銀行は消費者金融からいくら借りているか分かる…たとえ分けても総量規制以上に借りるのは難しい

天秤

消費者金融のカードローンを利用してお金をかりる場合には、貸金業法で定められた総量規制の存在を避けて通ることは出来ません。

銀行は総量規制の対象外なのでそれほど気にせず、消費者金融で借りられなくなったら銀行から借りれば大丈夫と考えている方はいませんか?

実は最近では銀行でも総量規制と同様の金額までしか借りることが出来ない上に、消費者金融からいくら借りているかもほとんどの場合は審査の際に把握されてしまいます。

信用情報機関のちがう消費者金融と銀行がなぜ情報を共有しているのか、今回はその事について紹介していきます。

スポンサードリンク

総量規制と信用情報機関についておさらい

まずはこの記事の中心となる総量規制と信用情報機関についておさらいをしておきましょう。

まず総量規制はご存知の方も多いように貸金業法の総量規制で決められている年収の1/3を超える金額を借りてはいけないというルールで、消費者金融にのみ適応されるので銀行カードローンには適応されません。

信用情報機関は国から認められた機関が住所や氏名だけでなく、カードローンの申込時期や借入金額、返済状況等様々情報を管理する機関で今現在では3つの信用情報機関があります。

  • 株式会社シー・アイ・シー(CIC)
  • 株式会社日本信用機構(JICC)
  • 全国銀行個人信用センター(JBA)

以上の3社があり、カードローン会社はいずれか又は複数の信用情報機関に所属することで情報を見ることができ、また情報を提供し合う事で所属している情報機関内で利用者の情報を共有しています。

ただし情報を共有しているからと言って勝手に見れる訳ではなく、申込み時に必ず情報を見る許可を求める同意書にサインすることになり、それがないと勝手に見ることは出来ません。

消費者金融の場合はCICかJICCのどちらか、又は両方に所属し、銀行カードローンはJBAに所属していて、基本的な情報に関しては情報機関の間で情報交換は行っていません。

つまりCICにしか所属していない場合はCICの情報しか見ることは出来ず、JICCの情報を得ることは基本的には出来ません。

総量規制を超えて銀行カードローンから借りることはできる?

では本題ですが総量規制を超えている場合でも銀行カードローンからお金をかりることは可能なのでしょうか?

総量規制は先程も紹介したように消費者金融が守るべき貸金業法のルールなので、銀行カードローンは貸金業法とは関係ありません。

なので法律的にみれば総量規制を超えた状態であっても銀行カードローンからお金を借りる事は可能ということになります。

以前であれば法律的にも可能で審査に通る可能性もあったでしょうが、現在では実際にその状態で銀行カードローンを利用しようとしてもすぐに審査に落とされるでしょう。

というのも銀行カードローンでは近年過剰融資が問題となり自主規制として、融資額を総量規制と同等の年収の1/3までに制限しているからです。

スポンサードリンク

銀行は消費者金融からいくら借りているか分かるの?

総量規制を超えていると銀行カードローンでも審査に落ちると紹介しましたが、銀行はJICやJICCの情報機関に所属していないのになぜ消費者金融でいくら借りているか分かるのでしょうか。

たしかに銀行カードローンは基本的にJBAのみに所属しているので、CICやJICCの情報は知る事はできませんが、銀行カードローンの場合は審査を行うのは銀行ではなく、保証会社です。

保証会社として入っている会社はアコムやSMBCコンシューマーファイナルなどの消費者金融やクレジットカードなどを提供している信販会社が銀行に変わって審査を行っています。

つまり銀行自体がJICCやCICに所属していなくても保証会社がそのどちら、かもしくは両方に所属している場合は情報を見ることが可能になるので、消費者金融からいくら借りていて返済状況はどうなっているかなどの情報を把握することが出来ます。

なので銀行の保証会社がJICCとCICの両方に所属している場合は、全ての保証会社の情報を見ることが出来ることになりカードローン等に関する情報は全て把握されてしまうことになります。

まとめ

信用情報機関の事を考えると「銀行はJBAにしか所属していないのでJICCやCICの情報を知ることが出来ないんではないか」と思ってしまいがちですが、保証会社の存在があるのでなかなかそうは行きません。

基本的には信用情報は銀行、消費者金融問わずほとんどの場合で信用情報機関から分かってしまうと思っておいたほうが良いでしょう。

つまり悪いことが信用情報に記載されないように慎重にカードローンを利用していく必要があると言えますね。