約定返済・随時返済の違いとは?会社やメディアによって呼び方が異なる場合があるので注意

違いを見るオヤジ

カードローンで「約定返済」や「随時返済」という単語を見かけることがありますよね。

「返済」と付いているのでカードローンの返済に関わる事だというのはわかりますが、どのような返済の事を言い、この2つの単語の違いは何なんでしょうか?

実はこの2つの言葉はそれぞれ他の単語と全く同じ意味合いがあり、呼び方が違うだけです。

金融会社であったりサイト毎に呼び方が違う場合があるので、どういう意味なのか今回は紹介します。

スポンサードリンク

約定返済とは

約定返済とは毎月決められた日に決められた金額を支払う事を言います。

また毎月決められた最低返済額の事を「約定返済額」、カードローンを契約する際に選んだ毎月の返済するべき日の事を「約定返済日」とも言います。

約定返済額(最低返済額)とはカードローンで用いられている返済方式の「元利定額リボルビング払い」では借りているお金の総額に応じて毎月の返済すべき金額が変わってくるという返済方式です。

借入金が多くなるに連れて毎月支払うべき約定返済額は大きくなっていきますが、基本的にリボルビング払いでは毎月の返済額はかなり抑えめに設定されています。

金融会社毎に違いはありますが、銀行の場合は借りたお金の総額が20万円~30万円未満であるならば毎月の約定返済額は1万円を切る金額を返済すればいいようになっています。

ちなみに最もカードローンで採用されているのは「残高スライド元利定額リボルビング方式」と言われる返済方式で、「残高スライド方式」などを記載されている場合もあります。

この返済方式は毎月決まった金額を支払っていくのは「元利定額リボルビング方式」と同じですが、違う部分は借りているお金が減る毎に約定返済額も少なくなっていくという点です。

これは毎月の負担が軽くなるのでありがたい気もしますが、返済額が減るということは借りているお金の元本も減りにくくなり、返済期間が長期化して支払う利息が増えてしまうというデメリットも存在するので注意しましょう。

返済方式について詳しく知りたい場合はこちらの記事で紹介しているので参考にしてみて下さい。

随時返済とは

随時返済とは任意返済とも呼ばれ、意味合いとしては「繰り上げ返済」と同じ意味を持っている言葉です。

繰り上げ返済とは上記で紹介した毎月決められた返済額(約定返済額)とは別に返済を行うことで元本を素早く減らすことが出来るので、カードローンの返済を賢く行いたい時にとても重要な返済方法となっています。

約定返済で紹介したようにカードローンでは「残高スライド元利定額リボルビング方式」が主に採用されており、返済が長期化するのがデメリットと紹介しましたが、この随時返済(繰り上げ返済)を行うことでデメリットを軽減することが出来ます。

元利定額と言うのは「返済額-利息=元本への返済額」なので返済額から利息分を引かれて残った金額で元本を減らすので返済が長くなってしまいます。

そこで随時返済を行うと、随時返済で支払った金額は全て元本への返済に充てることができるので返済期間を短くし、支払う利息も少なくなるという効果を持っています。

ちなみに最も支払う利息を少なくするには、返済を初めて元本が多く残っている時に随時返済を行うと最も効果があり支払う総利息額を少なく抑えることができます。

これは利息は元本を元に計算されるので、元本が多いほど支払う利息が多くなるという特性を逆手にとって元本が多い期間を短くして支払う利息を減らすと言う方法です。

ですが無理をしてしまっては今後の返済に影響があるかもしれないので、ある程度の余裕がある場合は早めに随時返済を行ってみるといいでしょう。

スポンサードリンク

約定返済と随時返済の違いまとめ

上記してきたように、同じ返済という言葉が付いていますが、それぞれ全く意味の違う単語となっています。

ですが冒頭に紹介したように場所によって呼び方が違う場合があるのでどんな意味があるかを理解しておかないと深く理解することが難しくなってしまいます。

なので「約定返済=毎月決められた返済を行う事」「随時返済=繰り上げ返済」という事を覚えておくだけでどちらの単語が使われていたとしても混乱せずに理解することが出来るようになるで是非とも両方の意味を覚えておきましょう。