在籍確認とは?カードローンの利用が会社バレする可能性を少しでも減らす方法まとめ

電話

カードローンなどを作る際に必ず必要なのが「審査」ですが、その中に「在籍確認」があります。

在籍確認は基本的には会社に「この人の審査をしています」と電話がくるものです。

カードローンでお金を借りようとしていることが周りの人達にバレる可能性があるものでもあります。

今回はこの「在籍確認」とはどんなものなのかを紹介すると同時に、在籍確認があってもカードローン利用の会社バレを防ぐ方法を紹介していきます。

スポンサードリンク

在籍確認とは?

在籍確認とはカードローンなどの契約をする為の審査の一環として、カードローン会社から申請者の勤め先に電話をかける事の事を言います。

なぜ在籍確認が行われるのか

カードローンの申請をする際には氏名や生年月日、勤め先や年収などまで書類やWEBなどで申請します。

何故わざわざ会社に電話をかけるのでしょうか?

在籍確認は申請された内容に間違いがなく、本当に申請者が申請した場所に在籍して働いているのかという確認の為の電話となっています。

在籍しているのを確認することができれば、申請された内容に間違いが無いことが確認できますし、年収に対しても信用が強くなります。

カードローン会社からしてみれば安心してお金を貸すことができるようになる大切な審査になります。

在籍確認で周りにバレる事はない?

申請した内容に偽りがなければ何の問題もないですし、在籍確認ができればカードローン契約が進んだという意味になります。

カードローンとは言え借金は借金なので、カードローン会社から名指しで電話がかかってきたら周りの人に知られたらどう思われるか分からないですし、気分の良いものではありませんよね。

なるべくなら誰にも「カードローンを借りようとしている」事を知られずに在籍確認が終わらせるのが理想ですよね。

その辺りについては配慮してくれる電話内容になってくれるんでしょうか?

電話ではカードローン会社とは名乗らない

カードローン会社から在籍確認の電話がある際に、自分で電話対応できれば問題ありませんが、そうでなかった時は不安になりますね。

実は在籍確認では「○○会社の担当の○○です。○○さんの在籍確認のお電話をさせて頂きました」とは流石に言うことはありません。

カードローン会社も利用者の心情に配慮していて、在籍確認の電話をかける場合は会社名やカードローンの商品名などは避けて、電話をかけた担当者の名前のみを名乗って申請者に取り次いでもらうように頼むのが普通です。

つまり個人宛の電話と変わらないので、不自然な所なく取り次いで貰うことが出来るはずです。

また在籍確認の際に、必ず社内にいて電話を受けないといといけないという訳ではなく、電話の対応をした人が「○○は席を外しておりまして…」や「○○は外出中で…」という対応をして貰えれば、その会社に在籍しているという証明になるので在籍確認が出来たという事になります。

どんなことを聞かれる?

在籍確認をバレないように取り次いでもらったとしても、仮に電話で生年月日や住所などを声に出して言うようになどと言われたら、明らかにおかしいので周りにバレバレになってしまいますよね。

実際にはそういう事はなく、在籍確認では申請された内容に間違いがないかなどを聞かれ、カードローン申請の意思確認をする程度の事しか聞かれません。

電話口でも相槌や間違いない事を伝えるだけなのでそれだけでバレるという事は無いはずです。

スポンサードリンク

会社バレの可能性を減らす方法

カードローン会社が社名などを名乗らなかったとしても、電話対応の経験豊富な方や、滅多に個人宛に電話がかかってこない職種などの場合は配慮されていたとしてもなんとなく勘付かれてしまう事もあります。

そのような事を避けたい場合にも幾つか方法があります。

在籍確認の時間を指定できるカードローン会社を使う

カードローン会社の中には在籍確認の時間指定ができる場合もあるので、その場合は確実に自分が電話対応出来る時間帯を指定しておく事で他人に在籍確認の電話を取られる心配も少なくなります。

  • みずほ銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • アイフル
  • プロミス
  • モビット
  • アコム
  • レイク

以上の会社が在籍確認の時間指定の対応をしてくれます。

消費者金融の場合はほとんどの会社が時間指定に対応してくれます。銀行の場合も対応はしてくれるようですが、あらかじめ時間指定の希望を伝えておく必要がある場合もあります。

基本的にはカードローンの申込みの際にかかってくる電話で在籍確認の時間指定を希望している事を伝えておくと、時間指定の可否などもはっきりさせることができるので、まずは申込時に聞いておくようにしましょう。

また会社によっては在籍確認の電話をかける相手の性別や、名乗る名前など細かい指定にも対応してくれる所もあるので、その辺りについても聞いておくとより安心して在籍確認を待つことが出来るようになります。

クレジットカードを作ったことにしておく

在籍確認の電話でカードローンの契約をしたとバレないようにするには、在籍確認の電話だと認めてしまうのも一つの手です。

在籍確認はカードローンだけではなく、住宅ローンや自動車ローンなどでも行われるので、知っている人には一概にカードローンだ!とは判断はされにくいです。

自動車や家という大きな買い物をしたと言ってしまうと後でバレる可能性があるので、同じく在籍確認のあるクレジットカードを作ったという事にしておけばバレることもほぼ無いでしょう。

カードローンとクレジットカードでは大分印象は違いますし、電話対応をする受付の方や事務の方がいる場合は、あらかじめクレジットカードの在籍確認の電話があるかもしれないという事を伝えておけば誰にも怪しまれる事無く在籍確認を終えることができます。

在籍確認を無くす方法は?

在籍確認は本人が対応しなくても、電話対応してくれた人が「席を外しております」などと在籍を認めるだけでも完了します。

職種によっては従業員の個人情報を漏らす事などができなかったり、営業や勧誘を遠ざける為に一切個人名の電話を取り次がないという決まりがある会社も少なからず存在します。

そのような場合は在籍確認を行うことが出来ないので、下手をすると審査に落ちてしまう可能性があります。その心配がある場合は申込みの際などに相談しておくようにしましょう。

消費者金融のカードローンの場合は柔軟性があるので、相談しておくと在籍確認を電話ではなく「社員証、在籍証明書、給与明細、タイムカード」などの職場に在籍しているという証明になる書類などにしてくれる可能性があります。

銀行の場合は審査が厳しいのでなかなかそのような対応をしてくれる所は少ないようです。

銀行の場合は、カードローンを作ろうとしている銀行に口座を持っていて給与の振込などを行っている場合は振込明細などを見て在籍を確認することも出来るので、その場合は在籍確認を免除される可能性があるようです。

銀行口座を持っていない場合は、別の銀行または消費者金融系のカードローンに変更する必要があります。

消費者金融にしても銀行にしても確実ではないので、不明な点は電話などでしっかりと相談して確認してから申し込むようにしましょう。

モビットでは在籍確認不要

2018年3月現在では、モビットでは在籍確認が不要となっています。

詳しくはこちらの記事を参照してみてください。

スポンサードリンク

まとめ

在籍確認は基本的には避けることの出来ない審査ですが、カードローン会社としてもなるべく利用者の心情を考慮してバレにくいような工夫を凝らしてくれているようです。

在籍している事がわかればいいだけなので、電話にかかる時間も少なく、カードローン会社からの電話も在籍確認の1度きりなので、それほど周囲の人に怪しまれたりバレる事は少ないと思います。

もし、会社などの理由で在籍確認が取れない可能性がある場合は最初から相談しておき、対応が難しい場合は他のカードローンを検討してみるようにしましょう。