外という訳にはいかないので、大きな金額を借りる事は難しく自分の持っている利用限度内で借りることになります。

ビジネスローンよりも通常のカードローンの方が金利は低めですが、継続的に事業資金として使っていくには向いていないので、一時的に少額が事業資金として必要だという時に臨時的に利用するのに向いていると言えるでしょう。

スポンサードリンク

ビジネスローンのデメリット

ビジネスローンの良い所を紹介してきましたが、ビジネスローンにもデメリットが存在するので紹介していきます。

金利が高い

事業資金としてお金を貸し出す場合には、個人向けのカードローンとは違い総量規制もなく金額が大きくなりがちなので、貸したお金を回収できない「貸倒れ」の際にでる損害も大きな金額になります。

なので貸倒れが起こった際の損害を小さくするために、基本的にビジネスローンの金利はカードローンよりも高く、多くの場合が8%~15%程度の金利となっています。

金利が高い上に返済期間が設定されているので、カードローンのように長く長期間かけての返済をしていく余裕はないので、毎月の返済金額は大きくなり負担も大きくなりがちです。

長期的な運転資金には向かない

上記したようにビジネスローンの金利は高く、返済期限も設定されている場合もあるので、長期的に借りて運転資金にしていくという用途には向いていません。

なのでビジネスローンは、他の融資を受けるまでのつなぎの資金であったり、来月には収入が入るが、今月だけ乗り切りたいという短期的に資金が必要なケースなどに利用するのに適したローンとなっています。

ビジネスローン商品一例

ビジネスローン商品にどのようなものがあるかの一例を紹介しますので参考にしてみて下さい。

三井住友銀行 ビジネスセレクトローン
借入金額返済方法借入期間利率
1億円以内元利均等返済最長7年2.125%~(変動金利の場合)
アイフル ビジネクスト
借入金額返済方法借入期間利率
50万円~1000万円元利均等返済
元金一括返済
元利均等返済:最長5年(60回以内)
元金一括返済:最長1年(12回以内)
8.0%~15.0%(利用限度額100万円以上)
13.0%~18.0%(利用限度額100万円未満)
プロミス 自営業者カードローン
借入金額返済方法借入期間利率
300万円まで残高スライドリボルビング方式6.3%~17.8%
東京スター銀行 スタービジネスカードローン
借入金額返済方法借入期間利率
50万円~500万円残高スライドリボルビング方式6.5%~14.5%
オリックス オリックスVIPローンカードBusiness
借入金額返済方法借入期間利率
50万円~500万円リボルビング払い又は一括払い最長10年(122回払い)6.0%~17.8%
スポンサードリンク

まとめ

以上がビジネスローンについての紹介でした。

カードローンやフリーローンでは事業資金として使えないので、そのような場合はビジネスローンを利用するのも1つの手段です。

事業資金となるとカードローンなどよりも難しい審査などがあるのかと思ってしまいますが、思っていた以上に手軽だと思いますし、非常にカードローンと似た特徴のあるビジネスローンもあるので、カードローンを利用したことのある方にとってはとても使いやすいと思います。

コンビニなどのATMなどでの返済もできる場合もありとても利便性が高く便利ですが、上記したようなデメリットも存在するので、利用する場面を考えながらビジネスローンを利用していくようにしましょう。