リバースモーゲージと不動産会社へ売却のどちらがお得か…お金が即座に必要かどうかで異なる

比較

リバースモーゲージとは家を担保にお金を借りて、契約者が亡くなった後に家を売却して借りているお金を一括で返済するという仕事をリタイアした方などを対象にした融資方法です。

今までと同じ自宅に住み続ける事が出来るので便利な融資方法ですが、疑問に思うのが自宅を不動産会社に売却する場合とどちらがお得なんでしょうか。

実は自宅の価値やお金を素早く借りたいかなどの違いによってどちらを選んだほうがお得か変わってくるので、今回はその事などについて紹介していきます。

どうしてもお金が即座に欲しい人はリバースモーゲージ、次に住む場所や生活費の確保が可能な人は不動産会社へ売却した方がお得ですね。

スポンサードリンク

リバースモーゲージとして利用する場合

リバースモーゲージとして家を利用する場合は、査定した後にその評価に応じた金額を利用することが出来るようになるので、すぐには売却する事なく今までと同じように自宅に住みながら素早くお金を利用する事ができます。

また家を売却する際も銀行が買い取る形になるので売却先を探す必要がない点も利点と言えます。

ただしリバースモーゲージで借りる事が出来る金額は評価額の70%程度、低い場合だと50%程度までとなってしまう可能性があるので、金額だけを見るとあまりお得とは言い難い数字になっています。

さらに利用限度額も土地や家の価値の変動によって変化する可能性も0ではなく、今提示されている利用限度額を確実にいつでも使える訳ではない点も不安要素の1つです。

ですが西日本シティ銀行のリバースモーゲージのように利用してきた金額よりも家の売却額が低くなってしまった場合であっても一切不足分は請求しないという商品も存在するので、会社によってはその心配をする必要がないケースもあります。

つまりリバースモーゲージは売却額が一定以上あって出来るだけ素早くお金を利用したいという方にとってオススメ出来る物となっています。

自宅を売却する場合

自宅を売却するには「不動産会社に仲介してもらう」方法と「不動産会社に買い取ってもらう」2つの方法がありますが、不動産会社に買い取って貰うと相場の約70%程度にしかならないようで、それほどリバースモーゲージとの差はそれほどありません。

なので今回は不動産会社に仲介してもらうという事を中心に紹介していきます。

まず家を売却する場合はリバースモーゲージと違い今の自宅に住み続ける事は出来ないので、新しい住居を見つけて引っ越さなければいけません。

それだけでも多くの手間やお金が必要になりますが、仲介の場合は不動産会社が売り手が見つかるまでお金が手元に来ることがないので、家が売れるまで待つ必要があるので急いでお金が必要な方には不向きとなっています。

ですがある程度の仲介手数料などは取られてしまいますが、それ以外の売却額は全て自分のものになるので金額面を見るとリバースモーゲージよりもお得になっています。

またリバースモーゲージを利用できる基準額に達していない場合でも大きな支障がない限りは不動産会社は買い取りを行ってくれるので、価値が低めの土地やマンションを売りたい方はこちらを利用したほうがいいでしょう。

このようにある程度時間がかかっても金額が大きい方が良い方や、リバースモーゲージの基準に達しない土地やマンションを売却したい方にとっては不動産会社で売却したほうがお得と言えます。

スポンサードリンク

まとめ

以上が家を売却する際にはリバースモーゲージと不動産会社に売却のどちらがお得かなどについての紹介でした。

自宅に住みながら自宅を担保に融資を受けることが出来るリバースモーゲージですが、あくまで「すぐにお金が欲しい人用」だと言って良いでしょう。

実際には手に入る金額は不動産会社へ売却した方が多いわけなので、純粋に金額だけを見た場合は不動産会社へ売却した方がまだ多いです。

ただし現在の住居に愛着がある場合はリバースモーゲージの方が当然良いので、その場合はこちらという事になりますね。