カードローンが突然使えなくなる理由は?…急に利用停止になるケースはある

停止

カードローンの便利なポイントは審査に通ることができれば、利用限度額内であればいつでもATMやインターネットバンキングなどからお金を借りることが出来るので、急な出費にも対応できる点です。

しかし急にカードローンを利用しようとしたら使えなくなっていたというケースは存在します。そうなると新たな借入はできず返済のみしか出来なくなってしまします。

何をすると急にカードローン利用停止になるのか、また利用停止になった後にまた利用できるようになるのかなどについて今回は紹介していきます。

スポンサードリンク

突然カードローンが利用できなくなるケース

カードローンからは返済の催促の手紙などは送られてきますが、利用停止になるという事前通告はなく急にカードローンは利用停止になります。

なので突然使えなくなったと感じるかも知れませんが、理由なく利用停止になることは無いので、以下のような状況に当てはまったので使えなくなったのかも知れません。

総量規制を超えた場合

このサイトでも何度も紹介したように消費者金融カードローンには総量規制という年収の1/3までしかお金を借りる事ができないという借り過ぎを防ぐルールがあります。

総量規制は1社からではなく借りている金額全てを合わせてなので、新たに他の会社のカードローンを作った場合などに合計で年収の1/3を超えている場合には新たにお金を借りることが出来なくなってしまいます。

消費者金融が総量規制以上に借りていないかをチェックするのは審査の時や契約更新の時ではなく、3ヶ月程度の一定期間毎に行われているので、チェックした際に問題があると借入れ停止になります。

ただし総量規制は現在借りているお金の借入残高かカードローンの利用限度額のどちらを基準にするかは自社で多くのお金を融資できるようなスタンスをとっています。

他社の借入金は今現在借りているお金(借入残高)を総量規制の対象とし、自社での融資金は利用限度額を総量規制の対象として採用することで、他社ではあまりお金を借りていないという事になり自社で貸すことが出来る金額が多くなるというシステムを取っているようです。

このような総量規制の捉え方の違いが合った場合に総量規制を超えた金額を借りることが出来てしまう場合もあります。

また総量規制を超えなくても超えそうなほどぎりぎりの場合でもカードローンを利用できなくなる可能性もあるので、自分が今いくら借入れをしているかの把握は常にしておくようにしましょう。

ただ総量規制以上のお金を借りてしまったからと言って利用者が何かしらの罰則があるわけではなく、新しく借りる事が出来なくなるだけで今までどおり返済は行っていくことが可能です。

延滞などを行った場合

決められた返済日にお金を払わなかった事を延滞といい、61日以上の延滞を行ってしまうと金融事故扱いになり信用情報に事故情報が記載されることになります。

信用情報に事故情報が記載されると他の消費者金融、銀行関係なくカードローンも利用できなくなるので延滞は絶対に行ってはいけない行為の1つです。

61日も放置すれば利用停止になるのは理解できますが、それまでの日にちが経つ前であっても利用停止になるケースはあり、例えば返済が2,3日遅れただけでは利用停止にはなりませんが、それが何ヶ月も何回も続くと利用停止の対象となってしまいます。

また返済の遅れが2,3日だったとしても何月に返済が遅れたという事実は信用情報を見れば簡単に分かってしまうので、利用しているカードローンだけでなく他社の信用を失ってしまうことになります。

カードローンは担保や保証人なしで融資を行っているので利用者の信用が最も大事になるので、延滞などを繰り返しているとカードローンから信用がなくなり、この人に貸しても返済してもらえるか分からないとなると、これからのカードローン利用に大きな影響を与えることになります。

年収が激減した場合

カードローン会社に年収を申告するのは申込の際と、契約更新などでカードローン会社が必要と判断した際などに提出する収入証明書などだけですが、わからないからと言って年収が低くなってもそのままカードローンを利用して良いわけではありません。

なので退職、または転職を行った場合にはカードローン会社に報告する必要があります。

もちろん退職してすぐに次の就職が決まっている場合は転職してから報告を行えばいいですが、退職後長い期間仕事が決まらずアルバイトなどを行う場合は収入が激減することになります。

