フリーローンって何?カードローンとの違いまとめ…上手く使い分けて自分に合う方を利用しよう

握手

住宅ローンや自動車ローンのようにローンには種類があり、その中の1つとしてフリーローンという物があります。

フリーローンという名前からして自由に使えるローンですが、同じく自由に使うことの出来るカードローンとはどう違うのでしょうか?

実は同じ使途自由ローンでも、この2つには全く違います。

今回はフリーローンの特徴とカードローンとフリーローンの違いを解説していきます。

スポンサードリンク

フリーローンとは

カードローンとの違いを比較するにはまずはフリーローンについて学んでからカードローンとの違いを見ていく事にしましょう。

カードローンの特徴に関してはこちらの記事で紹介しているので参考にして下さい。

カードローンは主に銀行や貸金業者(消費者金融会社やクレジット会社)が展開している商品で、銀行法や貸金業法などの違いはあっても同じカードローン商品を扱っています。

それに対して、フリーローンというのは主に銀行が扱っている個人向けのローンサービスで、貸金業者では扱っていません。

フリーローンは「多目的ローン」とも呼ばれていて、借りたお金を自由に使うことが出来ると書いてあることが多いので、カードローンと同じ使い方が出来ると思ってしまいがちですが、実は大きな違いがあるので紹介していきます。

フリーローンの特徴

まずは、フリーローンについての特徴について紹介していきますが、銀行の提供するサービスなので、銀行のカードローンと似たような特徴を持っています。

使用目的は自由でも注意が必要

フリーローンの説明をみると自由に使えるという言葉をよく見ますが、それをそのまま理解すると、カードローンのように借りたお金をショッピングに旅行にと全く自由に使えると思ってしまいますが、実はそうではありません。

フリーローンは何に使うかは自由ですが、何に使うかは明確にしなければ行けない場合があります。

旅行資金やバイクの購入費用、引越し費用などといった明確にこれに使うと決めた物の為の資金として借りるのがフリーローンです。

つまり何に使っても比較的自由だけど、何を買うかは教えてねという事ですが、借りる理由が家賃などの生活費という場合は借りることは出来ないでしょう。

生活費が払えない人がこれからのローンを払っていけるのかという疑念を抱かせますし、貸す側としてはリスクが高いと判断してしまうからです。

生活費などを借りたい場合はカードローンを利用するのが懸命だと思います。

フリーローンを利用する場合は明確な利用用途を決めてから申し込むようにしましょう。

追加融資には再度審査が必要

カードローンでは借入限度額が決まったら、50万円ならその中で自由に使うことができ、限度額をオーバーしなければ審査無しで借りることができますが、フリーローンは違います。

先程も紹介したように、フリーローンは何に使うかははっきりと決めておかなければいけません。

例えば、パソコンを購入したい場合はそれだけの為にお金を貸してくれるので、別の物を購入するためにお金が必要になってフリーローンを利用する場合は、何を買うかをはっきりさせてもう一度審査を受ける必要が出てくるんです。

借りたお金は1度に全額振り込まれる

カードローンでお金を借りた場合は、審査が通ると限度額の中から必要な金額を引き出しつつ借りていくという借り方ですが、フリーローンの場合パソコンを買うために20万円借りたとなったら20万円全額口座に振り込まれます。

これが100万円、200万円になっても同じで、フリーローンの場合は審査が通ると一気に全ての金額が口座に振り込まれるので、すぐに目的の為に使用することができるようになっています。

繰り上げ返済には注意が必要

借りたお金は毎月返済していきますが、ローンを早く終わらせる為に返済額より多く振り込む繰り上げ返済ですが、カードローンでは手数料が必要ないケースもありますが、フリーローンの場合窓口で行うと5400円程の手数料を取られてしまいます。

もし、1万円を繰り上げ返済に当てようと思っても半分以上を手数料に持って行かれたら堪ったものではないですよね。

なので、繰り上げ返済を行う場合はインターネットを利用して繰り上げ返済することで手数料がかからない会社もあるので、繰り上げ返済を考えている場合は利用している会社を調べてみるようにしましょう。

審査は厳しく時間も長め

審査は銀行のローンらしくカードローンよりは厳しく見られることになります。

さらに、大手の銀行のカードローンを利用する場合は利用条件として一定の年収と勤続年数を条件として提示している所もあります。

さらに、銀行によってはフリーローンを何に使うのかを証明するために、フリーローンで購入予定の物の見積書やパンフレットなど具体的に証明する必要がある場合があるので、審査は厳し目と言っていいと思います。

