街金とは?ヤミ金やサラ金との違いについてまとめ…利息は高くなるがブラック状態でも借りれる可能性もある

街金

最近では「街金」という言葉はあまり聞くことが少なくなっているので、もしかしたら聞いたことが無いという方もいるかもしれません。

名前からしてヤミ金と似ているので、あまりいいものではないとイメージしてしまいそうになりますが、名前が似ているだけでそういう訳ではありません。

消費者金融というとアコムやアイフルなどの大手をイメージしますが、街金も同じように消費者金融として位置づけられる会社です。

今回はそのような街金の特徴やヤミ金やサラ金との違いなどについて紹介していきます。

スポンサードリンク

街金とは

お金を借りる際にまず浮かんでくる候補は「銀行」であれば、三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行で「消費者金融」であればアコムやアイフル、モビットなどの大手企業になると思います。

そのような大手企業は資金力もあるので日本全国どこでも利用可能になっていて、利用者数も多いのでサービスも充実しているので、金利も安く利便性も高くなっていて安心して使えるという特徴があります。

ほとんどの方はそのような大手を利用しようと考えると思いますが、紹介したような大手ではない消費者金融も存在し、それが「街金」と言われる貸金業者です。

貸金業者とは銀行を除いたお金を貸している会社の事を言い、アコムやアイフル、モビットのような大手だけがなれるものではなく、国からの認可をもらい貸金業者として登録することで貸金業者になる事ができます。

街金は大手消費者金融のように大きな資金力などはないので、全国展開は行っていませんが、「街」と入っているように地域密着型として街中のビル内で経営している事が多い会社です。

資金力は大手とは全く違い対抗することは出来ないので、大手消費者金融を利用できなかった人などをターゲットにして独自の特徴を出している消費者金融内での中小企業の事を街金といいます。

街金の特徴

先程も紹介したように、街金は大手消費者金融と対等に張り合うことはできないので、大手消費者金融が出来ない事を行ってそれを特徴としてお客を獲得しています。

ですが良いことばかりではないので、その辺りも含めた特徴を紹介していきます。

審査が緩くブラック状態でも借りれる可能性がある

街金の最大の特徴となっているのが、金融事故を起こしてしまって信用情報に記載されブラック状態になっている場合でも借りれることがあるという所です。

通常大手消費者金融や銀行では、金融事故を起こし信用情報に記載されるとブラックという状態になると、消費者金融であれば最大5年、銀行であれば最大10年程度カードローンの契約だけでなく、クレジットカードの利用などが一切行えなくなってしまうのが普通です。

ですが街金であればそのようなブラック状態になって銀行や大手消費者金融からお金を借りられなくなった人であっても融資してくれる可能性があるんです。

といってもブラックであっても無条件に貸してもらえるという訳ではなく、街金にもしっかりとした審査はあり、大手の消費者金融のように信用情報を参照するなどの調査は行います。

銀行よりも審査に通りやすいと言われている大手の消費者金融よりもさらに審査に通りやすくなっているというのが街金の特徴です。

なので街金としても信用情報ではブラック状態であると分かった上でお金を貸していて、大手消費者金融で借りられなかった人をターゲットにする為にはそれほどの事が必要になっているようです。

ただしブラック状態でもお金を貸してもらえる可能性はありますが、利用できる限度額は抑えめになってしまいます。

金利は高め

街金は上で紹介したように審査はかなり緩めで、ブラック状態でも借りることが出来る可能性もありますが、金利は高めに設定されています。

  • 大手消費者金融の金利平均:5%~18%
  • 街金の金利平均:8%~20%

街金は審査に通りやすい反面金利は大手消費者金融よりも高めに設定されていることがほとんどです。

この理由としては街金は融資額の上限が少なめに設定されている事もあるので、その分金利が高くなってしまっているという面もあります。

街金融といってもその中でも資金の多さなどでサービスや規模に差があるので、各社で融資金額の上限などの違いが大きく街金と一概にまとめるのは、大手消費者金融よりも難しい面もあります。

なので街金の利用を考える場合は、街金と一概に捉えるのではなく各社ごとに金利や限度額についてよく調べる必要性があります。

利便性が低い

銀行や大手消費者金融は今では、ネットバンキングでの振込や口座引落し、提携ATMから手数料無料で返済など利便性がとても高くなっており、いつでもどこでも返済が出来る用になっています。

ですが街金の多くはそこまでの利便性を備えていない場合がほとんどで、場合によっては口座引落しにも対応していない所もあります。

そのような街金で返済するには店頭での返済か、利用している街金の口座がある銀行への振込などを行う必要があるので、返済の手間などはかかってしまう事になるので覚えておきましょう。

