審査に通りやすい銀行カードローンはあるの?…通りやすくなるコツまとめ

チェック

銀行のカードローンは金利が低いので魅力的ですが、消費者金融に比べて銀行のカードローンは審査が厳しいと言われています。

できるならば金利の低い銀行のカードローンを利用したいですよね、では審査が厳しいと言われている銀行カードローンの中でも審査に通りやすいカードローンはあるんでしょうか?

結論から言ってしまうと銀行のカードローンの審査にはそれほど大きな難易度の差はありません。

ですが少しでも審査を通る確率を上げたい場合に有効なコツはあるので、そのあたりも含めて紹介していきます。

スポンサードリンク

どの銀行も審査項目は同じ

銀行の審査は消費者金融系のカードローンよりも審査が厳しいと言われていますが、カードローンの審査は消費者金融であれ銀行であれ基準の違いはあっても審査項目については同じと言っていいでしょう。

審査している項目は以下のような事柄です。

  • 年収
  • 職業
  • 勤続年数
  • 居住形態(持ち家か賃貸か)
  • 居住年数
  • 家族構成

以上のような個人の情報を「属性」といい安定した収入があるか、家を持っているか賃貸なのかなどを申請された書類などから審査されます。

ですが基本的にこの「属性」で重要視されているのは「年収」や「職業」「勤続年数」でこの項目をみることで安定して返済していく経済力があるかなどを審査しています。

なので家族構成などはそれほど重要ではなく家族が少なかったりいなかったりする場合でもそれほど大きな影響はないでしょう。

属性情報よりも重要視されるのが信用情報機関から参照できる「信用情報」の内容です。

この信用情報には今現在どこの会社からいくら借りていて、返済は遅れずに行われているかなどが分かるだけでなく、一定期間の間は過去に起こした金融事故の情報など今現在と過去のカードローンの使用遍歴について多くのことが記載されています。

信用情報を参照することで、総量規制を超える恐れがないか金融事故を起こしていないかなどを確認して融資が可能かどうかの判断をしていきます。

特に過去に金融事故を起こしていた場合は一定期間カードローンなどのローンを組むことは出来ないので特に厳しくチェックされます。

スコアリングで返済能力を見極める

審査の方法や内容は金融業者内で行うことなので、利用者に知らされる訳ではありません。

ですが紹介してきた属性や信用情報からの情報をそれぞれ分析し、「スコアリング」という方法で点数をつけているようです。

その合計値をみることで返済能力を見極め、審査の可否を決めたり利用限度額の決定などを行います。

スコアリングで有利なのは職業であれば公務員や弁護士などで、逆に自営業やアルバイトである場合はスコアリング的には有利とは言えないようです。

年収であれば多ければいいですし、勤続年数も長ければ安定して収入を得ることができるので有利となります。

このように全ての属性を審査していきますが、先程も紹介したように属性よりも重視されるのが信用情報に関してです。

スコアリングが高評価であっても信用情報に傷があった場合は一気に審査に通る可能性も低くなるので、信用情報に傷をつけるような行為はしないように気を付けましょう。

金利の安い銀行は審査が厳しくなりがち

審査項目はどの銀行であってもほとんど一緒であることは紹介しましたが、審査の厳しさは各銀行によって若干の違いがあります。

一概に全てがそうとは言えませんが、審査の厳しさの指標としやすいのがカードローンの金利です。

金利が低いということは利用者からすれば支払う利息が少なくなるので嬉しいことですが、銀行や保証会社からしてみると貸した金額に対する利益が少なくなります。

少ない利益でお金を貸すのだから利用者から融資額を回収できなくなる「貸倒れ」はなるべく避けたいので、金利が低い所はより返済能力の高い人を求めるので審査が厳重になってくるという訳です。

審査は保証会社が行う

銀行のカードローンと言っても実は審査を行っているのは保証会社と言われる業者が行ってカードローンの契約を行っても大丈夫かを決める仕組みになっています。

なぜそのような仕組みになっているかというと銀行は個人向けローンに関してのノウハウが少ないので保証会社に審査を委託しています。

この保証会社というのは実は、銀行の傘下に入っている消費者金融会社や信販会社が行っている事が多いので、銀行カードローンであっても審査は消費者金融が行っているという事になります。

消費者金融や信販会社が審査を行っているということは、消費者金融が自社で提供しているカードローンと似たような基準で審査を行っているという事になります。

もちろん銀行の保証会社として審査を行う際には、申込者が返済ができず長期の滞納などを行った場合に保証会社は代位弁済と言って申込者が支払えなかった金額を全て銀行に対して支払わなければいけないリスクがあるので、自社カードローンよりも審査が厳しくなっています。