ただ、上記したように生活費などではなければ、これを買うのはダメというのは無く貸す金額が妥当か判断する為の証明です。

審査時間も長めになっていて、3営業日~7営業日かかる所もあるようですが、最近では素早く審査する銀行もあるようなので、銀行毎に違うようです。

フリーローンはカードローンと違い、借入額を一度に全額お客に渡すことになるので、ほんとに貸した金額全て返す能力があるかを判断する必要があり、即日というのはなかなか難しいようです。

担保ありのフリーローンもある

フリーローンは基本的に無担保で借りることができますが、銀行の中には不動産や証券を担保にしたサービスを扱っている所もあります。

担保を用意すると審査はより厳しくはなりますが、借り入れることの出来るお金の上限が通常の数百万~1千万~1億以上になる事もあります。

これだけの金額を借りる場合はそれと同じかそれ以上の証券や不動産が必要になるので、利用できる人はそうそういませんが、担保を用意することで上限をアップさせる事もできるようです。

大手銀行の金利は低めに設定されている

銀行のカードローンは貸金業者よりも低く設定されていますが、フリーローンでも同じように金利は低く設定されています。

特に大手銀行の場合は変動制や固定制になってしまいますが、金利が5%~8%程度になっているので、かなりの低金利で借りることができます。

ですが、上記のように利用条件も厳し目なので気軽に申し込みができるということではないようです。

フリーローンは大手銀行以外にも地方銀行なども多く扱っていますが、地方銀行になると金利が違い、4%~14%程度になり銀行のカードローンの金利とあまり変わらなくなってしまいます。

金利は高くなってしまいますが、地方銀行は日本全国にあり、それぞれフリーローンを扱っており、その地方銀行で定期預金や、住宅ローンを利用している方は低金利で借りることが出来る可能性があります。

地方銀行で住宅ローンなどを利用している方でフリーローンを考えている方は、利用している地方銀行を調べてみてはいかがでしょうか。

総量規制の対象外

総量規制とは貸金業法のなかにある決まりの1つで、年収の1/3までしかお金を借りることが出来ないという決まりのことです。

総量規制についてはこちらを参考にして下さい。

これは消費者金融会社などに適応される貸金業法の決まりなので、銀行法が適用される銀行のサービスであるフリーローンは対象外になるので、年収の1/3を超えてもお金を借りることが出来ます。

スポンサードリンク

カードローンとフリーローンの使い分け方

カードローンとフリーローンを上手く使い分けるには目的をはっきりさせることが重要になります。

目的をはっきりさせた後にカードローンとフリーローンの特徴を把握して自分にあったローンを選んで活用していきましょう。

カードローンをおすすめできる人

  • 今後の為にもすぐ使える枠を持っておきたい方
  • 借入れから返済まで利便性の高いサービスを受けたい方
  • 素早く手軽に借りたい方

カードローンの特徴として大きいのは素早く手軽に利用することができるということがとても大きな要素になっていると思います。

限度枠が残っていれば緊急にお金が必要になった場合でも審査なしに素早くお金を引き出すことができるので、臨機応変に使うことができるという強みがあります。

フリーローンをおすすめできる人

  • 明確な使用目的がある方
  • 審査が厳しくてもいいので低金利で借りたい方
  • 借り過ぎを防ぎたい方

フリーローンは審査が通りにくく条件などは厳しいところはありますが、審査を通ることができれば金利を低くお金を借りることができます。

さらに、カードローンだと何度か借りてしまうとお金をどれだけ借りたかを把握し難くなってしまうことがあるので、追加で借りることが出来ないフリーローンはどれだけ返せばいいかなどが分かりやすくなり、編成計画もたてやすくなります。

カードローンをフリーローンと表記しているサイトもあるので注意しよう

フリーローンで調べてみるとカードローンの事をフリーローンと表記しているサイトが多く見受けられます。

ですが今回の記事で紹介してきたようにカードローンとフリーローンでは似ているようで仕組みが全く違うので、フリーローンだと思ってカードローンを申し込まないように気を付けましょう。

見分け方としては、アコムやアイフルのような消費者金融系の業者はフリーローンは扱っていない事がほとんどなので、フリーローンと書いてあってそこに消費者金融系の会社の名前があったら、カードローンという意味だと思ってもらって間違いないです。

カードローンやクレジットカードに関する用語は意味があやふやになっている言葉がいくつかあるので、間違わないように言葉の意味を理解して利用していくようにしましょう。