そのような場合に報告をしないでおくと収入証明書の提出などを求められた場合に収入の減少から利用停止になる事があります。

返済能力の低下や総量規制の問題だけでなく、収入が減ったことを隠していたという事から信用も失い新たに利用することは厳しくなる可能性もあります。

長期間収入が下がってしまう場合は利用限度額が下げられるのは抵抗があるでしょうが、利用停止になるよりはマシなので、正直に報告して利用限度額が下がってもカードローンは利用できる状態にしておきましょう。

短期間で借入れを繰り返す

この条件は意外だと思われる方もいると思いますが、ちゃんと返済を遅れずにしていた場合でも利用停止になる可能性はあります。

というのも延滞は行っていなくても何度も何度も借入れを繰り返していると、お金に対してルーズであったりお金に困っているんではないかと判断されることがあるからです。

今は借入れと返済のバランスが成り立っていますが、ずっと借入れと返済を繰り返すといつかそのバランスが崩れ返済してもらえなくなる可能性があるので利用停止の措置をとることになるようです。

求められた書類を提出しなかった

収入証明書などの書類は審査の際だけでなく、カードローンの利用を始めてからも金融会社から提出を求められる事があります。

その際に求められた書類の提出を無視し続けるとカードローンの利用停止の措置を取られることがあります。

金融会社が書類を求めてくるということは、あなたの返済能力に少しの疑問を持っている可能性があるので、速やかに書類を提出して返済能力を証明しないと今後カードローンを利用できなくなってしまう事があります。

利用再開できるケース

一度利用停止になると多くの場合カードローン会社から信用を失い利用再開できないケースもありますが、確実に再開することが出来るわけではありませんが、中には対処することで利用再開することができるものもあります。

総量規制を超えている場合

総量規制を超える金額を借りて利用停止になった場合は、他の利用停止になった理由とは違いカードローン会社から信用を失った訳ではありません。

なので基本的には、総量規制の年収の1/3以下になる金額まで返済を続けていくことでまた通常通りに利用していくことが出来るので、早く利用開始したい場合は繰り上げ返済なども行うと早く利用することが可能となります。

短期間の延滞を繰り返した場合

短期間の延滞を繰り返して利用停止になったケースは今まで紹介してきた中では比較的軽めではあるので、まずはカードローン会社に連絡することから始めましょう。

連絡を行っていつまでには必ず延滞している金額をいつまでに返済して、今後は延滞のないようにすると伝える事が大切です。

もちろん言うだけでは意味はなく自分の指定した日までに延滞分を返済し、その後もしっかりと返済期日を守って返済をしていくことで、信用を取り戻しカードローンを復活することができる可能性もあります。

短期間で借入れを繰り返した場合

短期間で何度も借入れと返済を繰り返して利用停止になった場合は、カードローン会社からリスクが高いと判断されている状態にはなっていますが、延滞など金融事故になりそうな事はしていないのでカードローン再開出来る可能性は高めです。

この場合カードローン会社からはお金の使い方に関して不信を持たれていることになるので、真面目に返済を行ってお金の使い方に関してリスクは少ないですよとアピールする必要があります。

1ヶ月や2ヶ月という短い期間ではないでしょうが、ある程度の期間遅れなく返済していくことでカードローンを再び利用することが可能になる事があります。

もちろん利用可能になったからと言って以前と同じような使い方をしているとすぐに信用を失ってしまうので借りる回数は極力抑えながら計画的に利用していくようにしましょう。

スポンサードリンク

まとめ

以上がカードローンが利用できなくなるケースとその対処法についての紹介でした。

基本的にはカードローンを普通に使っていれば急に利用できなくなるという事は全く無いのであまり木にする必要はないのかも知れません。

ですが返済が遅れがちであったり、ちょくちょくと細めにお金を引き出したりしている方は悪いことをしている意識はないかも知れませんが注意が必要です。

一度利用停止になると利用再開出来たとしてもそれまでには時間が必要になるのでどのようなことで利用停止になるかをまず知っておくと、利用する時にも気を付けて使うことが出来るでしょう。