教育ローンとは…他の借金に比べて金利が格安なのが最大のメリット

学校

子供の人数が多いと、どうしても大きな金額が必要になるのが教育費です。

学校行事や、授業料、教材費、制服代など様々な所でまとまったお金が必要になり、お金を工面するのが大変な事が多く存在します。

そんな時にカードローンなどでお金を借りて対処するのも一つの手ですが、普通のカードローンではなく、教育ローンを利用するようにしましょう。

教育ローンは通常のカードローンよりも金利が低く、使い勝手も良いので通常のカードローンで教育関係のお金を借りるのは賢いとは言えません。

銀行などの教育ローンの審査が不安な場合には国の教育ローンもあるので、今回は教育ローンに関して紹介していきます

スポンサードリンク

教育ローンとは

カードローン会社の中には目的別で借りる事が出来る目的別ローンが用意されていることが多く、車や家、旅行や結婚などの用途に合わせて借りることができます。

その中に多く存在するのが教育ローンで、文字通り教育に関する事に限定して借りる事が出来るローンとなっています。

教育に関すると言っても曖昧な表現に聞こえてしまいますが、教育ローンでは多くの場合幅広く対応しているので教育に関するほとんどの事で利用することが可能です。

  • 入学金
  • 授業料
  • 制服代
  • 教材費
  • 通学費
  • 学校納付金
  • 塾や予備校費用
  • アパートなどの居住費

カードローン会社によって多少の違いはありますが、具体的には上記のようなもので利用することができ、授業料や教材費のみではなく通学費や一人暮らしをする場合の入居費用なども対象となるので、一度に大きな金額が必要な場合にも対応することができます。

対象となる期間はカードローン毎に違いはありますが、最も幅広い期間では幼稚園から大学院まで対象となっているものもあるので、長く便利に利用することが可能です。

カードローン型も存在する

教育ローンは目的別ローンなのでフリーローンとして提供されている事が多いですが、中にはカードローン型の教育ローンも存在します。

ご存知の方も多いともいますが、フリーローン型とカードローン型の最も大きな違いとしては借りるお金を一括で振り込んでもらえるのがフリーローン型で、必要な時に利用限度額内で何度も借りることが出来るのがカードローン型となっています。

なにか目的のものを一括で購入する際にはフリーローンでお金を借りるのが適していますが、学校では行事や授業料など継続的にお金が必要なことが多いので、必要な時に借りることが出来るカードローン型が適していると言えます。

なので入学資金だけ借りたい場合などを除いて、教育ローンを利用する場合はカードローン型をおすすめします。

金利もお得

カードローンに限らず、借金では常に金利が重要となりますが、教育ローンでは金利もお得に設定されていますし、返済についても無理なく行うことが出来る工夫がされているので、無理なく返済を行っていくことが出来ます。

教育ローンは低金利設定

カードローンの金利と言えば上限金利が銀行であれば年14.5%、消費者金融で年18%程度に設定されている事が多いですが、教育ローンに関しては3%台程度に設定されている事が多く、カードローンと比べると金利の低さが分かると思います。

具体的に数字にすると、100万円借りた場合に発生する利息は銀行カードローンで1年に145,000円、消費者金融では年180,000円、なのに対して教育ローンであれば年30,000円になります。

このように大きな差があるので、それほど利息を気にする必要なく借りることが可能となっています。

なぜこのように低金利かと言うと、カードローンのように何にでも自由に使えるという訳ではなく教育に関するのみに利用できると限定している点も要因の1つです。

教育ローンの他にも住宅ローンや目的ローンなど何か1つの目的の為のローンというのはどのようなことに使うか銀行からしても想像しやすい又は、限定されているのでリスクが少ないと判断されてカードローンよりも大幅に低い金利で提供することが可能となっています。

ただ住宅ローンや目的ローンは借りるのは一度きりであとは返済のみですが、教育ローンの場合はカードローン型でも同じような低金利を実現しているので利用する人からしてみればとても有り難い仕様になっています。

在籍中の返済は利息のみ

紹介したようにかなりの低金利で借りる事が出来るだけでも十分借りる価値はあると思いますが、さらに教育ローンの返済は在籍中であれば利息だけの返済を行えば良くなっていることがほとんどです。

