カードローンは何社まで同時に契約可能?…申し込みをする期間には気をつけよう

複数

カードローンで借りている額が足りない…そんな時には「増額」と「新規契約」の二通りのやり方があります。

その中では増額の方が金利などが低くなる可能性もありますし、返済先が1社のみなので返済も楽ですが、他の会社で新規契約するよりも難易度が高くなってしまいます。

なので新たに他社で新規契約した方が審査には通りやすくなるので、こちらを選ぶ人が多いと思います。

同時にカードローンを持つ時に何社まで持つことができ、また何社程度までに抑えておくべきなんでしょうか。

今回はそのようなことについて紹介していきます。

スポンサードリンク

複数のカードローンを持つことは出来る

カードローンを利用する際に複数のカードローンを同時に持っていてはいけないという決まりはないので、審査に通ることができれば何社でもカードローンを利用することは出来ます。

ですが実際には消費者金融には総量規制があり、銀行でも総量規制と同等の年収の1/3までの融資という自主規制を行っているので、利用しているカードローンの利用限度額の上限の合計が年収の1/3近くなった時点で新たにカードローンを作ることは出来なくなります。

カードローンの利用は2~3社までにしておこう

このような変な借り方をする方もなかなかいないと思いますが、例えば10万円程度の利用限度額のカードローンを何社も作ろうとした場合に多くのカードローン会社と契約できるのかというとそうは行きません。

カードローン会社は審査の中でどこからどれだけ借りているかほぼ把握することが出来る仕組みになっていて、その中で複数のカードローンを既に持っている場合はいい印象をあたえる事はありません。

むしろあちこちからお金を借りていて何か理由があるんではないかと信頼を得ることが出来ず総量規制までに余裕があったとしても借りる事ができないでしょう。

なので適正なカードローンの利用数は2,3社までと言われていて、それ以上になると審査で不利になる可能性があります。

また複数のカードローンに申し込んでいる場合はカードローンの審査だけでなく、自動車ローンや住宅ローンの審査にも影響を及ぼすことになるので、新規で借りようと考えている方や、今後住宅ローンや自動車ローンを利用する予定のある方は利用するカードローンの数には気を付けましょう。

申し込みブラックに気を付けよう

カードローンを利用するのは2,3社までという事を紹介しましたが、一気に何社にも申し込んで大丈夫という訳ではありません。

カードローンに申し込む場合は出来るだけ早くお金を借りたいと思っていることがほとんどだと思いますが、だからと言って申し込んだカードローンの審査に通らなかった直後に別のカードローンに申し込んではいけません。

というのもたて続けに一ヶ月に3社以上の申し込みを行うとそこまで急いでお金が必要な状態なのかと判断され、そのような状態の人がちゃんと返済してくれるか怪しいとして「申し込みブラック」という状態になってしまいます。

申し込みブラックになると信用情報に6ヶ月間記載されることになるので、その情報が消えるまでは審査に通ることはかなり難しくなるでしょう。

目安として1ヶ月3社程度となっていますが、だからといって毎月申し込んでいると申し込みブラックの基準には達していなくても、カードローン会社は信用情報を確認すればいつどこに申し込みを行ったかを確認することが出来るのでいい印象を与えることはないでしょう。

カードローン会社に悪い印象を与えずに申し込むのであれば数ヶ月に1度程度に抑えておくと悪い印象を与えることはないはずです。

スポンサードリンク

まとめ

以上がカードローンを何枚も同時に持つことが出来るかや、申し込み期間などについての紹介でした。

カードローンを利用できる上限は存在はしませんが、現実的にみると2,3枚が限度となっていますが、自動車ローンなどの利用を考えている場合はそれ以下にしておいたほうが審査に影響が出にくいでしょう。

また申し込む期間にも気を付けるようにし、何よりも自分の経済状況と返済額のバランスをしっかりと考慮してからカードローンを便利に利用していくようにしましょう。