レディースローンとは?通所のカードローンとの違いまとめ

笑顔の女性

最近では女性の社会進出が徐々に進んでいき、会社などでも男女の差が少しづつですが埋まり始めています。

つまり男性だから女性だからという考えが時代遅れになりつつあります。

その中で女性にも急にお金が必要であったり、趣味などでお金を使いたい場合はカードローンを利用したくなる時もありますが、今でも女性がお金を借りるなんてという風潮は完全には消えてはいません。

女性からしてみたらカードローンを利用してお金を借りることが出来たら助かるけど、周りの目や後ろめたさがあるという方もいらっしゃると思います。

そのような人に考えられているのがレディースローンで女性ならではの心配などに配慮してくれているカードローンです。

今回はこのレディースローンとはどんなものなのか、カードローンはどう違うのかなどを紹介していきます。

スポンサードリンク

レディースローンとは

レディースローンとは、女性専用のカードローンの事で、女性に少しでもカードローンを身近に感じてもらうためのサービスです。

最近では女性の社会進出なども増えてきており、旅行や趣味、交際費としてなどにお金を使うために女性からのカードローン需要も高くなってきています。

しかしカードローンの呼び方は以前はサラリーマン金融(サラ金)と呼ばれていた事から分かるように、お金を借りるのは男という考え方があり、それはサラ金という言葉があまり使われなくなった今でも少なからず残っています。

女性としてはカードローンでお金を借りる事や、男性のオペレーターなどに話を聞かれるのに抵抗がある方も大勢います。

そのような気持ちに配慮されて作られているのがレディースローンで、女性の立場に立ったサービスを展開しており、主に消費者金融がそのようなサービスを積極的に行っています。

主な銀行や、消費者金融が行っているレディースローンは以下のようなサービスがあります。

銀行レディースカードローン
みずほMyWing「わたし応援ローン」
新生銀行レイク 「レディースレイク」
消費者金融レディースカードローン
アコム 「働く女性のカードローン」
プロミス 「プロミスレディースキャッシング」
アイフル 「レディースアイフルSuLaLi」

レディースローンの特徴

レディースローンの特徴としてまずあげられるのが、窓口対応や電話相談などのオペレーターは全て女性で、男性と関わること無く契約をすることが出来るという点です。

通常でも多くの場合に電話対応のオペレーターは女性である事がほとんどですが、夜間や混雑時には男性のオペレーターが対応することもあるようです。

ですがレディースローンの場合は、女性専用のフリーダイヤルも用意されていて、確実に女性が対応してくれるのでもし、男性が出たらどうしようという不安がなくなります。

男性には話しにくい事であっても対応してくれるスタッフは全て女性なので、より気軽に話しやすくなっていますし、同じ女性として男性ではなかなか気付けない気持ちなども汲み取る事ができます。

通常のカードローンのホームページではどこか無機質な雰囲気がありますが、一部のレディースローンのホームページは女性仕様の可愛いデザインになっています。

カードローンのカードもレディースローン専用デザインのカードになっていることもあるので、財布の中に入っていてもローンカードとは分かりにくくなっています。

カードローンに対して、堅苦しさや後ろめたさなどをできるだけ感じないように細やかな工夫が施されています。

スポンサードリンク

カードローンとの違い

レディースローンと通常のカードローンですが、この2つの違いは何なのでしょうか?

レディースローンとわざわざ女性専用と名前がついているので、女性は優遇されるんじゃないかと思ってしまいがちですが、実は基本的に契約内容や審査内容は通常カードローンと同じになっています。

アイフルの「レディースアイフルSuLaLi」とみずほ銀行の「みずほ銀行MyWing」だけは通常のカードローンよりも上限金額を低めに設定してあります。

商品名上限金額金利
アイフルレディースSuLaLi10万円18%
みずほ銀行MyWing10~100万円12.0%~14.0%

その他のレディースローンは通常のカードローンと上限額や金利も同じ数値に設定されているので、レイクの「カードローン」とレディースローンの「レディースレイク」を比較してみます。

