CRINやFINEとは…金融事故情報や総量規制に関する情報を交換する役割を持ち共有している

共有

カードローンの信用情報機関は3つ存在し、カードローン会社ごとにいずれかに所属して利用者の情報交換を行って共有していますが、3つの情報機関が全てにおいて情報を共有しているわけではありません。

なので法律などに関わる情報を共有しようという目的で存在するのが「CRIN」と「FINE」です。

あまり聞き慣れない名前かもしれませんが、カードローンについてより詳しく知るためには知っておくべきネットワークです。

今回はCRINとFINEがどんな役割を持っているかなどについて紹介していきます。

スポンサードリンク

CRIN(クリン)とは

みなさんもご存知のように信用情報機関とは「日本情報機構(JICC)」「シー・アイ・シー(CIC)」「全国銀行個人信用情報センター(JBA)」の3つがあり、そのいずれかに所属することでその情報機関内でカードローンでいくら借りているかや利用者の情報などを共有しています。

しかし基本的に情報機関同士だけでは情報交換を行っておらず、例えばJICCにしか所属していないカードローン会社がCICの情報を見る事はできません。

JICCとCICに記載されている情報を両方見たい場合には、両方に所属するしかないので消費者金融はそのようにしているケースも珍しくありません。

このように3つとも独立した情報機関なので情報交換は行っていませんが、その垣根を越えて共有すべき情報が「金融事故情報(異動情報)」です。

なぜ金融事故情報を共有しないといけないかと言うと、利用者の借り過ぎを防ぐ意味もありますし、この人に貸しても返してくれる可能性は低いという同業者の中での情報交換の意味も少なからずあるでしょう。

借り過ぎを防ぐ意味としては、金融事故情報が共有されていないと金融事故を起こした人が別の信用情報機関に所属しているカードローン会社からお金を借りる事ができてしまいます。

既に決められた返済が行えない状況の人が別のカードローンを利用したからと言って返済が上手くいく訳もなく、借金をさらに増やし結果的に多重債務者になってしまうだけなので、それを防ぐ意味でも情報機関内で情報共有が必要になります。

そこで利用されているのが信用情報機関3社で共有される情報交流ネットワーク「CRIN」です。

CRINの役割

CRINとは「Credit Information Network」の略で、普段なら共有されることのない各情報機関の情報を金融事故に関する情報に限って共有する情報共有ネットワークです。

金融事故限定の情報共有なので延滞などを起こさずに利用している人がCRINで情報共有されることはありません。

CRINで共有される具体的な情報は金融事故を起こした人の以下のような情報です。

  • 氏名・生年月日・住所・勤務先などの本人を確認するための情報
  • 契約日や種類、契約額など
  • 金融事故の発生日やその種類、現在の状況など

このような情報が共有され、金融事故の種類にもよりますが最長で10年間共有され続けることになります。

ブラック状態になってしまうとカードローンが一定期間利用できなくなると言われるのは、このCRINで金融事故情報が共有されることが要因となっています。

CRINで情報を共有されたくないと思われる方もいるかも知れませんが、カードローンの契約時に同意していますし、同意しないとカードローンは利用することは出来ないので情報共有は避けることは出来ません。

FI NE(ファイン)とは

FINEとは「Financial Information Network」の略で、CRINと同様に情報を共有するネットワークです。

ただしCRINは信用情報機関3社全てで情報共有していましたが、FINEではCICとJICCの2社間でのみとなっています。

というのもFINEで共有される情報は「総借入残高」で、つまり消費者金融から総額でいくら借りているかという情報を共有しています。

もうお気付きの方もいると思いますが、FINEは総量規制に対する情報を共有するネットワークなので総量規制とは関係ない銀行が所属しているJBAが入っていない事も納得できます。

消費者金融では総量規制があるので年収の1/3以上の金額を貸してはいけないルールがあり、借りた側の利用者はそれを越えた所で罰則があるわけではありませんが、貸した側の消費者金融会社には罰則が存在します。

なので消費者金融が所属しているCICとJICCの間で情報を共有しあって申し込んできた人がどこでどれだけ借りているかをお互いに分かるようにした情報をネットワークがFINEです。

銀行はどうやって利用者の借入額を把握する?

本来であれば銀行が提供するカードローンを利用する場合は、貸金業法とは関係ないので総量規制を気にする必要はありませんが、最近では銀行の過剰融資が問題となって銀行側が自主規制を行っています。

銀行も自主規制として総量規制と同等の年収の1/3までしか融資しないという方針をとっていますが、FINEに所属していない銀行の信用情報機関JBAはどのようにして申込者が消費者金融からいくら借りているか把握するのでしょうか。

銀行カードローンには審査を代行している保証会社というものがほとんどの場合入っていますが、その保証会社が申込者の借入残高を把握することになります。

というのも保証会社は消費者金融やクレジットカードなどの信販会社が入っているので、自社で所属しているCIC又はJICCからFINEの情報も見ることが出来るので銀行カードローンの審査であっても消費者金融からいくら借りているかを把握することが出来ます。

このような事からFINEを利用できない銀行カードローンであっても申込者が消費者金融からいくら借りているか把握することが可能となっています。

スポンサードリンク

まとめ

以上がCRINとFINEがどのような役割を持っているネットワークなのかなどについての紹介でした。

このような情報共有ネットワークがあるので、カードローン会社は新規の申し込みを受けると、所属している信用情報機関とCRIN、FINEを確認して金融事故情報がないかや、総量規制以上に貸すことにならないかなどをまず確認します。

その後に申込者の情報などを審査することになるので、CRINとFINEはとても大きな役割をもっています。

利用者側からすると絶対に覚えておかないといけないという情報ではないですが、仕組みを知っておくことでよりカードローンについて知ることが出来るのでぜひ覚えておきましょう。