カードローンはなぜ無担保で利用できるのか…銀行と消費者金融が持ちつ持たれつの関係で成り立っている

力合わせて

銀行や消費者金融で利用できるカードローンのほとんどは無担保で利用できる無担保ローンとなっています。

今では当たり前のようになっていますが、なぜ無担保でお金を貸してもらうことが可能となっているんでしょうか。

結論としては銀行カードローンの場合は貸したお金はほぼ確実に回収することができ、消費者金融カードローンでは金利を高めに設定することで無担保でも利用することが可能となっています。

そのことなどについてより詳しく紹介していきます。

スポンサードリンク

担保とは

銀行や消費者金融が提供しているカードローンのほぼ全てが担保を必要としない無担保ローンとして利用することができるようになっていますが、そもそも担保とはどのような意味何でしょうか。

担保とは、例えばお金を貸した場合にもしそのお金を返してもらえなかったかわりに他の同等以上の価値があるものを変わりに貰うという言わば保険のようなもので、お金を貸した側が損をしないようにする仕組みです。

つまり銀行や消費者金融はもし借りた側がお金を返せなかった場合には、その保証となる担保を持っていないという事になりますが、それでもなぜ営業して行くことが出来ているんでしょうか。

その事については後ほど紹介するので、まずは無担保ローンではない有担保ローンとはどのようなものがあるかなどについても紹介していきます。

有担保ローンとは

有担保ローンとは文字の表す通り担保の必要ない無担保ローンに対して、担保が必要になるローンのことを言います。

どのようなもので有担保ローンが採用されているかと言うと、身近な所で言うと住宅ローンが有担保ローンを採用しているものが多く、お金を借りる場合には購入する家や家をたてる土地をお金を返せなかった時の保険として担保に入れないといけません。

カードローンでも有担保ローンも存在し、土地などを担保としてお金を借りることができますが、借りれる金額は通常のカードローンとは桁が違い中には億単位でお金を借りることが出来るカードローンもあります。

また自動車ローンは無担保のものが多いですが実はこれも有担保ローンの一種で、もし自動車ローンで借りたお金が返せない場合は、自動車ローンで買った車を担保とする場合があります。

このような大きな金額が動くローンに対して有担保ローンは採用されていて、担保があることでお金を貸す側のリスクも減るために低金利で利用することが出来るローンも多く存在しいます。

なぜ無担保でやっていけるのか

無担保であれば万が一返済できなくなった時に貸す側が損しかしないんじゃないかと当然のことながら考えてしまうと思います。

なのでここからはなぜ銀行カードローンや消費者金融カードローンが無担保であっても問題なく運営していくことができるのかなどについて紹介していきます。

銀行カードローンの場合

銀行で提供されているカードローンのほぼ全てが無担保で利用することができ、利用者からしてみれば無担保ですが、銀行からしてみると実は銀行カードローンからしてみると無担保ではないんです。

というのも銀行カードローンと消費者金融カードローンの違いの1つに「保証会社」の存在があり、銀行カードローンには保証会社があり消費者金融カードローンには保証会社は存在しません。

そもそも保証会社とは、銀行が得意ではない審査を行ってもらう外部の会社の事を言い、銀行カードローンには必ず保証会社が存在し、その会社が申込者の審査を代行して行うという仕組みになっています。

この保証会社とは多くの場合アコムやSMBCコンシューマーファイナル(モビットなど)などの消費者金融が保証会社として審査を行っていることが多いです。

なので銀行カードローンであっても保証会社が消費者金融の場合、審査は消費者金融が行っている事になります。

さらにこの保証会社は審査を行うだけでなく、審査を通した相手がもし返済できなくなった場合には返済できなくなった金額全てを銀行に支払うという「代位弁済」も行うことになります。

つまり銀行としてみれば毎月しっかり返済を行ってくれれば利息で儲けが出ますし、万が一貸したお金を回収できなくなった場合にも保証会社がその代金を保証してくれるので損をすることはありません。

なので銀行カードローンは利用者からしてみると無担保ローンですが、銀行からすると保証会社が担保してくれるので、無担保ローンであっても問題なく運営していくことが出来るという仕組みになっています。

消費者金融カードローンの場合

一方で消費者金融カードローンはどのようにして無担保ローンでも運営しているかというと、先程も紹介したように消費者金融は銀行カードローンの保証会社として審査を代行しています。

もちろん保証会社とし審査を代行する場合には1件毎に手数料が銀行から支払われる事になるので、お金を貸している期間が長く審査のノウハウを持っている消費者金融は30分や1時間もかからず審査を終わらせることができます。

さらに保証会社としてはカードローンだけでなく自動車ローンなどの審査も行っているので、その度に手数料がもらえるのは大きな収入源になっているようです。

先程も紹介したようにメリットだけではなく銀行カードローンには「代位弁済」として、審査を通した相手が払えなかった場合は消費者金融がそれを立て替えないといけません。

ですがカードローンを返済できなくなる人はそんなに頻繁にいるわけではないので、銀行から支払われる手数料と比べるとそこまで大したことは無いようです。

それに代位弁済を行ったからと言ってお金を借りた人が返済義務がなくなったわけではなく、支払う相手が銀行から消費者金融に変わるだけで返済しないといけないことには何も変わりはありません。

消費者金融は審査にも慣れていますが回収にもなれていて、以前はそれが問題になり貸金業法が改正されてドラマや映画のような悪質な取り立ては違法になったので現在は行われませんが、法的な措置などを含めてお金の回収をしっかりと行っていきます。

さらに銀行カードローンと消費者金融カードローンの金利、特に上限金利を比べると分かると思いますが、銀行カードローンでは平均で年14.5%程度、消費者金融では年18%程度に設定されています。

消費者金融は銀行のように損をしない仕組みにはなっていないので、金利を高く設定することで万が一お金を回収できなかった時の為のリスクを抑えているという面もあります。

つまり消費者金融は以前から持っている審査や回収のノウハウを生かして保証会社として銀行カードローンに携わり、そこからも収入を得つつ自社の金利を高くすることで無担保ローンであっても運営することが出来ています。

スポンサードリンク

無担保ローンのメリット

無担保ローンで提供することで素早くお金を貸すことが出来るというメリットがあります。

というのも担保があったほうがお金を貸す側としてもリスクが少なくなりますが、その分その担保にどのくらいの価値があるのかを見極める必要があります。

たとえば土地を担保で出した場合は、山の中にあるのか都市部にあるのかなどで同じ土地と言っても価値は大きく変わるので、1つ1つ査定を行っていかないといけないのでどうしても時間がかかってしまします。

なので無担保にすることで担保の査定などを省くことが可能となり、消費者金融では即日融資、銀行では即日融資は不可能になりましたがそれでも早ければ数日でお金を借りることが可能となっています。

まとめ

以上が銀行カードローンや消費者金融カードローンが無担保であっても運営して行くことが出来る理由の紹介でした。

紹介してきたように銀行カードローンと消費者金融は持ちつ持たれつの関係となることでお互いにカードローンを提供することができるようになっています。

借りる側としても素早くお金を借りることが出来る事に越したことはないので、銀行、消費者金融、借りる側と多くの人が恩恵を受けることが出来る仕組みになっていると言ってもいいかも知れません。