返済方法は残高スライドと元利定額方式のどちらがお得か

比較

カードローンの返済方法に採用されている事の多い返済方法は「残高スライド」と「元利定額」です。

どちらにも一長一短がありますが、一般的には元利定額の方が利息が発生しにくい上に素早く返済を行うことができるのでお得と言われていますが、実は家庭事情によっては元利定額よりも残高スライドの方が助かるという場合も存在します。

なので今回は、何を基準に残高スライドと元利定額のどちらかを選択するべきかなどについて紹介ていきます。

スポンサードリンク
合わせて読みたい
     
利息制限法とは?…高金利などから消費者を守ってくれる法律          
     
金融事故とは?引き起こすと多大なデメリットを背負う事になるので最初に覚えておこう          
     
転職直後はカードローンの審査で不利な理由…ただし絶対に借りることが出来ないわけではない          
     
カードローンの利用限度額を増額(増枠)する方法と審査に必要なポイントまとめ          
     
三菱UFJ銀行の店舗数縮小でカードローンへの影響は?…スマートフォンやPCからの契約が主流になる可能性          
     
カードローンの利用限度額が減額される条件と途上与信について…自分から減額申請することも可能          
     
フリーランス・個人事業主がカードローンを申請する際に知っておくべきことまとめ          
     
異動情報の意味とは?信用情報に記録されるブラックや金融事故と同じ意味をもつ言葉          
     
カードローンを選ぶ時に注目するべきポイントまとめ…自分が最優先するべき所を重視しよう          
     
鹿児島銀行「かぎんカードローンS」「かぎんカードローン」の特徴まとめ…利用限度額と返済方法で選ぼう          

残高スライドと元利定額とは

返済方法については他の記事でも触れているので簡単におさらいをしておきましょう。

どちらの返済方法を選ぶかによって、毎月の返済を行う際に支払う返済額が変わってきます。金額の総額にも差が出てくる事になります。

残高スライド
残高スライドは「残高スライド元利定額リボルビング方式」の略で、特長としては借りている金額が減っていくに連れて、返済額も減っていくので毎月の返済額を抑えることができます。

毎月の返済額が減る代わりに返済期間が長くなり、最終的に利息も多く発生してしまいます。
元利定額
カードローンにおいての元利定額とは「元利定額リボルビング方式」の略である事が多く、特長としては残高スライドとは違い借りている金額が減っても毎月の返済額は一定という点です。

毎月の返済額は高くなりますが、返済が短く済み利息も少なく抑えることが可能です。

それぞれにこのような特長があり、一般的には返済が早く終わり利息も発生しにくい元利定額の方がよいとされていますが、全てにおいてそうという訳でもありません。

元利定率方式も存在する

残高スライドと元利定額方式以外にも元利定率リボルビング方式という返済方式も存在し、これは借りている金額に対して決まった一定の割合をかける事で毎月の返済額を導き出す返済方式です。

聞くと少しややこしく聞こえますがこれも基本的には残高スライドと似ていて、借りている金額が少なくなればそれだけ返済額が少なくなっていくのでデメリットも同様で、返済期間が長くなって利息が発生しやすくなっています。

元利定率リボルビング方式は採用しているカードローン会社は既に少なく、大手ではアコムくらいでしか見ることはできない返済方式となっています。

残高スライドの方がおすすめできるケース

上で紹介したように利息の観点から見ると元利定額の方が発生する利息は少ないのでお得であることには間違いありませんが、元利定額よりも残高スライドを選んだほうがいいというケースも存在します。

実は毎月の生活に余裕がない人の方が残高スライドを選んだほうが利用しやすい場合があります。

というのも、もちろんトータルでは損をする可能性があるので少し無理をしてでも毎月の返済を頑張ったほうがいいのですが、生活に余裕が無い場合にはある程度状況が落ち着くまでは何をおいても毎月の支出を抑えて生活をしていく必要があります。

なので毎月の支払いが多い元利定額よりも残高スライドを選んだほうが毎月の支出を抑えることが可能となり、言い方は悪いですがその場しのぎを行う事ができます。

ある程度生活が落ち着いて少し金銭的に余裕が出てきたら、毎月分の返済にプラスして繰り越し返済を行うことで、元利定額と同等かそれ以上の早さで返済を行っていくことが出来るでしょう。

ただし時間が経過してもなかなか生活に余裕をもたせることが出来ないという場合は、今の生活のどこかしらを見直す必要があるので、他の点でも支出を減らすことが出来る点が無いかを探して見る必要があります。

このように残高スライドは基本の返済額が少ないので、余裕がない時は毎月の返済分だけ、余裕がある時は繰り越し返済を行うという返済の仕方が出来るので、その時の状況に合わせて柔軟に対応することが可能です。

もちろん元利定額でも繰り越し返済は可能ですが、返済額の最低ラインが残高スライドよりも高めになってしまうので生活に余裕が無い時は厳しいかもしれません。

スポンサードリンク

まとめ

以上が残高スライドと元利定額のどちらを選んだほうが良いかの紹介でした。

ある程度お金に余裕がある場合は利息が発生しにくい元利定額の方が返済しやすく、それにさらに繰り越し返済を行うことでより利息も返済期間も短縮することが可能となっています。

ですがそれほど余裕がない場合はとりあえず毎月の返済額が少ない残高スライドを選んでおき、その後余裕が出てきた際に繰り越し返済を意識しながら返済を行っていくことで、残高スライドのデメリットである利息の発生をある程度は抑えることが出来るでしょう。

ただし残高スライドもある程度借りている金額を返済しないと毎月の返済額も減っていかないので、借りて返済してを繰り返していると全く毎月の返済額が減ることは無いので、お金を借りる際にも計画性が必要になってきます。

なので自分の状況にあった返済方法を選ぶようにし、お金を借りる際は利用計画はしっかりとたてるようにして計画的に利用していくようにしましょう。