通常のカードローンであれば毎月の返済は利息に加えて借りている金額を減らす為の金額を払わないといけないので返済額は高くなってしまいます。

ですが教育ローンであれば利息分だけでいいので借りている金額によって違いはありますが、毎月の支払いは数千円程度で済むでしょう。

ただし注意しないといけないのは利息分だけしか払わないということは借りている金額の返済は一切行われないと言うことなので、利用限度額いっぱいまで借りてしまった場合は以後新たに借りることができなくなってしまいます。

なので今後も利用したいと考えている場合は利息だけ払うのでなく繰り越し返済を行っておくことで空きができるので新しく借りることも可能になります。

本格的な返済は学校を卒業した後からとなり、そこからは新たな借入れは出来なくなり返済のみのカードローンとなります。

返済期間としては卒業から7年~10年程度に設定されている事が多いのでその期間内に完済できるように返済を行っていくことになります。

スポンサードリンク

国の教育ローンも存在する

教育ローンは銀行や消費者金融だけでなく国の日本政策金融公庫が提供する教育ローンも存在します。

ですが国のサービスなので銀行や消費者金融よりも利便性については劣ってしまう所もおおくあります。

たとえば借りるには世帯年収の上限などがあるので、世帯年収が多い場合は利用することが出来なくなっています。

お子様の人数世帯年収(所得)上限
1人790万円(590万円)
2人890万円(680万円)
3人990万円(770万円)
4人1,090万円(870万円)
5人1190万円(970万円)

以上のような条件となっていてかなり高めに設定されているとは思いますが、世帯収入なので夫婦でしっかりと収入がある場合には上限を越えてしまう場合もあると思います。

そのような場合は国の教育ローンは利用できませんが、銀行や消費者金融であれば世帯収入関係なしに利用することが可能です。

また国の教育ローンはカードローン型ではなくフリーローン型なので、新たに借入れを行いたい場合はもう一度審査を受ける必要がある点も注意が必要です。

対象は中学校以上

国の教育ローンの対象は中学校以上の教育施設になるので、小学校や幼稚園などに関する費用に関しては借りることは出来ません。

その点は銀行などの教育ローンの方が幅広く対応している場合があるので、中学校以下で教育ローンを利用したい場合には国の教育ローンは向いていません。

審査には通りやすい

利便性に関しては銀行などの教育ローンの方が使いやすいですが、審査に関しては利益を目的にしていないサービスである国の方が通りやすくなっています。

銀行などの教育ローンではある一定の年収が必要になりますが、国の教育ローンであれば年収の上限はありますが、下限はないので収入が低い方であっても利用可能になっています。

さらに世帯収入が年間200万円以下の場合は優遇制度も用意されています。

金利も低め

先程も紹介したように国の教育ローンは営利目的ではないので、設定されている金利も年1.76%とかなり低く設定されていいます。

銀行などの教育ローンの3%も十分低いんですが、その金利の約半分の金利で借りることができるというのは大きな特長と言えます。

さらに一定の条件を満たすと金利が優遇され、更に低い年1.36%で利用することも可能です。

  • 母子家庭、父子家庭
  • 世帯年収が200万円(所得122万円)以内
  • 子ども3人以上の世帯かつ世帯年収500万円(所得346万円)以内

このような条件を満たすと金利の優遇を受けることが可能となっていてこの事から見ても国の教育ローンは収入の少ない人でも教育を受けてもらうためのサービスという意味合いが強くなっています。

まとめ

以上が教育ローンはどのようなことに利用できるかなど、内容の紹介でした。

銀行などの教育ローンであればカードローン型が存在したり、対象の期間が幅広かったりと利便性の高さが特長として見ることが出来ます。

一方で国の教育ローンはフリーローン型であったり中学校以上が対象であったりと、若干利便性に劣る部分はありますが、年収の低い方でも利用できたり、金利もかなり低く設定されていたりと、とても使いやすいローンとなっています。

なのでどうしてもカードローン型がいいという方は銀行などの教育ローン、年収が低めで審査に通るか不安という方は国の教育ローンを利用するといった選び方をすると良いでしょう。