期間内元金随時返済型とはどんな返済方法?…好きなタイミングで支払いが可能だがデメリットも大きいので注意

期間

カードローンの返済は毎月返済していくのが普通ですよね。

ですが実は毎月かならず返済する必要はなく好きな時に返済することが出来ます。それを「期間内現金随時返済型」と言います。

この「期間内現金随時返済型」は理想的な返済方法ではありますが、当然メリットだけでなくデメリットも存在するので、今回はこの期間内随時返済について紹介していきます。

スポンサードリンク

期間内元金随時返済型とは

多くのカードローンが採用している返済方式は毎月決まった日までに返済額を振り込んだり、口座から引き落とされる「約定返済」で、その他にはあまり多くはありませんが、前回の返済から35日以内に返済を行ってい行く「35日返済」が比較的主な返済方法となっています。

ですが採用しているカードローンは35日返済よりもさらに少ないですが、「期間内元金随時返済型」という返済方式も存在します。

一般的には随時返済というと繰り上げ返済ともいわれる毎月の返済額とは別に返済を行って、借りているお金(元金)を多く減らす効果のある返済方法ですが、今回の随時返済は別の意味を持ちます。

通常の場合返済は毎月、または35日以内という定期的に返済を行っている必要がありますが、期間内元金随時返済の返済方法には定期的な返済はなく好きな時に返済を行うことが出来ます。

なので今月は厳しいから返済はなしで来月返済しようと言う事も可能で、毎月の決まった返済もないので遅延損害金を取られる事もありません。

返済は契約期間に終わらせる必要がある

毎月の返済がないと言っても、返済期限はきちんと設定されていて、契約期間中にしっかり返済を終わらせる必要があります。

ご存知のように契約期間はカードローン会社の信頼を損なう金融事故などを起こしたり、カードローンの利用年齢の上限に達しない限りは大体は自動更新される仕組みになっています。

なので元金随時返済型で借りた場合は更新を行えれば返済を先延ばしにする事も可能ですが、気を付けなければいけない点は契約が満了した場合は一括での返済を行わなければいけません。

自動更新だから次も更新できるだろうとたかをくくって返済をせずにいると自動更新が出来ず残りの金額を一括で返済しないといけないという事態にもなりかねません。

契約更新の年までにはある程度の返済は終わらせておくのが理想的な使い方かもしれません。

利息は半年に1回

毎月の返済がないという事は利息はどう支払っていくかというと、通常のカードローンよのように毎月ではありませんが、半年に1度利息を支払う日(利息返済日)が決まっていて、その日に前回の利息返済日から今回の利息返済日の前日までの期間に発生した利息を請求されることになります。

通常のカードローンであれば毎月利息を請求されるのでそれほど大きな金額にはなりませんが、半年に1回だと一気に大きめの金額が請求されることになるので、その点には注意が必要です。

例えば100万円を年15%で借りて一切返済しなかった場合には年に15万円利息が発生します。通常のカードローンであれば毎月12,500円ですが、随時返済の場合は半年に一度で75,000円請求される事になります。

なのである程度口座に残高を残しておかないと利息を支払えないという事態にもなりかねないので利息支払日はかならず忘れないようにしましょう。

お金の借り方は通常のカードローンと同じ

期間内元金随時返済では返済方法が特殊なのでお金の借り方にも違いがあるのではと思ってしまうかも知れませんが、お金の借り方については通常のカードローンと同じです。

審査の後に利用限度額が設定されて、その金額内であれば何度でも借り入れが可能で返済すればまた枠が復活するというおなじみの方法となっています。

なのでお金の借り方については心配する必要はありません。

メリット

このような特長をもつ期間内元金随時返済のメリットはなんといっても自分のペースで返済を行っていくことが出来るという点でしょう。

通常のカードローンであれば毎月およそ決まった額を払っていくことになりますが、毎日の生活は一定という訳には行かずなにかと物入りの月もあると思います。

そのような場合でも毎月の返済はやってきますし、返済が遅れれば遅延損害金が発生し、さらに連続して払えなかった場合には金融事故となり信用情報に傷が付いてしまいます。

ですが期間内元金随時返済であればお金が厳しい月は返済は辞めておいて来月から返そうという事が出来るので臨機応変に返済を行うことができるので、金銭的にだけでなく精神的にも余裕を持つことが出来ます。

スポンサードリンク

デメリット

期間内元金随時返済のデメリットには以下のようなものがあります。

高い利息を支払い続ける可能性がある

紹介してきたように極端に言えば借入れから丸1年返済しなくても大丈夫ではありますが、その場合は高い金利を払い続けないといけないというデメリットがあります。

というのも利息は借りた直後の借りた金額が多いほど発生する利息も大きくなります。

通常のカードローンであれば常にお金を借り続けていない限りは毎月の返済で減らしていく事が出来るので発生する利息も減らして行くことができますが、期間内元金随時返済ではそのままにしておく事も可能なので高い利息のまま払い続ける必要がある場合があります。

その場合は通常のカードローンよりも遥かに多くの金利を払ってしまう恐れがあるので、可能であったとしても借りたまま返済を行わないというのはとても危険な行為と言えます。

一括返済を求められる場合がある

先程も紹介しましたが、契約期間を更新することができればそのまま返済を先延ばしにする事も可能ですが、契約更新が行えなかった場合には一括返済での返済を求められることになります。

一括返済でも数万円程度であれば返済も可能でしょうが、数十万円などになると返済は困難な上に、契約更新が出来ない以上は追加でお金をかりることも出来ません。

そのような状態に陥ると自己破産などを行わないといけなくなる場合もあるので、契約が万が一更新できなかった場合でも対処できるようにできるだけ毎月返済を行い、更新の際には一括で返済できる金額になるように計画をたてておく必要があります。

金融事故を引き起こしかねないので、この点だけは本当に注意しましょう。

まとめ

以上が期間内元金随時返済がどんな返済方法なのかなどの紹介でした。

毎月返済を行わないでもいいというのは大きな特長で、自分に合ったタイミングで返済する事ができますが、逆に返済を強制されないので真面目に返済を行わないと全く返済が続かず高い利息を支払わないといけなくなるという一面もあります。

なので利用する際には自分の中である程度の計画をたててから返済を行うことで利息を抑えながら返済していくことが出来ると思います。

一見メリットがデカい方法ですが、当然その分デメリットも大きいので、利用する際には注意が必要です。