レイクカードローン
上限金額1万~500万円
貸付利率4.5%~18.0%
返済方式残高スライドリボルビング方式
元利定額リボルビング方式
レディースアイフルSuLaLi
上限金額1万~500万円
貸付利率4.5%~18.0%
返済方式残高スライドリボルビング方式
元利定額リボルビング方式

このようにカードローンとレディースローンの上限金利や金利、返済方法まで全て同じに設定されている事がほとんどです。

レディースローンなどで調べてみると、レディースローンの審査は緩いという記事もたくさんありますが、実際の所は噂レベルの情報なのであまり鵜呑みにせずにカードローンと同等程度の審査があると考えていた方が良いと思います。

働き方によって融資額も変わってくる

先程も解説したように、レディースローンであっても金利や審査については特別な優待などはないので、カードローンと同様に総量規制などの規制も受けます。

レディースローンと一言で言っても、正社員から派遣、パート・アルバイト、専業主婦など色々な立場の女性がいるので、すべての女性がレディースローンを利用できるわけではありません。

正社員・派遣社員の場合

正社員の場合は近年に金融事故などをおこしていなければ、安定した収入が約束されているので、銀行系でも消費者金融系のカードローンでも比較的高確率で審査を通ることが出来るはずなので、自分にあったカードローンを選ぶことが出来ます。

派遣社員の場合でも勤続年数などがながければ信用が高くなるので、正社員程ではないにしろ高い確率でカードローンの審査をパスすることができるでしょう。

パート・アルバイトの場合

パート・アルバイトの場合は出勤日数などそれぞれ違いがあり、年収も一律でこれくらいとは言い難いですが、ある程度の収入があったとしても銀行のカードローンは厳しいかもしれません。

パート・アルバイトの仕事をしている場合は消費者金融のレディースローンなどを利用するのがおすすめです。

その際に注意しないと行けないのが、消費者金融は総量規制があるので年収の1/3までしかお金を貸すことができないので、パート・アルバイトをしていても年収は低めの場合借りることのできる金額も少なくなってしまいます。

自分の年収をはっきりと把握してからお金を借りるようにしましょう。

どうしても総量規制のない銀行系のカードローンを利用したいという場合はレイクのレディースローンに申し込んでみるといいかもしれません。

レイクは消費者金融に近いサービスながら新生銀行のカードローン商品なので総量規制の対象外となっているので、検討してみてください。

専業主婦の場合

専業主婦の場合は先程も紹介したように、消費者金融を利用する場合は総量規制の制限があり、専業主婦の場合は収入がないのでお金を借りることが出来ません。

ですが配偶者の同意書などの書類を用意して支払い能力が認められれば、配偶者貸付として、お金を借りることは出来ますが、普通に借りるよりは手間がかかってしまいます。

一方で配偶者の同意の書類が必要なのは貸金業法に基づいた処置なので、貸金業法を適用されない銀行の場合は書類は必要ありません。

審査で夫に安定した収入が認められれば、銀行のレディースローンなども利用することができ、銀行ではかなりの額まで収入証明書が不必要なので、家族や夫にもバレずに比較的簡単にお金を借りることも可能です。

ですが自分に収入がない分より綿密に返済計画を立てて返済していかないと、いずれ家族にバレてしまうことになるので注意して計画的に利用するようにしましょう。

スポンサードリンク

まとめ

以上がレディースローンについての紹介でした。

レディースローンは内容はカードローンとさほど変わる所はないですが、銀行や消費者金融からしてみると、まだまだ女性の利用者は男性に比べると少ない現状なので、できるだけ気軽にカジュアルに利用してもらって、よりカードローンを普及させていきたいというサービス何だと思います。

今や女性も男性と同じように稼ぎ、自分の趣味や時間などを大切に出来る時代になってきています。

その際にはお金が必要になることも多々あるので、レディースローンのようなサービスでカードローンをより身近に感じて利用していって貰うことは大切です。

カードローンはしっかりとメリットデメリットをしっかり理解した上で、借り過ぎには注意して賢くレディースカードローンなどを利用することで、より自分の趣味などを楽しむ事ができ、人生を充実させることができる思います。