スポンサードリンク

街金でも総量規制の対象

街金はブラック状態でもお金を借りることが出来たりと、大手消費者金融とは違う面もありますが、同じ貸金業者なので貸金業法を元に営業しています。

なので街金であっても信用情報機関に加入して情報を得ることも情報を提供することも行っています。

ブラックでも借りられる街金ならば総量規制以上のお金も借りるられるんではないか?と考えてしまうかもしれませんが、街金でも総量規制の対象となっているので、年収の1/3を超える金額を貸すことはできません。

一部の除外や例外扱いになる場合を除いて、総量規制を超えても貸してくれるという会社はヤミ金である可能性が非常に高いので注意しましょう。

ヤミ金やサラ金との違い

街金とヤミ金、サラ金と名前が似ているのでややこしくなりがちなので、それぞれの紹介をしていきます。

ヤミ金とは

ヤミ金とは貸金業者として必要な登録を行わず勝手に貸金業を行っている業者の事で、殆どの場合登録を行っていないだけでなく、他の犯罪行為も行っている業者の事です。

最も分かりやすい所で言うと、金利は利息制限法という法律で上限が決まっています。

  • 10万円未満:20%まで
  • 100万円未満:18%まで
  • 100万円以上:15%まで

利息制限法ではこのように決まっているので、これを超える金利を設定している場合は法律違反となるので、すぐにヤミ金だと判断して下さい。

ただヤミ金もこの数字を出すと簡単にバレてしまうので、金利を出さずに表示しているケースもあります。

例えば

15万円を30日借り場合に返済額が16万円だったとします。

数字だけ見るとそれほどでもないと感じるかもしれませんが、10万円以上100万円未満の場合利息制限法では上限金利が18%になっているので、その金利で計算してみると

  • 15万円 × 18% ÷ 365日(一日あたりの利息) × 30日(借りた日数)=2,219円

となるので、本来ならば2000円程度の利息で済む所を5倍位以上の金利を払わさせれていることになり、立派な利息制限法違反となっています。

このようにヤミ金では金利の分かり難い提示の仕方をしてくる可能性があるので、気を付けましょう。

ちなみに利息制限法の基準を超える金利で契約や、支払いをしてしまった場合でも無効にすることができるので、心当たりがある場合は法律事務所などに相談してみましょう。

その他にもヤミ金では様々な詐欺なども行っていることがあるので見極める知識を持っておきましょう。

貸金業登録番号の表示がない

貸金業者として登録した場合には登録番号が割り当てられ、これを広告やホームページに載せることで正式な貸金業者ということを証明することができますが、ヤミ金ではこの番号が無いことがほとんどです。

合った場合でもデタラメの場合があるのでそのようば場合は貸金業者の登録番号を調べることができるサイトがあるのでそちらで検索して本当に登録されているか確認してみましょう。

登録貸金業者情報検索入力ページ

電話番号が090

ヤミ金は事務所を持たなかったり、持っていてもすぐに移動できるよいうに固定電話を引いていない場合が多く、勧誘の電話が携帯番号からしかかかってこない場合はヤミ金の可能性が高いので注意しましょう。

電柱や公衆電話などに貼り付けてあるチラシ

街でよく見かける電柱や公衆電話に貼り付けてあるチラシがあると思いますが、あのような業者はヤミ金であると考えてもらって間違いないです。

なぜなら本来あのような場所にはチラシなどは貼ってはいけないものなので、広告費も払わずにあのような行為を行うということは、もしヤミ金でなかった場合でもまともな業者ではないので関わらない方がいいでしょう。

サラ金とは

サラ金とは「サラリーマン金融」の略で、今では全く使われる事はなくなりましたが「消費者金融」を表す言葉です。

サラ金という言葉に怖いイメージがある方もいると思いますが、それは貸金業法が改正される前は消費者金融でもヤミ金のようなやりたい放題の取り立てを行っていた過去があるのでそれが理由だと思います。

ですが今は貸金業法が改正され、取り立ての方法も厳しく規制されているので以前のような方法で取り立てが行われることはありません。

スポンサードリンク

まとめ

街金は消費者金融であることには変わりませんが、大手消費者金融とは別の特徴を押し出して経営を行っている地域密着型の消費者金融が街金です。

金利も比較的高めなのでお得感という意味ではあまり期待をすることが出来ませんが、ブラック状態になってしまったけどどうしてもお金が必要という時にはとても強い味方になってくれます。

そのような状態にならないように計画的にカードローンを利用していくのが理想ですが、もしそうなった時の場合について街金について知っておきましょう。