これが消費者金融よりも銀行の審査が厳しいと言われる所以のひとつです。

スポンサードリンク

審査に通りやすくなるコツ

カードローンの審査の可否はスコアリングを重視して判断されますが、それ以外にも審査に通りやすくなるコツと言うも存在します。

信用情報に傷がついている人でも借りられると言うような効果絶大のようなものではアリませんが、実践することで少しづつ審査を有利に進める事が出来るはずです。

申込は1社に絞る

初めてカードローンを利用する場合は確率を高めるためにいろいろなカードローンに申請をしたくなりますが、それは絶対にやめておきましょう。

まず短期間に複数の金融機関に申し込みをすると信用を失い「申し込みブラック」として信用情報に記載されてしまう可能性があるので、申し込みをする際には1社に絞ることで印象を良くすることができます。

もしその1社の審査に通らなかった場合でもすぐに別のカードローンに申請せずに、1ヶ月~3ヶ月の間を空けてから再度挑戦するようにしましょう。

限度額を低く申請する

申し込みを行う際には限度額を選んで申請することができますが、これを高く申請してしまうと無計画にお金を使う人なんではないか、などと思われてしまう可能性があります。

なので最初の申請の際にはできるだけ低い金額で申請しておくと計画的に利用できる人という評価をしてもらえる可能性があり印象がよくなります。

最初は利用限度は低いですが、審査に通ることができ、ある程度の返済実績を作ったら増額申請を行うことで利用限度は上げる事ができるので心配はいりません。

記入ミスがないようにする

カードローンを利用する際にはいろいろな情報を記載して提出する必要がありますが、その情報にミスがあるとそれだけで審査に通らない可能性があります。

特に勤務先の電話番号などを間違えると在籍確認を行うことができなくなるので、勤務しているという確認を取れなくなってしまいます。

また、勤務先の会社名が長い場合などに略して書いてしまうと通じない可能性があるので、会社名も正式な名称を書くようにしましょう。

属性に問題ないのに銀行カードローンに落ちる場合

基本的に消費者金融であれ銀行のカードローンであれ、一定の収入が安定してあればカードローンの審査には通ることができる事がほとんどです。

しっかりと会社に勤務して収入も安定しているのにカードローンの審査に通ることができないと言うのは恐らく、収入などの属性以外に問題があると判断されているからです。

例えば既に他の複数の金融会社から融資を受けていたり、信用情報に記載されるほどではない延滞を何度も繰り返していたりしていた場合でも信用情報を確認すれば他社であっても状況を把握することがきるので、審査に影響を与えることになります。

自分の信用情報がどのようになっているかは有料ではありますが、信用情報機関に開示を請求することで自分でも確認することができるので、属性には問題ないはずなのにカードローンに通らないという方は一度確認してみるのもいいかもしれません。

また最近では銀行の過剰融資が問題となってきており、「三菱東京UFJ銀行」「三井住友銀行」「みずほ銀行」の所謂メガバンクと言われる大手は自主規制を行っています。

この自主規制は収入証明書が必要な金額を引き下げたり、今までは総量規制に関係なく融資できましたが、総量規制と同等の年収の1/3までしか融資をしないという規制を行っています。

なので銀行であっても場合によっては年収の1/3を超える又は超える可能性がある場合は、それを理由にカードローン審査を通過できていない可能性もあります。

保証会社で金融事故を起こしていると審査に通らない可能性がある

先程も紹介したように、銀行のカードローンといっても審査を行っているのは保証会社として入っている消費者金融や信販会社です。

なので利用しようとしている銀行カードローンの保証会社と以前に金融事故を起こした事のある金融会社が同じ場合は、信用情報から情報が消えた後でも審査に通らない可能性があります。

なぜなら信用情報の情報として消えたとしても、自社ブラックとして金融事故を起こした会社内では信用情報と関係なく記録がずっと残っているので今後その会社ではカードローンを作成することは難しいです。

それは銀行の保証会社として審査をする場合でも同じなので、それを理由に銀行カードローンの審査にと通らない可能性もあります。

この場合はどうしようもないので、保証会社が別の銀行のカードローンに申し込むしかないでしょう。

スポンサードリンク

まとめ

銀行のカードローンはどこかの銀行が飛び抜けて審査に通りやすいというのはありませんが、金利の低いカードローンの場合は審査が厳し目になっているので、逆に言うと金利が高めのカードローンは若干審査に通りやすいとも言えるかもしれません。

といっても劇的に変わるわけではないので、どちらにしてもある一定の条件は必要になります。

なので紹介したコツなどを利用しながら少しづつ審査に通りやすくなる工夫をしてみたり、なぜか銀行のカードローンには通らないという場合は信用情報を取り寄せて自分で自分の信用情報がどのようになっているかを確認してみましょう。